これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

【理想の上司は?】優しいが評価は厳しい上司/怖いが評価は甘い上司

あなたは会社で上司とうまく関係を築けていますか?

 

上司にも様々な性格や考え方の方がいます。

上司からは「優しく接してもらいたいし、評価も甘くしてほしい!」というのが部下の共通した思いですよね。

 

今回は部下に対する接し方が「優しい上司と怖い上司」と評価方法が「甘い上司と厳しい上司」に分けて、タイプ別に特徴を考察します。

あなたの「理想の上司」はどのタイプに当てはまるか、考えながら最後までご覧ください。

 

上司の「接し方と評価方法」4つのタイプ

上司の「接し方と評価方法」タイプはこれからご紹介する4つのタイプに分類されます。

 

なお、これからお伝えする「怖い」はパワハラやセクハラをしてくる上司は論外だと捉えて下さい。

一般的に常識の範囲内の「怖い」と捉えていただければ幸いです( ̄▽ ̄)

 

優しいし評価も甘い上司

冒頭でもお伝えしましたが、部下から見るとこのタイプが理想の上司ですよね。

ただこのタイプの上司は「ことなかれ主義」で、嫌われたくない気持ちが強い上司と言えるかもしれません。

 

「部下に仕事を任せて成長を促す」など何か意図的な考えがあれば問題ないのですが、、

そうでなければ、悪く言うと「何も考えていない」上司かもしれません。

 

「優しいし評価も甘いし、良い上司だ!ラッキー!」と喜んでいると、特に年齢の若い社員は「仕事が適当になる」恐れがあります。

仕事に対して成長せずに、年齢を重ねてから後悔する可能性があります。

 

誰が上司になっても同じですが、、この上司の場合は特に自分で自分を律するようにしましょう。

 

優しいが評価は厳しい上司

嫌われたくないけど、育てようとする気持ちはある上司です。

 

普段は優しいのに、評価の時だけ鬼のように厳しくなる上司がいます。

きっと普段も注意したいのですが、なかなか目の前で注意ができないため、評価時にその注意をまとめてしているのだと推測します。

 

普段が優しいだけに、仕事をおざなりにしていると評価の時にとんでもない目に合うパターンがこの上司です。

 

一般的な上司はよく部下を観察しています。

「普段が優しくても、評価まで優しいとは限らない」と考えましょう。

 

怖いが評価は甘い上司

この4つのタイプの中で、ある意味一番理想の上司だと思います。

 

怖さがあるので、緊張感を保って仕事ができます。

その緊張感が自分の成長に繋がります。

その都度、注意をしてもらえれば、自分ができていないところもすぐに修正できます。

 

その上、評価が甘ければ、昇給やボーナスアップにも繋がりやすいです。

 

もちろん「怖い」の加減がありますので、やたら怒鳴ったり、威嚇してくると問題です。

適度に「怖さ」を持っているのがベストですね。

「怖い」というだけで毛嫌いするのではなく、その上司についていけば、後々自分に取ってプラスになる可能性が高いです。

 

【関連記事】

【評価される人になる】仕事ができる人の特徴

 

怖いし評価も厳しい上司

これは一番やっかいなタイプの上司です。

怖い上に評価も厳しい。

 

怒られる上に昇給やボーナスアップに繋がらないと、モチベーションは下がってしまいますよね。

 

ただ「何くそ!認めさせてやる!」と反骨心が生まれれば、大きく成長でき、チャンスでもあります。

理不尽な状況に立たされたときに、それを乗り越えることで人は大きく成長します。

 

昔はこのタイプの上司が多かったのではないでしょうか。

「一生同じ上司ということはない」と割り切って、自己成長に繋げてみてはどうでしょうか。

 

【関連記事】

上司から怒られて萎縮してしまう人へ。委縮せず気持ちが楽になる方法

 

まとめ

「優しい」・「厳しい」だけで上司を判断しない

細かく分類するともっとあらゆるタイプの上司がいますが、、

今回は「接し方と評価」の視点から4つのタイプに上司を分類しました。

 

上司の多くは「優しいし評価も甘い」「怖いし評価も厳しい」ではなく、

「優しいけど評価が厳しい」「厳しいけど評価は甘い」に当てはまると思います。

 

ここでお伝えしたいことは、

  1. 優しいから、その上司の全てが素晴らしいと考えるのは早計です。
  2. 逆に厳しいから、その上司は嫌いと考えるのも短絡的です。

 

人が育つのには、厳しい状況や環境が必要なときもあります。

 

上司が優しくプレッシャーもない中で、成長するのは逆になかなか困難です。

 

環境や状況が楽であればあるほど、流されてしまう人が大半です。

 

上司のタイプを見極めて、自己成長に繋げる

本記事を参考にして、自分の上司が「どんなタイプ」か考察してみてください。

  1. 厳しいが本当はあなたのことを考えて育てようとしてくれる上司
  2. 優しいがあなたのことは何も考えていない上司

 

上司のタイプを見極めながら仕事をしていきましょう。

 

優しい上司であれば、甘えるだけでなく自己成長のために自己管理をしなければいけません。

厳しい上司であれば、指摘されないように注意を配ることが必要です。

 

「部下は上司を選べない」という言葉があります。

大切なことは、上司のタイプを見極めてどんな上司でも自分の成長に繋げることです。

 

また20代、30代の人は「自分が上司になったらこうする」とシュミレーションしながら上司の考察するのも、自分の成長に繋がると思いますよ(^O^)

 

上司と合わない・自己成長できないと考えたとき

「上司」についてお話ししましたが、次の事項が当てはまるときは環境を変えることも考えてください。

  • どうしても上司と合わない
  • 上司からパワハラ・セクハラを受ける
  • この会社・上司の元では自分が成長できない

 

特に20代・30代はまだまだ成長できる年齢です。

嫌々会社に行っても、その会社で成長することは難しいと思います。

 

もしあなたが少しでも転職を考えたら、転職エージェントに無料登録して「転職のプロ」に相談することをおすすめします。

 

転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス
  • あなた一人では見つけきれない非公開求人の紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

自分一人ではできない部分を、転職エージェントがカバーしてくれます。

これだけでも転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかもサポートは無料です。

 

私の転職経験6回の中で、実際に利用したおすすめの転職エージェントをご紹介します。

私も転職エージェントを活用して、役職も年収も上がり、職場環境の良い職場へ転職しました。

 

<おすすめ転職サイトはこちら>

リクナビNEXT/転職サイト求人数や実績NO1。まずは登録して求人を探してみてください。

ビズリーチ/年収600万以上の方は登録しておいて、あなたに合うスカウトを待ちましょう。

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

DODA/転職サイトと転職エージェント両方のサービスが受けられる。一番のおすすめです。

パソナキャリア/長期的支援を求める人におすすめ。転職が決まるまでサポートしてくれます。

JAC Recruitment/30代以上で年収アップのハイクラス求人を求める人におすすめです。

リクルートエージェント/転職支援実績No1。多くの求人を紹介してもらいたい人におすすめ。

 

転職や転職エージェントを活用することをネガティブに捉えるのではなく、「自分の人生を好転させるための手段」と考えてみてはどうでしょうか。

 

あなたが幸せになるために「職場環境の良いホワイト企業で働きたい」と少しでも思ったら、転職エージェントに気軽に相談してみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG