転職を6回経験した47歳男性会社員が運営中。転職や仕事の悩みを解決する情報を発信しています。お気軽にお立ち寄りください。

40代の転職はみじめ?原因とみじめな転職を回避するポイント

40代で転職を考えている方へ向けた記事です。

 

40代で転職しても「みじめな結果になるのではないか」「そもそも40代で転職するのはみじめだ」と考えているかもしれません。

確かに「収入が下がる」「書類選考が通過しない」など難しいケースも出てきます。

 

転職活動が長引くと、みじめになったり「自分はダメだ」と落ち込むこともあります。

 

ただ私は40代から3回転職をしました。

 

40代から3回転職できたのは「40代の転職」を理解し、対策を練ったからだと言えます。

この経験を踏まえ、40代の転職でみじめな思いを回避して、転職を成功させるポイントをご紹介します。

 

「40代の転職」はやり方次第で、結果が大きく変わります。

記事を読み終えると、心構えとやるべきことがわかるので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

40代の転職はみじめだと感じてしまう原因

なぜ40代の転職はみじめだと感じるのでしょうか。

まずはその原因を掘り下げて解説します。

 

40代向けの求人がそもそも少ない

40代の転職が難しいと言われる一番の原因は、40代の求人がそもそも少ないからです。

 

厚生労働省は原則として求人の年齢制限を禁止していますが、実際40代が採用されるポジション自体が少ないのです。

 

40代は管理職採用が主流になります。

管理職ではなく1人のプレイヤーであれば、わざわざ40代を採用せず、20代か30代を採用しますよね。

 

もともとの求人数が少ないので、自然と競争率が上がり、なかなか希望の転職が出来にくい状況になっています。

競争率が高いので、転職活動がうまくいかず「自分はダメだ」と悲観的になり、みじめと感じてしまいます。

 

40代は面接さえさせてもらえない

40代は求人数が少ない上に、面接まで進むことも難しいです。

 

つまり、書類選考で落ちてしまうのです。

 

書類選考で落とされると、これまでの自分のキャリアを否定されたようで、非常にダメージが大きく落ち込んでしまいます。

何十社も書類選考で落ち続けると、みじめな思いになって当然です。

 

これは求人数が少ない上に、40代に求めるキャリアやスキルが限定されやすいからです。

  • 10人以上のマネジメント経験があるか
  • 数値管理だけでなく、自ら営業もできるか
  • 経理であれば決算業務の経験があるか

このように40代は企業が求めるキャリアやスキルが限定される傾向があります。

 

書類選考で「この業務の経験がない」「業務経験はあるが、規模が小さすぎる」などの理由で落とされます。

書類選考で落ち続けると「自分がこれまで頑張ってきたことはなんだっだんだ、、」「これまで自分は頑張ってきてなかったのか、、」など考えてしまい、みじめな気持ちになります。

 

関連記事

40代の転職は年齢がネックになり「地獄」と言われることがあります。また転職に失敗して、年収が下がったり、やりたくない仕事をやったり、最悪の場合転職を繰り返す人もいます。 私は現在46歳で、40代[…]

 

40代で一からスタートが精神的に難しい

40代で転職ができたとしても、その会社では当然「一からのスタート」になります。

  • 収入が下がった
  • 上司が年下だった
  • 周りが年下ばかりでうまく馴染めない

 

これらはよく聞く話しですよね。

 

新しい職場にうまく馴染むコツは、自分のこだわりやプライドを捨てることなのですが、40代はなかなかこれができません。

 

「前の職場ではこうだったのに、、」という変なこだわりで、上司や周りと衝突しがちです。

自分のこだわりやプライドがあればあるほど、現実とのギャップを感じ、みじめな思いをしてしまいます。

 

転職は運とタイミングに左右される

40代で何社、もしくは何十社も不採用が続くと「自分はダメな人間なんだ」「自分は必要とされていないんだ」と落ち込んでしまいますよね。

 

その気持ちはよくわかるのですが、、転職は年代問わず運とタイミングに左右されるところが大きいです。

 

40代になると、これまで仕事をしてきた経験とスキルが身についているはずです。

簡単に言うと「その経験とスキルが欲しい!」企業に出会るかどうかだけなのです。

 

あとはその企業が提示する条件に、あなたが納得すれば転職成功です。

 

こう考えると、転職は恋愛やお見合いと同じですね。

 

自分と相手(企業)が求めるものが、お互い一致すればペア成立なのです。

その相手(企業)に「出会える」か「出会えない」かだけの問題です。

 

お見合いの場合、男性なら古い表現ですが「3高」なら、女性から選んでもらう可能性が高まりますよね。

転職も同じで「ハイスペック」なら企業から選んでもらえる可能性は高まりますが、必ずしも「ハイスペック」でないと転職できないわけではありません。

 

企業も女性(男性)も「好みのタイブ」がみんな違いますよね。

 

だから、何十社不採用になっても(何十回フラれても)、あなたを「タイプです!」と言ってくれる企業があるはずです。

 

希望や理想が高すぎる

これからのお話しも「転職」=「恋愛」と置き換えるとわかりやすいと思います。

 

転職をみじめと感じるのは、あなたの希望や理想が高すぎませんか?

恋愛も自分の容姿や性格は差し置いて、、理想が高いとうまくいかないですよね( ;∀;)

 

恋愛と同じで自分の経験やスキルと比べて、高い好条件ばかりを狙っていては、転職はなかなかうまくいきません。

「身の丈に合う」転職と恋愛が基本ですね(‘ω’)

 

関連記事

転職して年収アップした! 自分の希望年収の転職ができた! とても嬉しいことですよね。 年収アップを狙って転職することはもちろん悪いことではありません。[…]

 

狭い範囲で求人を探している

  • ハローワークでしか求人を探していない
  • 友人の紹介や取引先の中から求人を探している
  • 転職サイトを1つしか登録していない

 

狭い範囲の中で求人を探していませんか?

 

これも恋愛と一緒です。

例えば職場の中だけで相手を探して、うまくいかなかったら「もう恋愛はできない」わけではないですよね。

 

次は「友人にコンパを開いてもらおう」「マッチングアプリに登録しよう」など、相手を探すために次の手を打ちますよね。

転職も視野を広げて、範囲を広げていくべきです。

 

この方法で自分に合う求人が見つからなかったら、次の手で求人を探す。

こうして自分に合う求人を積極的に探すべきです。

 

ただ自分一人の力だけでは、求人を探すのに限界があります。

特に在職中であれば、時間も限られており転職のことだけに時間を使う訳にもいきません。

 

そこでおすすめは「転職サイト・転職エージェント」に無料登録して、自分の代わりに求人を探してもらいましょう。

転職エージェントは世間では公表されていない「非公開求人」も紹介してくれます。

 

あなたに合う求人をあなたに代わって探してくれるので、とても便利です。

 

40代で転職を考えたとき、あなたの心強い味方になってくれるのが転職支援サービスです。

転職エージェントに相談すると、あなたの希望に合う「非公開求人」の紹介など、無料であなたの転職活動を支えてくれます。

 

40代で圧倒的におすすめなのは、転職成功実績No1で専門コンサルがフルサポートしてくれるリクルートエージェントです。

年収750万以上の方は、ハイクラス転職サイトビズリーチ一択です。

 

他にも私が40代からの転職3回の中で実際お世話になった、おすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

  • 『ビズリーチ | 高年収求人とヘッドハンターからスカウトが欲しい方におすすめ(年収750万以上向け)』

➡【公式】https://www.bizreach.jp/

  • 『リクルートエージェント | やっぱり大手が安心。No1実績!本気で転職を考えたらおすすめ』

➡【公式】 https://www.r-agent.com/

  • 『リクナビNEXT| 転職初任者向け。まずは求人検索と適職診断を受けたい方におすすめ』

➡【公式】https://next.rikunabi.com/

 

転職支援サービスは、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

 

転職支援サービスの登録は無料で損することはないので、転職を少しでも考えたら登録しましょう。

 

1つではなく複数の転職サイトと転職エージェントに登録して、選べる求人数を増やしてくださいね。

選べる求人数が増えれば、それだけあなたの理想の転職ができる可能性が高まります。

 

ミスマッチが生じている

これも恋愛と一緒です。

  • 彼女は背が高い男性がタイプです。
  • あなたの身長は160㎝です。

 

申し訳ないですが、、あなたは彼女のタイプではありません。。( ;∀;)

 

企業も求めている人柄や経験やスキルがあります。

その「企業が求めている」ものに、あなたは一致していますか?

 

あなたの理想や希望があるのはわかります。

極端な例ですが、、「私、やせてる人がタイプなんです!」とお相撲さんの中で探しても、いつまで経ってもタイプの人に出会えないですよね。

 

「相手の理想や希望」と「あなたのできること」が一致しないと、転職は成功しません。

転職先が求めている希望とあなたができることを一致させる必要があります。

 

面接対策ができていない

面接までいったのに不採用になってしまう。

 

40代であれば「せっかく面接までいったのに不採用になった」と言えます。

 

面接で不採用が続くのは「面接対策」が不十分だからです。

 

面接までいったということは、書類選考は通過しています。

あなたの情報を見て企業が「会ってみたい」となったわけです。

 

面接までいっているので、ある程度お互いのミスマッチは生じていないはずです。

それでも面接で不採用が続くのであれば、やはり対策を立てるべきです。

 

面接対策は次の記事を参考にしてください。

関連記事

面接に合格するためには「事前の対策」が必要です。対策せずに面接に臨むと、何を話していいのかわからず良い結果になりません。 ただ「どのように面接対策をすれば良いかわからない」という話しもよく聞きます。[…]

 

40代の転職でみじめになりやすい人の特徴

40代の転職はみじめ?原因とみじめな転職を回避するポイント

40代転職でみじめになりやすい人の特徴を解説します。

自分が当てはまっていたら、ぜひ改善することをおすすめします。

 

耳の痛い話しになるかもしれないですが、現実を知ることが40代の転職を成功させる近道です。

 

転職の希望条件が高すぎる

みじめな思いをする一番の原因は理想と現実とのギャップです。

 

年収1000万を希望しているのに、実際は年収400万だから理想と現実のギャップに苦しむのです。

  • 実力以上の年収アップを希望している
  • 部長以上の役職を希望している

自分の実力以上や現実とかけ離れた希望は、自分を苦しめてみじめにするだけです。

 

現実を直視しましょう。

 

再スタートの意識がない

ヘッドハンティングでよっぽど「頼むからウチに来てくれ」と頼みこまれた転職でない限り、自らが転職を希望しますよね。

「郷に入っては郷に従え」の言葉通り、相手の考えや風土に合わせることが非常に大切です。

 

「あれはしたくない」「自分のやり方はこうだ」とこれまでの経験やプライドに固執していると、転職活動も入社後もうまくいかない可能性が高いです。

 

「転職する」ということは、年齢がいくつになっても再スタートを切るということです。

 

年齢を重ねると凝り固まった考えになりがちなので、特に意識して「郷に入っては郷に従え」の柔軟性を持った考えが必要です。

 

ビジョンが明確でない

  • なぜ転職するのか
  • 転職して何を実現したいのか
  • 転職条件でこれだけは譲れないものは何か

40代で転職するには何か理由があるはずです。

もし「なんとなく転職したい」と考えていたら、上記の3つは最低明確してください。

 

この3つを明確にしないと、なんとなく転職して「こんなはずじゃなかった」と入社後に後悔してしまいます。

ビジョンを明確にして「何のために転職するのか」をはっきりさせることが、転職を成功させるポイントです。

 

自分の強み・弱みを理解していない

  • 自分は何が得意で何が強みなのか
  • 自分は何が不得意で苦手なのか

 

自分の強み・弱みを明確に把握している人は、年齢関係なく少ないかもしれません。

なぜならば転職せずに一つの会社にいる限り、強み・弱みを意識しないといけない場面があまりないからです。

 

人と話すのが苦手でも会社で営業職に就いたら、営業をしないといけませんよね。

ただ転職時に「営業はもうしたくない」と決めれば、営業以外の職種に転職することもできます。

 

自分自身をわかっていないと、先ほどお話ししたビジョンも不明確になります。

自分をわかっていないから「何の仕事をしたいかわからない」では、後悔するみじめな結果になってしまいます。

 

もし自分の強み・弱み診断をしたい場合は、下記のリクナビNEXTのグッドポイント診断をぜひ活用してください。

リクナビNEXT
5

グッドポイント診断で、自分の強みを分析!
人にはそれぞれ強みがありますが、自分では客観的に把握しづらいものです。
<こんな人にオススメ>
・自分の強みがうまく語れない
・転職意向はないが、診断には興味がある
・日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきた

 

40代でみじめな転職を回避するためのポイント

40代の転職はみじめ?原因とみじめな転職を回避するポイント

では40代でみじめな転職を回避するポイントは何でしょうか。

転職を成功させるために、そのポイントを解説していきます。

 

自分の強みを明確にする

先ほどお話ししたように自分の強みを明確にする必要があります。

 

いわゆる「キャリアの棚卸し」というものです。

 

ここで「弱み」はあまり明確にする必要はありません。

40代という年齢を考えても、弱みを改善するより、強みを徹底的に伸ばした方が断然効率的です。

 

「自分ができること」を明確にしてアピール材料にしましょう。

 

これまでの経験や培ったスキルも当然入りますが、「こうやって苦難を乗り越えた」という精神的な強さも入ります。

 

求人応募を積極的に行う

お話ししたように、40代転職は書類選考通過さえ難しいです。

理想は第一希望の企業に応募して内定をもらうことですが、そう上手くいかないのが転職です。

 

自分の希望条件でゆずれないもの(最低希望年収や職種)をクリアしていたら、1社といわず積極的に求人応募しましょう。

 

極端に言うと、100社応募して99社落ちても、1社自分の希望通りの企業から内定が出れば良いのです。

40代はいちいち書類選考で落ちたことに悩んだりしていても仕方ありません。

 

私の経験談ですが、40歳過ぎての転職活動で「私の経歴と家族構成が人事担当者と似ている」という理由で書類選考を通過したことがあります。

 

人事担当者が「その人」でなければ、私は書類選考で落とされていたはずです。

内定までいただき、入社はしなかったのですが、転職活動の中でも印象深い出来事になりました。

 

積極的に求人応募して、転職が成功するまでやり続けましょう。

 

「できない・やらない」と言わないこと

書類選考を通過すれば、面接です。

 

私が採用担当者の立場で、40代以上を数多く面接した経験からお話しします。

40代以上が面接で不採用になるパターンとして「できない・やらない」と面接時に言う人がいます。

 

特に大企業→中小企業へ転職する人に多く見受けられます。

 

大企業だと細かく仕事が分類されている場合が多いですよね。

例えば人事でも「新卒採用」のみ担当すれば良かったのかもしれませんが、中小企業はそうはいきません。

新卒採用から中途採用、ハローワークへ求人票提出から人材紹介会社との折衷など「人事」と言っても様々な業務があります。

 

これまで経験したことがないので「できません」と言いたい気持ちはわかります。

しかし、言葉は悪いですが、あまり「バカ正直」に言うのはいかがなものでしょうか、、

 

「直接的にはその業務は行ったことがないのですが、これまでの〇〇の経験を応用して、早期の業務取得を目指します」

 

このぐらいは言わないと、面接では不採用です。

 

また「できません」だけでなく「やりたくありません」という人もたまにいます。

「できませんけど、頑張ってやります!」なら、採用担当者も何とか考慮しようと思います。

 

ただ最初から「やりません」と言われると、限りなく不採用に近づきます。

 

40歳を超えてプライドもあり、失敗したり、恥をかきたくない気持ちはよくわかります。。

しかし「何でもやります!頑張ります!」ぐらいの気概がないと、40代以上の転職は厳しいのが現実です。

 

40代以上でスマートに転職活動をしていては、内定を勝ちとることは難しいです。

泥臭さも必要です。

 

「教えて下さい」と言わないこと

先程の話しと似ていますが、、

40代以上で「教えてください。教えてもらえればできます」という人がいます。

 

40代以上の面接で「教えてください」はNGワードです。

 

面接官の立場から言うと、20代で「教えて下さい」と言われても何とも思わないです。

しかし、40代でそこそこの給料で採用する場合に「教えて下さい」と言われると、途端に採用意欲がなくなります。

 

これは採用担当者の共通した考えだと思います。

 

40代以上はそれだけ厳しい目で見られることを、自覚しましょう。

厳しいことを言うかもしれませんが、40代以上で「受け身」の姿勢では採用されません。

 

これも大企業出身者に多い傾向です。

  • 教えてもらうことが当たり前
  • 環境が揃っていることが当たり前
  • 資金が潤沢に使えることが当たり前
  • 人員が豊富なことが当たり前
  • 規則やルールが法令通り決まっていることが当たり前

これらが当たり前に「ある」と思っている人は要注意です。

 

40代以上で特に管理職採用はこれらが「ある」中での採用ではなく、これらを「作ってもらう」ための採用が多いです。

その中で「教えて下さい」という受け身の姿勢では、40代以上の転職は厳しいです。

 

転職活動は長期戦で臨む

40代の転職は長期戦で考えてください。

そのために在職中に転職活動することを強くおすすめします。

 

40代の転職は「自分の希望や自分の価値」と「市場価値」を合わせる作業だと考えてください。

自分の希望と自分の価値にマッチする企業に出会えるまで、じっくり待ちましょう。

そのための最低条件として、在職中に転職活動を行うことが挙げられます。

 

あなたの経験やスキルを必要とする会社があるはずです。

そう信じて長期戦で転職活動を行うことが、みじめな思いにならない秘訣だと言えます。

 

「やりたい」より「できる」を選ぶ

「40代未経験でも転職できました!」たまにこんな声を聞きます。

 

あなたはこの言葉を聞いて、どのように感じますか?

 

「40代でも夢を諦めずに未経験でも雇ってくれる企業があるんだ!」と目を輝かせていたら、、

申し訳ないですが、目を覚ましてください!

 

40代未経験でも欲しいぐらい人手不足なんです。

 

もちろん人手不足の業界もあります。

私の現職は「医療・介護業界」で確かに人手不足です。

ただ40代以上の特に男性(プライドが邪魔して介護ができない人が多い)の未経験は、よっぽどのことがない限り雇わないです。

 

「40代未経験でも欲しいぐらい人手不足」はブラック企業である可能性が限りなく高いです。

 

人は使い捨てても良いと考えるから、退職者が異常に多く、入職者も異常に多いのです。

40代は自分の「やりたい」ことより「できる」ことを考えて、転職してください。

 

人脈をフル活用する

取引先や関係先の会社、友人など持っている人脈をフル活用して、転職することも立派な手段です。

 

人脈を使っての転職は入社までスムーズに進むケースが多いです。

また転職先の会社に知っている人がいれば、全く知らないところへ行くより安心ですよね。

 

取引先や関係先の会社に転職する場合は、前職とのトラブルは避けないといけないですが、順序立てて筋を通せば問題ありません。

 

「プチヘッドハンティング」みたいな形で取引先や関係先に転職できれば、年収や役職も考慮してくれるケースも多いです。

 

転職先から見ても人脈からの入社は様々なメリットがあります。

  • 転職エージェントに高い報酬を支払わずに済む。
  • 相手のある程度の実力や性格もわかっている。
  • 即戦力として期待できる

本人も転職先も「win-win」の関係で転職ができます。

 

あえてデメリットを挙げるとすれば、、

期待以上の成果を出せなかった時に「紹介してくれた人」の顔に泥を塗ることになるかもしれません。

しかし、あまり最初からマイナスのことを考えていては良い転職はできません!

 

人脈を活用して転職できるのであれば、大いに活用すべきですよ!

 

採用側の視点で考える

ある程度「自分の経験」と「企業が求める経験」が一致しているのに、書類選考や面接で不採用が続くときは「採用側の視点」で考えてみてください。

 

私は採用する立場も15年ほど経験しています。

ちょっとしたことで採用担当の心象は変わるのです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方が雑
  • 面接時の身だしなみがだらしない
  • 面接時の言葉使いが悪い
  • 面接時の話しが長い

 

きつい言葉で言うと「相手をナメてるよね!?」という人です。

 

履歴書・職務経歴書の書いている文章が読みにくい。

誤字、脱字が多いなど「書き方が雑」な人がいます。

必ず第三者に確認してもらいましょう。

 

また40代にもなると面接担当者が自分より、年下の場合も出てきます。

その場合、特に男性で急に態度がエラそうになる人がいます。

 

これらの問題は、経験やスキルが一致する以前の問題で「この人とは働きたくない」と採用する側は思います。

 

あなたが自分と「一緒に働きたいか?」と第三者の視点で見てください。

もしかしたら、傲慢な態度や人の話しを聞かなかったりしているのかもしれません。

 

40代こそ「謙虚な心」が大切です。

会社に「謙虚さがない40代」を迎え入れようとは誰も思いません。

 

現場の人間関係が混乱するだけです。

 

これまでの経験やスキルに自信があるのは良いことですが、謙虚さは絶対に忘れないでください。

「採用側の視点」で自分を客観視してみてくださいね。

関連記事

あなたの周りに、職場でもプライベートでも「正論」を振りかざす人はいませんか? 「正論」を言っている人は「正しいことを言っている」つもりなので、気持ちが良いんですよね。ただ、聞いている人は「正論ばかり言って、[…]

 

転職サイトや転職エージェントなど他者のサポートを受ける

転職は何も一人の力だけで成功させないといけないルールはありません。

 

むしろ積極的に他者の力を借りるべきです。

 

私は40代で転職を3回した全て、転職エージェントのサポートを受けました。

40代の転職は、自分の市場価値を把握することが非常に大切です。

 

転職支援サービスに登録すると「自分の希望」と「市場価値」が客観的にわかるため、転職のミスマッチが無くなります。

そうすることで転職活動をスムーズに進めることでき、みじめな結果になるリスクを回避しましょう。

 

年収750万以上の方は、ハイクラス転職サイトビズリーチ一択です。

 

転職サイトや転職エージェントに登録すると、他にも次のメリットがあります。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方サポート
  • 非公開の特別な求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

転職支援サービスは、あなたの転職活動をサポートしてくれます。

 

転職支援サービスの登録は無料で損することはないので、転職を少しでも考えたら登録しましょう。

 

私がこれまで利用して、おすすめできる転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

  • 『ビズリーチ | 高年収求人とヘッドハンターからスカウトが欲しい方におすすめ(年収750万以上向け)』

➡【公式】https://www.bizreach.jp/

  • 『リクナビNEXT| 転職初任者向け。まずは求人検索と適職診断を受けたい方におすすめ』

➡【公式】https://next.rikunabi.com/

  • 『リクルートエージェント | やっぱり大手が安心。No1実績!本気で転職を考えたらおすすめ』

➡【公式】 https://www.r-agent.com/

 

