これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

職場で行き過ぎた「正義」と勘違いした「正義」は迷惑である

  • 行き過ぎた正義
  • 勘違いした正義
  • 押し付けてくる正義

職場でこれらの「正義」を振りかざす人といると、迷惑に感じることがあります。

 

人によって「正義」の定義は異なります。

この「正義」の勘違いや押しつけで人間関係が悪くなることもあります。

 

以前「あなたの「当たり前」は「当たり前」じゃない!!」という記事を書きました。

関連記事

あなたの周りに自分の価値観を人に押し付ける方はいませんか? もしかしたら、あなた自身が自分の価値観を押し付けていないですか?今回は人それぞれ違う価値観について、考察をしていきます。 […]

 

この「当たり前」と同様、人それぞれ異なる「正義」について、フォーカスしてお話しします。

 

正義の定義とは

まず私の考える「正義」の定義をご紹介しますね。

「その考えや行為において、悲しんだり、嫌な思いをする人が全くいない場合」正義と言っていい

 

具体的に言うと、ヒーローもので「正義の味方」ってありますよね。

世界征服を企む悪がいて、その悪を倒すのが「正義の味方」です。

 

「悪を倒す」行為で悲しんだり、嫌な思いをする人はいるでしょうか?

(悪に家族がいて、やっつけたら「悪の家族が悲しむ」という見方はここではなしです、、)

 

一般的には「悪を倒す」ことで悲しんだり、嫌な思いをする人はいないので、これは「正義」だと考えます。

 

行き過ぎた正義

「行き過ぎた正義」=「融通が利かない」と言えます。

 

特に年配の男性に多いです。

  • 前の職場はこうだった
  • これが正しいやり方だ
  • これだと筋が通らない
  • 俺は納得できない

自分の中でこり固まった「正義」があり、それが絶対に正しいと思い込んでいる人です。

 

職場で法律や法令はもちろん守らないといけないですが、社内ルールなどで「あいまい」になっているルールはどの会社にもあります。

また時間がなくて、常識の範囲や許される範囲で「適当」にやる業務もそりゃありますよね。

 

こういうことが許せずに融通が利かず、行き過ぎた正義感で文句を言ってくる人がいます。

 

そりゃそうなんだけど、そんなに四角四面に物事を考えたら、仕事が前に進まないよ。。

こんな経験ありませんか?

「行き過ぎた正義」は仕事を前に進めなくすることがあります。

 

年配の男性に多い「老害社員」についてまとめた記事です。
関連記事

あなたの職場には「老害社員」と言われる人はいますか?この老害社員がみんなのやる気を無くしたり、何か始めようとするときに弊害になります。 基本的には年配の方は敬うのが礼儀であるとは思いますが、仕事において老害[…]

 

自分の意見を通すために正義を使う

職場における「正義あるある」をご紹介します。

 

「正義」という名のもとで、自分の意見を押し通そうとするパターンです。

  • 私の意見はみんなも同じように思っている
  • みんなが思っていることを私が代弁している

キーワードは「みんな」です。

 

自分の意見を「正義」と思い込んでいるので、自分の意見はみんなの「正義」なのです。

 

よくある例です。

「ボーナスが安い!もっとボーナス上げろ!私だけじゃない、みんなもそう言っている!」と言う人がいます。

 

まず、ここで言えることは「みんな」と言っていますが、みんながみんなそう思っているはずがありません。

せいぜい2、3人が言っていることを大袈裟に「みんな」に変換してきます。

 

「みんな」ということで、自分の意見に箔をつける効果と自分が責任を負わないため、責任を分散させるために「みんな」と表現します。

 

基本的にボーナスをたくさん貰えたら、みんな嬉しいとは思います。

ただ「今のボーナスの金額で満足している」「自分の仕事量と会社の業績を考えたらこんなもんだ」と思っている人も当然います。

 

ボーナスなど収入は二の次で、今の仕事はステップアップのための勉強として働いている人もいます。

自分がボーナスを上げて欲しいだけなのに「みんなもそう思っている」という正義の名において、意見を言うことは反則だと思います。

 

「他の人は知らん。俺がボーナスを上げて欲しいんだ!」と言うのであれば、話しはわかります。

 

「正義」を自分が意見を通すための道具に使ってはいけないです!

 

しかし、こういう人って周りにいませんか?

 

こんな人間関係に疲れたら、環境を変えることを考えてもいいかもしれませんね。

DODA/転職サイトも転職エージェントサービスも同時に利用できる。

 

勘違いした正義

勘違いした正義も困ってしまいます。

「みんなが言わないから、私が言っている!私はみんなのために言っている!」

という、勘違いした正義感です。

 

大抵の場合は、誰もその人に「言ってくれ!」とお願いしていません。

 

このような勘違いした正義が生まれる背景には次の理由が挙げられます。

  • 思い込みで暴走して勘違いしている
  • 自分の意見を通すために「みんな」を利用している

ここでもまた「自分の意見を通すため」に「みんなのため」という名目で勘違いをした正義を振りかざしています。

 

それは「みんなのため」ではなく「自分のため」にやっていることですよね。

 

みんなそんなに思っていないのに「俺が言わねば誰が言う!」という勝手な使命感で暴走したり
「自分の意見」を「みんなの意見」にすり替えてくる「勘違いした正義」も周りが困ってしまいます。

 

まとめ

「正義」の行き過ぎや間違った使い方や勘違いなど、よくある例をご紹介しました。

 

まず認識したいことが、繰り返しになりますが「正義」は人によって全く異なるということです。

 

みんなの「正義」とあなたの「正義」も違います。

また「正義」の名を借りて、意見を言うのは反則だということです。

 

あなたが思ったことなので「みんなの意見」にすり替えず「自分の意見」として発言しましょう。

 

知らず知らずのうちに「正義」というの名の元に自己中心的な発言をしていないか、円満な人間関係を築くためにも、自己チェックしていきたいですね!

 

もし人間関係に疲れたら

最後に正義を押し付ける人の対応や人間関係に疲れたら、環境を変えるのも一つの手段です。

 

「人間関係で転職するのは逃げではないか、、」と考えるかもしれません。

しかし、人間関係が悪い職場環境の会社にいれば、あなたは疲弊していくばかりです。

 

このまま「理不尽な人」と付き合い続けるのか、、

少し勇気を出して、今後の自分の人生のために転職も視野に入れてみてください。

 

もしあなたが少しでも転職を考えたら、転職エージェントに無料登録して「転職のプロ」に相談することをおすすめします。

 

転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス
  • あなた一人では見つけきれない非公開求人の紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

自分一人ではできない部分を、転職エージェントがカバーしてくれます。

これだけでも転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかもサポートは無料ですので、利用しない手はないと思います。

 

私の転職経験6回の中で、実際に利用したおすすめの転職エージェントをご紹介します。

私も転職エージェントを活用して、役職も年収も上がり、職場環境の良い職場へ転職しました。

 

<ひとまず、転職サイトに登録して様子をみたい方はこちら>

リクナビNEXT/転職サイト求人数や実績NO1。まずは登録して求人を探してみてください。

ビズリーチ/年収600万以上の方は登録だけしておいて、スカウトを待つのもおすすめです。

 

<筆者も登録したおすすめ転職エージェントはこちら>

DODA/転職サイトと転職エージェント両方のサービスが受けられる。一番のおすすめです。

パソナキャリア/長期的支援を求める人におすすめ。転職が決まるまでサポートしてくれます。

JAC Recruitment/30代以上で年収アップのハイクラス求人を求める人におすすめです。

リクルートエージェント/転職支援実績No1。多くの求人を紹介してもらいたい人におすすめ。

 

【関連記事】

【転職6回】実際使って役に立った、おすすめ転職サイトと転職エージェント

 

転職や転職エージェントを活用することをネガティブに捉えるのではなく、「自分の人生を好転させるための手段」と考えてみてはどうでしょうか。

 

「職場環境の良い会社に転職したい」と少しでも思ったら、転職エージェントに気軽に相談してみてくださいね。

 

【関連記事】

転職エージェントの賢い使い方・付き合い方をわかりやすく解説!

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG