40代以上の方が楽しく、充実した生活を送るために作ったサイトです!

忘れることの大切さ

一般的に日常生活や仕事において「忘れる」ことはマイナスのイメージで使います。

  • 買ってこないといけないものを忘れた
  • 勉強でせっかく覚えたのに忘れた
  • 仕事でこの仕事を頼まれていたのに忘れた

「忘れない」ためのポイントは書籍やネット上でもたくさんあると思いますが、今回は「忘れることの大切さ」についてご紹介したいと思います。

つらいことや嫌なことがあったときに「忘れる」ことも時には大切になってきます。

忘れることも必要

苦しいことやつらいこと、嫌なことがあったら、早く記憶から消して忘れてしまいたいですよね。

以前、会社の上司で、

「一晩寝たら、昨日あった嫌なことは忘れる」と言われる人がいました。

このようなタイプの人は正直「羨ましいな」と思いますし、メンタルの強い人だと思います。

過去のつらいことや嫌なことに、いつまでも捉われてしまい、後悔や眠れない日々を過ごすのは本当に苦しいことです。

覚えておくことと同じぐらい、忘れることは必要なことではないでしょうか。

忘れる方法

具体的にはどうすれば、つらいことや嫌なことは忘れることができるでしょうか。

「明日からすぐ忘れることができる!」という特別な方法はないと思いますが、考えてみたいと思います。

時間が解決してくれる

一般的には時間が解決してくれると思います。

時間が経てば、人の記録はどうしても薄れてきます。

だからこそ、前に進めます。

「忘れる」という行為を「時間」という逆らうことの出来ない流れにまかせてみても、良いのではないでしょうか。

忙しくする

わざと忙しくするのも一つの手です。

自分も仕事以外でつらいことがあった時に、仕事で忙しくすることで、そのつらいことを忘れることが出来た経験があります。

つらいことを思い出さないようにするためにも、意識して忙しくしてみましょう。

考えないようにする

つらいことを考えてしまうと、記憶や意識に刷り込まれてしまい、ますます忘れられなくなります。

特に寝る前に考えてしまうと「記憶にも刷り込まれる、眠れなくなる」となって良いことにはなりません。

プロ野球、巨人の原監督が監督に就任したときに父親からこう言われたそうです。

「枕に頭をつけて悩み事、考え事はしないこと。寝ようとしたときに、いろんなことが巡ってくるけど、たいしたことは考えていない」

これは大変、参考になる良い言葉だと思います。

寝る前に考えごとをしても、ネガティブになるだけで良い結果にはなりません。

有名ですが、原監督の父親の貢さんも高校、大学野球の監督で甲子園で優勝経験もある方です。

これは「悩み」に関することで「つらいことを考えること」とは少し違うかもしれませんが、

意識して「考えないようにする」ことは共通していると思います。

意外に難しいですが「考えないようにする」ことも非常に有効な手段です。

まとめ

「阪神・淡路大震災」から今日で25年ということもあり、この記事を書きました。

「震災を忘れてしまう」という意味ではなく、震災の中で生まれた「悲しみ、苦しみ」を忘れることができないかという意味です。

「忘れる」は前向きに人生を生きていくために、とても大切なことです。

つらいことや嫌なことを、

「そんなに簡単に忘れられないよ!」と今は思われるかもしれませんが、いつか忘れることができる日が来るはずです。

その「忘れる」日が1日でも早く訪れ、心から笑える時間が、少しでも長く続くように願っています。

※合わせて、下記の記事もお読みください”(-“”-)”

www.grateful-feelings.com

最新情報をチェックしよう!