これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

人と比べるのをやめた結果、自分が甘えていたことがわかった

あなたは自分の他人を比べてしまうタイプですか?

 

「他人と比べるな」とはよく言われることです。

「人は人、自分は自分」と思うことができたら一番良いですよね。

 

しかし、ついつい他人と比べて落ち込んでしまう人もいます。

自分が持っていないものを他人が持っていたら、羨んだりしてしまうことは誰でも経験があるはずです。

 

逆に他人を見て「自分はまだ大丈夫」と優越感に浸ることはないですか?

他人と比べることは、様々な感情を生み出します。

 

なぜ他人と比べるの?

これには人間の心理が関係する、3つの原因があると思います。

 

優越感、安心感に浸りたいから

他人と年収や成績、家の広さから車の種類、彼氏や彼女の顔まで、、人はありとあらゆるものを比べます。

 

他人と比べることで「優越感や安心感に浸りたい」という心理がどうしても働くのだと思います。

  • あいつより年収が高い
  • あいつよりテストの点が良かった
  • あいつより良い車に乗っている
  • あの娘より私の彼氏の方がかっこいい

 

他人と比べて、優れていることで「自分は大丈夫」という安全な状況が欲しいのです。

 

【関連記事】

職場の人間関係がうまくいかない人は圧倒的に想像力が足りない

 

頑張る原動力が欲しいから

これは良いことかもしれません。

 

他人と比べることで「俺はまだまだ頑張らないといけない!」と思うことです。

他人より足りていないことを前向きに捉え、努力する原動力になる。

 

またはライバル関係のように「あいつには負けたくない!」と切磋琢磨することも、1人で頑張るより効果的です。

 

ただこれはライバル同士が同じように成長して、切磋琢磨していければ良いですが、片一方が頑張らなくなったりすると、一緒に引きずられることもあるかもしれません。

 

他人に迎合しないと生きていけないから

「自分」というものが「他人の中」だけにしか存在していない場合は、常に他人と比べてしまいます。

 

「自分」というものがないので、いつも不安に陥るタイプです。

 

他人と比べて優位に立たないと「生きている価値」がないと思ってしまうのが特徴です。

 

「人は人、自分は自分」と考えることができないので、他人の幸せも素直に喜べません。

当然、人の不幸が大好物で嫉妬深いです。

 

ここまで来ると病的だとも思いますが、あなたの周りにもこのようなタイプの人がいるのではないでしょうか。

 

【関連記事】

期待に応えるのに疲れたあなたへ【期待なんて受け流せばいい】

 

人と比べるのをやめた結果、自分が甘えていたことがわかった

ここからは私の実体験のお話しです。

 

仕事で新卒の頃から何年間か営業をしていました。

  • 社内でいつも成績は「中の上」か「中の下」。
  • 一番になることも、最下位になることもなかったです。

 

なぜいつもこの中途半端な成績かと言うと、

周りの営業数字を見て「中の上」であれば安心して手を抜き「中の下」であれば焦って頑張っていたからです。

 

自分で決めた目標を達成するのではなく、周りの数字を見て動いていました。

営業数字が周りより良ければ「優越感や安心感」に浸って手を抜いていました。

周りより数字が悪ければ「お尻に火がついて頑張る」繰り返しでした。

 

これでは当然、営業で一番にはなれません。

 

一番になる人は周りの数字は関係なく、自分で決めた目標に向けて動ける人です。

また「周りに引っ張られて数字を上げる」のではなく「自分が周りを引っ張る」人が一番になり続ける人だと思います。

 

この事実に気が付いたのは30歳を過ぎてからでした。

 

20代の頃は常に他人と比べて仕事をしていました。

もったいない20代を送っていたと、今ではとても後悔をしています。

 

この経験から「人と比べる」会社員生活を送るのではなく、自分のキャリアやスキルアップに注力した人が成功に近づけると確信しました。

 

もし今の会社に次のような不満や不満を持っていたら、環境を変えることも考えてみてください。

  • これ以上のキャリアやスキルアップが望めない
  • これ以上の給与アップが望めない
  • 会社の未来が感じられない

 

「人と比べて」優越感や劣等感に浸る甘い人生ではなく、

自分の成長や自己実現のために、転職も一つの手段だと考えてみてはどうでしょうか。

 

もし少しでも転職を考えたら、転職エージェントに無料登録して相談することをおすすめします。

 

転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方のサポート
  • 一般では非公開の求人紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

転職において自分一人ではできない部分を、転職エージェントがサポートしてくれます。

これだけでも希望の転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかも登録は無料で簡単です。

 

私の転職6回の中で、実際に活用したおすすめ転職サイトと転職エージェントのご紹介です。

次の転職サイトや転職エージェントのサポートを受けて、転職を成功させました。

 

<おすすめ転職サイトはこちら>

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

 

転職をネガティブに捉えるのではなく「自分の夢を実現させるための手段」と考えてみてはどうでしょうか。

 

「自分の希望に合う会社で働きたい」と思ったら、まずは転職エージェントに気軽に登録してみてください。

 

「人と比べない」のは少し勇気が必要です。

「自分の夢の実現」も少しの勇気が必要です。

 

子を持つ親として、子供を他人と比べない

自分は子を持つ親ですが、子育てにも言えることだと感じます。

 

  • 子供のテストが50点⇒60点になった。
  • しかし、クラスの平均点は70点。
  1. 「クラスの平均点以下なんだから、まだまだ頑張らないといけない!」と叱る
  2. 「前回の自分の点数より10点も上がったね。頑張ったね」と褒める

 

自分が子供だったら、どちらを言われると嬉しいでしょうか。

全員②と答えるのではないでしょうか。

 

しかし、①を言ってしまう親が多いのが現実です。

「クラスの平均点以下だから~」と叱る親であれば子供は「他人と比べる」人に育つと思います。

 

親が他人と比べて、叱っているのでそりゃそうなりますよね。。

 

私もこのような記事を書いていますが、他人と比べて子供を叱ることもがあるので、偉そうなことは言えません、、

子供を持つ親の方は一緒に注意しましょうね!!

 

親が「人と比べる」発言をすれば、当然子供は「人と比べる」人間に育ちます。

当たり前と言えば、当たり前のことですが、、

この「当たり前」の事実に注意して、子供に対して接していきましょうね(‘ω’)

 

まとめ

「人と比べる」ことで甘えていた自分がいたことを実体験に基づいてご紹介しました。

 

今の20代、30代の若い方には次のことを伝えたいです。

「他人がどうであれ、自分の人生、自分が立てた目標や夢に向かって突き進め!」

 

若い人に限らずかもしれませんが、他人と比べても、人生が良くなる方向へはいかないと思います。

「周りから見るとまだ劣っているかもしれないが、昨日の自分より成長した」のであれば、自分を認めてあげましょう。

 

他人と比べるのではなく、前の自分よりできるようになっていれば良い

よく言われていることですが、自分の人生を豊かにするためにとても大切な考え方です。

 

「自分の人生を豊かにするため」「自分の人生を自分で決めるため」に人と比べずに、過去の自分と今の自分を比べるようにしましょう!

 

人と比べても、その人があなたの人生を背負ってくれるわけではありませんよね。

当たり前の事実に気がつき、「自分がやりたいことをする」人生を送ってくださいね!(^^)!

 

「自分の自己実現」のために転職を考えたら、転職エージェントDODAへ無料相談することをおすすめします。

私が活用した中で1番おすすめの転職エージェントです。

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG