これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

頑張り過ぎて心が疲れた。もう頑張れないと思ったあなたへ。

あなたは「結果を出す」ためや「誰かの期待に応えるため」に頑張り過ぎてしまうタイプですか?

真面目で責任感が強い人ほど、頑張り過ぎてしまう傾向があります。

 

心身共に充実している時は、少々頑張り過ぎても人は疲れません。

しかし、頑張り過ぎて疲労やストレスが溜まり、身体と心のバランスが崩れた時に人間は「もう頑張れない」と感じてしまいます。

 

そんな「もう頑張れないと思っている」あなたへ向けて、疲れて果てた原因や疲れた時は休んで良い理由をご紹介します。

記事を読み終ると、あなたの疲れた心が回復し、少しづつまた頑張れる気持ちになれるはずです。

 

頑張り過ぎて心が疲れた原因

頑張り方を間違えている

何のために「頑張るか」を間違えると、人は「疲れや挫折、虚しさ」を感じます。

 

家庭を顧みずに、仕事一筋で頑張ってきたお父さんが「俺は何のために頑張ってきたのだろう」というセリフを聞いたことがありませんか?

 

このお父さんを例にすると「家族を幸せにするため」にお父さんは必死で仕事を頑張ってきたはずです。

自分が遊ぶお金が欲しくて仕事を頑張ったのではなく、家族のために頑張ってきました。

 

自分が出世して、1円でも多く稼ぐことが家族の幸せになると考えました。

その為に家族はほったらかしで、仕事だけを頑張りました。

 

しかし、家庭を顧みないことで奥さんや子供たちが反発して、最終的に「お父さんはいらない」となりました。

 

お父さんは家族のために必死で仕事を頑張ってきたのに、

その結果が「お父さんはいらない」となると、ショックで「何のために俺は頑張ってきたのだろう」となります。

 

何のために頑張っているのか?

 

頑張っている理由が「家族のため」であれば「休みの日は家族とどこかに行く」とか「たまには早く帰って奥さんや子供と話しをする」など、仕事も頑張るのですが、家族と接する時間も作るべきです。

頑張り方を間違えると、頑張った後も自分の望んだものは手に入りません。

 

頑張った結果を他人と比べている

「頑張っているのに、他人と比べて結果が出ない」

このように他人と比べてしまうと、挫折を味わいます。

 

例えばあなたが将来のため「副業を始めたい」と考え、ブログを始めたとします。

 

ブログで収益化を目指して数か月頑張ったが、なかなか結果が出ません。

SNSで確認すると、他の人は自分より後にブログを始めて、何十万円も収益を上げています。

 

他人と比べて結果が出ないを目の当たりにすると「頑張っても意味がない」「自分には才能がないとモチベーションが下がってしまいます。

 

そこから「才能のない自分」「できない自分」に挫折を感じ、最終的に疲れ果ててしまいます。

結果を出すために頑張っている時は他人と比べるのはやめましょう。

 

体調を崩している

単純に頑張り過ぎて、睡眠不足やストレスから疲れが溜まるケースもあります。

しっかり睡眠を取って、休んだら疲れが取れるのであれば問題ありません。

 

休んでも疲れが取れない場合は、身体か心が不調をきたしています。

昨今「心の病気」はよく言われることですし、その時は診療内科や精神科の受診をお勧めします。

 

ただ特に40歳を超えると、身体自体の異変も気にかけて下さい。

 

私も40代ですが、疲れが取れないことを「精神的なものが原因」とだけ捉えるのではなく、実は「身体の異常」が疲れの原因の時もあります。

40代以上は頑張り過ぎると、身体にガタが来てしまう年代です。

 

身体と心は繋がっていますよね。

心が疲れたら、身体の不調も原因ではないか気にしてみて下さい。

 

頑張り過ぎて心が疲れたら休もう

やる気が出るまで休む

どれだけ休めばいいのかはケースバイケースですが、やる気が出るまで休みましょう。

休む時は徹底的に休むことをおすすめします。
ネットやSNSなどの情報も出来るだけ遮断しましょう。

 

情報が入れば入るほど「休んでいていいのか?」という焦りに繋がるだけです。

 

一般的によく言われることですが、次のことを守りながら休みましょう。

  • 早寝早起きして睡眠をしっかり取る。
  • 栄養ある食事を取る
  • 適度に運動をする。

 

スマホを見るのも、YouTube見るのもなし!

