40代以上の方が楽しく、充実した生活を送るために作ったサイトです!

人生の大きな選択が正しかったかどうかは、その後の行動次第でもある

人生は選択の連続です。

小さなことから大きなことまで「AにしようかBにしようか」選択に迷うことがあります。

特に人生の中で大きな選択に迫られたときは、誰でも迷ってしまいますよね。

しかし、タイトルにも書いたのですが、

「人生の大きな選択が正しかったかどうかは、その後の行動による」のではないでしょうか。

今回はこの点について考察をしていきます。

人生の大きな選択が正しかったかどうかは、その後の行動次第でもある

人生の大きな選択

  • 進学
  • 就職
  • 転職
  • 結婚
  • 住宅
  • 離婚

人生で大きな選択は良いことから悪いことまで、数多くあります。

例えば「進学」を例に取ると、高校を卒業してから、

  • 進学する
  • 進学しない

【進学するのであれば】

  • A大学に行く
  • B大学に行く

【進学しないのであれば】

  • 専門学校に行く
  • 就職する
  • 何もしない

これから先の選択も枝分かれをしていきます。 

このように大きな選択を数多くした結果が「今ここにいる自分」ということです。

大きな選択を間違えたと思うとき

  • この大学に進学をするんじゃなかった
  • この会社に就職をするんじゃなかった
  • この人と結婚をするんじゃなかった
  • あの時離婚しなければよかった
  • あの時家を購入しなければよかった

あらゆる

  • するんじゃなかった
  • しなければよかった
  • 別の選択肢を選べばよかった

という後悔が生まれることがあります。

誰でも一つや二つこのような後悔はしたことがありますよね。

ここでお伝えしたいことは、

「果たして、本当にその時の選択が間違っていたのでしょうか?」ということです。

  • A大学ではなく、B大学に進学をしていれば成功していたのか
  • A社ではなく、B社に就職をしていればもっと出世していたのか
  • Aさんではなく、Bさんと結婚をしていれば幸せになれていたのか
  • 進学をせずに就職をすればよかったのか
  • 結婚をしなければよかったのか

あの時の選択さえ間違えなければ、成功や幸せを掴んで、今とは違う「素晴らしい人生」を歩んでいたのでしょうか。

その時はベストな選択をしたはずなのに、、

当たり前のことになりますが、、その時はそれが自分に取って「ベストな選択」だと思って、意思決定をします。

自分一人で決めたかもしれないですし、親や先生にアドバイスをもらいながら決めたかもしれない、とにかく総合的に判断をして「ベストな選択」を行ったはずです。

ここでお伝えしたいのは「その時に自分で選択をしたんだから、後から後悔したり文句を言うなよ!」という「自己責任論」を説いたいのではありません。

ここでタイトルに戻るのですが、

「選択が正しかったかどうかは、その後の行動次第によるのでないか」ということをお伝えしたいです。

今ある現状でベストを尽くす

「進学・就職」の選択を間違えたと思ったら

  • なぜ、そのように思ったのかを突き詰めて考える
  • その大学・会社で本当に自分が思っていることができないのか
  • 違う大学や会社に行けば問題が解決するのであれば、編入や転職をすればよい
  • ただ自分の中に問題があるのであれば、編入や転職をしても同じである

なぜ、その大学や会社を選んだのか「目的」を再度、見つめ直してください。

自分が選んだ大学や会社でまだ「できること」がないかを探してみてください。

本当に自分ではどうしようもない問題なのであれば、編入や転職をすれば良いです。

ただ、隣の芝生は青く見えますよ( ;∀;)

目的を見失っていたり、自分自身に問題があれば、どこの大学や会社に行っても同じことの繰り返しになるかもしれません。

「結婚」の選択を間違えたと思ったら

暴力や借金や浮気など「誰が見ても婚姻関係を続けるのは難しい」時は「あの時の私はどうかしてた、、」と離婚するのはもちろん間違ったことではないです。

そのようなことではなく、夫婦喧嘩をしたり、相手の気に入らないことが目につき始めたら、自分に原因がないかと考えてみたり、まあまあと許してみてはどうでしょうかという話しです。

私も偉そうなことは言えませんが、、( ;∀;)

昔はお見合い結婚も多く、相手のことを深く知らないまま、結婚をしていたケースも多くありましたよね。

それでも時代背景もありますが、現代より離婚率は低かったです。

では「我慢・我慢」の連続だったのでしょうか。

経済的や世間的な理由から「離婚しにくい」背景はもちろんあったと思いますが「離婚できない」と腹をくくって、今ある現状をどうにか打破できないか工夫もされていたのだと思います。

その工夫したことと言うと

  • 言いたいことを言う
  • 相手に優しくする・感謝する
  • ある程度のことは受けいれて許す

このようなことだったのではないかと思います。

誰も未来はわからない

その時は「ベストな選択」をしたとしても、状況や環境など予測できない変化が起きるのも人生です。

誰も未来はわかりません。

そうであれば「選択間違い」を悔やむのではなく、選択の連続の上に成り立っている「今ある現状」の中でベストを尽くすことが大切なのではないでしょうか。

まとめ

人生の大きな選択をした後に、困ったことや予想外のことが起きても、その時の「選択を間違えた」と考えるのはやめましょう。

今ある現状でベストを尽くして「あの時の選択は間違っていなかった」と思えるような行動をしましょう。

それでもどうしてもダメであれば「あの時の選択は間違いだった」と割り切り、これから違う選択肢を選へば良いです。

しかし、この「遠回り」も人生に取って良い方向に転ぶこともあります。

ややこしい話しになりますが、、そうなると「選択間違い」をしたことも「間違っていなかった」ことになりますね(・∀・)

「選択を間違えた」後悔は、今ある現状の行動でいくらでも後悔を失くすことができます。

選択したことが間違いどうこうではなく、その後の行動を間違えないように、ベストを尽くしてできることをやりましょう!

※合わせて下記の記事もお読みください!(^^)!

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com

最新情報をチェックしよう!