40代転職はこれらの転職サイトやエージェントのサポートを受けて、成功させる方法が一般的です。

無料ですし、自分の市場価値を知るために活用してみてください。

関連記事

私は転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを使いキャリアアップしてきました。 その経験から、転職サイトと転職エージェントに登録や相談することが、転職を成功させる近道になると実感してい[…]

 

40代で転職するか迷った場合はやめた方がいい

40代の転職はみじめ?原因とみじめな転職を回避するポイント

 

もし40代で転職するか迷った場合は、やめた方がいいと思います。

 

私が40代で転職3回したのは、キャリアアップ希望のためもありますが、会社に絶望したり理不尽な上司のパワハラや指示を受けてきたからです。

 

そのときの思いを記事にしています。よろしければご覧ください。

関連記事

私は現在45歳です。ついにと言うべきか、、 2021年7月に6回目の転職をしました。 40代で3回目の転職です。 本記事は「45歳[…]

 

もし転職しなくて済むのであれば、現職で頑張った方がずっとラクです。

40代の転職はそれだけの覚悟も必要ですし、転職してからも慣れない職場で苦労が出てきます。

 

ただ転職せざる得ない理由があったり、自分や家族のために転職するのであれば、覚悟を持つことで道は開けるはずです。

 

まとめ

40代で転職を考えている方へ、みじめになりやすい人の特徴と回避するポイントを解説しました。

 

40代の転職成功のポイントは、次の4つを明確にすることです。

  • なぜ転職するのか
  • 転職して何を実現したいのか
  • 転職条件でこれだけは譲れないものは何か
  • 自分の強み(できること)は何か

これらを明確にし、転職サイトやエージェントのサポートも受けながら長期戦で臨めば、きっと良い結果が出るはずです。

 

逆にこれらが曖昧なら、転職にチャレンジすることはおすすめできません。

40代の転職がみじめなものにしないためには、闇雲に頑張るのではなく、本記事でご紹介した対策が重要です。

 

私は現在46歳です。

 

我々の時代は70歳まで働かないといけなくなりそうですね。。

そうすると、あと20年以上もあります。

40代と言えど、キャリアの道半ばとも言えます。

 

40代で諦めることも、卑屈になる必要もありません。

満足できる結果を出すために戦略を立て、後悔しないキャリアを手に入れるために本記事を参考にしてもらえれば幸いです。

 

最後に40代転職におすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介します。

あなたの市場価値を把握するためにも、登録して相談してみてくださいね。

  • ビズリーチ
    5

    年収750万円以上の方は登録してみてください。
    職務経歴書を登録すると、ヘッドハンターと国内外の優良・成長企業があなたの職務経歴書を見て直接スカウト。
    採用企業が直接求職者にスカウトを送る事もできる為ミスマッチが少ないです。
    私も40代で2回ビズリーチ経由で転職しました。

  • パソナキャリア
    5

    最大の特徴は『転職が決まるまで』サポートしてくれる安心感!
    パソナキャリアを通じて転職した方の「67.1%」は、転職後の年収がアップ。
    オリコン顧客満足度調査、転職エージェント総合1位(4年連続/2019年~2022年)。

  • DODA
    5

    転職サイトはdoda

    専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介や、転職活動のサポートをするサービスです。
    非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介。専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートします。

 

あなたが満足できるキャリアを手に入れるために、ぜひ行動してみてください。

関連記事

おすすめの転職サイトを探している方に向けて、大手転職サイト「リクナビNEXT」のご紹介です。 「リクナビNEXT」は誰でも名前を聞いたことのある大手企業「リクルート」が運営している転職サイトです。転職者の多[…]

リクナビNEXT
最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策をしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用してください。

CTR IMG