 

無くたって生きていけます!

 

情報を遮断して、ゆっくり休みましょう。

 

少し考える時間も取ろう

休んでいる間は身体や心を「休める」のが一番の目的ですが、少しだけ考える時間も取ってみて下さい。

  • なぜ頑張り過ぎて疲れてしまったのか?
  • 頑張る目的を間違えていなかったか?
  • 頑張り方を間違えていなかったか?
  • 頑張り方に無理がなかったか?

 

例として、よくある間違いをご紹介します。

  • 目的→自分が幸せになるため
  • 手段→お金をもっと稼ぐ

 

幸せになるためにお金が必要なので、仕事や副業を頑張り過ぎてしまう。

こうなると、いつの間にか「お金を稼ぐ」ことが目的になっていますよね。

「お金を稼ぐ」ために苦しい思いすると本末転倒です。。

 

本当は副業で1万円入れば幸せなのに「お金を稼ぐ」ことが目的になって「もっともっと稼がないと」と頑張り過ぎてしまう。

 

頑張り過ぎて無理をして苦しい思いをしたら、全然幸せではないですよね。

目的と手段がごっちゃにならないように!!

 

先程お父さんの例もご紹介しましたが、目的が「家族の幸せのため」であれば、手段は「仕事だけを頑張る」ではないはずです。

 

休みながら、この「目的」と「手段」について考える時間も自分に与えてみて下さいね。

 

まとめ

「心が疲れた原因」と「疲れた時は休んだ方が良い」理由をご紹介しました。

 

  • 目的と手段がごっちゃになって、頑張り方を間違えない
  • 結果を他人と比べない

 

この二つに注意しながら、適度に休みながら頑張っていれば、そこまで疲れ果てて挫折や絶望感に襲われることはありません。

頑張って心が疲れてしまう時は、やはり何か原因があります。

 

ただ頑張りながら考えるのも難しいので「少し休んで考えましょうね」という提案です。

 

無理をしたまま走り続けるより、立ち止まって休んで考えた方が結果、最後には長続きします。

「これからも頑張り続けるために休むんだ!」

このように思考を変えてみて下さい。

 

この記事であなたが少しでも心の疲れが取れて、前向きに考えることができれば幸いです。

 

仕事で「もうこれ以上頑張れない」と思ったら

もしあなたが仕事で「もうこれ以上頑張れない」と思ったら、環境を変えることも考えてみて下さい。

 

転職をネガティブに捉えるのではなく「自分の人生を豊かにする手段」として考えるとチャレンジする勇気が湧いてきます。

 

心が疲れ果てたまま働いていても、良い方向にはいきません。

自分の身体より大切なものはありませんよね。

 

転職を考えた時には、転職のプロである転職エージェントに登録することをおすすめします。

「退職理由」も一緒に考えてくれて、転職に不利に働かないようにアドバイスをもらうことができます。

 

転職エージェントは複数登録して、自分に合う転職エージェントを見つけるのが最善策です。

しかし最初に「どの転職エージェントに登録していいかわからない」と迷ったら「DODA」の登録をおすすめします。

 

「DODA」は転職サイトと転職エージェントのサービスが両方受けられます。

転職サイトで自分の好きな求人を見つけ、転職エージェントに内定までのサポートを受けることがベストの転職方法です。

転職サイトはdoda

 

次の5社も大手で信用できる転職エージェントです。

「DODA」登録後に、自分に合う転職エージェントを見つけて下さい。

 

  • リクルートエージェント/転職支援実績・求人数No1

⇒リクルートエージェント

  • パソナ/長期的な支援を求める人におすすめ

⇒パソナキャリア

  • ジェイエイシーリクルートメント/30代以上で年収アップのハイクラス求人を求める人におすすめ

⇒JAC Recruitment

  • ネオキャリア/20代・第二新卒の人におすすめ

⇒ネオキャリア

  • マイナビエージェント/関東地域で中小企業の求人に強い

⇒マイナビエージェント

最新情報をチェックしよう!
>転職を成功させるために転職エージェントを上手に活用しよう!

転職を成功させるために転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。

CTR IMG