転職を6回経験した45歳男性会社員。転職や仕事の悩みを全身全霊で解決するブログです!!

モンスター部下の特徴!管理職が自分を守るために知っておきたいこと

あなたは「モンスター部下」という言葉をご存じでしょうか。

 

今回は管理職の方に向けて「モンスター部下」の特徴をご紹介します。

 

管理職の中でも中間管理職だと、昔から上司と部下の間に挟まれ「上からも言われ、下からも言われ」というのが定番です。

上司との関係に悩むというのは、昔からもあったと思います。

 

しかし、最近は部下との関係に悩む中間管理職が急増しています。

「モンスター部下」が生まれた背景や実際に自分が遭遇した実例をご紹介します。

 

モンスター部下が生まれた背景

モンスター部下が生まれた背景は、今では誰もが知ってる「パワハラ」という言葉が大きく関係していると考えます。

私が新卒の頃の20年前にはなかった言葉です。

 

最近はこの「パワハラ」という言葉に会社も上司も非常に敏感になっています。

「メンタルヘルス」いわゆる「心の健康」という言葉も広がり、管理職が部下の心のケアをする時代になってきました。

 

部下にストレスをかけないために、パワハラにならないために部下に対して「強くものが言えない」時代です。

その上、人手不足によりの会社や部署も多いことが現実です。

 

「何か嫌なことがあったら、すぐ辞めてやる!」と考えている人が昔に比べて多くなりました。

 

管理職から見ると、辞めてもらうとますます人手不足になりますし、自分の管理能力も問われます。

 

これはもうマイナスしかありません。

 

そうなると部下に対して自然に物腰が柔らかく、物わかりの良い上司になってしまうのは必然です。

そういう背景を逆手に取り、平気で上司をバカにしたり、逆パワハラ的なことをするのがモンスター部下です。

 

一言で言うと、、

「会社も上司も世間もナメてる」部下です

関連記事

あなたの周りに極端な思考や行動をする人はいませんか? 今回はそんな「極端な性格の人の特徴」についてご紹介します。正直、極端は危険です。。 あなた自身も極端な思考や行動になっていない[…]

 

モンスター部下の特徴!管理職が自分を守るために知っておきたいこと

モンスター部下に一般論は通用しない

管理職が部下への接し方として、一般的なビジネス書に書かれていることは次の通りです。

  • 毅然とした態度を取りなさい
  • 愛情を持って部下と接しなさい
  • 率先垂範で背中で引っ張りなさい

 

また、次のようなことも書かれていますね。

  • 部下とコミニュケーションを取りなさい
  • 部下を褒めなさい
  • 自分が間違っていたら、すぐ謝りなさい

これら言葉が「上司の心構え」みたいなビジネス書には書かれています。

 

言ってることは「ごもっとも」です。

 

多くの部下との関係はこれらを実行すれば、良好な関係が得られると思います。

今回題材にしているのは、一般的に「困った部下だな」「なかなか言うこと聞かないな」のレベルの部下の話しではなく「モンスター部下」です

 

一切、このような常識が通じないのがモンスター部下です。

 

私の経験をこれからお話しします。

上司からのパワハラ的な叱責より、部下からの逆パワハラ的な叱責の方が何倍も精神的にやられます。

関連記事

中間管理職は抱える仕事も多く、上司と部下との板挟みによる悩みもあります。大きなストレスを感じている方も多いと思います。 最悪の場合はうつ病を発症して、会社を休職することになった中間管理職の方もいます。[…]

 

モンスター部下は言い方が失礼

モンスター部下の特徴として「ものの言い方」がとても失礼です。

 

例えば、指示を間違えたとすると「なんで、そんなところ間違えるの!?」みたいな返してきます。

また、指示したことの重箱の隅を突くように、少しでも曖昧な点を感情的に言い返してきます。

 

とにかく言い方が失礼です。

人をバカにしたような言い方なので、その言い方に腹が立ってしまいます。

 

年上の上司からバカにしたような言い方をされても、腹は立ちますが「目上の人だからしょうがない・・・」という意識が働きます。

 

年下で社歴も浅い部下からバカにしたような言い方をされると、やはり腹が立ちます。

(「上司なんだから敬えよ」という上から目線で言いたいのではなく、ものには言い方があるだろう・・・ということです)

 

パワハラになってはいけないので、怒りたい気持ちをぐっと堪え「そういうものの言い方はいけない」と指導します。

モンスター部下なので、当然、指導したところで直らないですし、逆ギレするか、ふてくされるかのどちらです。

 

1人でふてくされるならまだしも「自分は悪くない」とまわりに言ってまわる始末、、手に負えないです。

 

モンスター部下は勘違いやミスを他人のせいにする

モンスター部下は不思議なぐらい「自分は悪くない」という気持ちが大前提としてあります。

自分の勘違いやミスをどうにかして「指示の仕方が悪い」「私はあの人からそう聞いた」などと言い訳をして、何とかして上司や周りに責任をなすりつけようとしてきます。

 

周りから見ると「その言い訳は苦しい、、」と思うのですが、そんなことは関係ないのです。

とにかく「自分は悪くない」ことが大前提なので、言い訳の理論が破綻していても、上司や周りのせいにしてきます。

 

モンスター部下は本当に困ったら泣きついてくる

モンスター部下は困ったら泣きついてくる

自分がトラブルや問題を起こして、周りのせいにもできなくなるとモンスター部下は次の手を打ってきます。

これまでしてきたことはまるでなかったような振る舞いで、上司に泣きついて解決を求めてくるのです。

 

しかも、ただ泣きつくだけならまだしも「上司なんだから、部下のトラブルは解決して当たり前だろ」と言わんばかりに、この時だけ「部下」の顔になります。

 

そして、なぜか上から目線で泣きついてきます。

 

その変わり身の早さと「どの口が言っているの!?」という身勝手さには、呆れるのを通り越して、どのような表現をしていいかわからなくなります。

 

これまでご紹介した内容は実際にいた私の部下の話しです。

 

怖いですね( ;∀;)

恐ろしいですね( ;∀;)

 

管理職(上司)としてモンスター部下を持ってしまうと、気持ちを強く持たないと本当に精神的にやられてしまいます。

関連記事

部下が仕事をしない 部下が仕事に対するやる気がない 部下が思ったように動いてくれない こんな悩みを持っていませんか? 上司にとって「部下が思ったよう[…]

 

もしモンスター部下の攻撃にどうしても耐えられない場合は、環境を変えることも考えてください。

 

「部下のことで転職するなんて逃げだ、、」と自分を責めないでくださいね。

 

繰り返しますが、モンスター部下に常識は通じず徹底的に攻めてきます。

身体と心が壊れる前に、自分の身を守ることが優先して考えてください。

 

優しいあなたに罪があるわけではありません。

勇気を持って「自分の人生」のために次の道に進むのも一つの手ですよ。

 

もし転職を考えたら、自分の性格や「強み・弱み」を理解すると、より後悔しない転職ができますよ!(^^)!

 

自分自身で強みを見つけるのはなかなか難しいので、客観的に強みを知りたいという方は、リクナビが提供している「グッドポイント診断」を使って自己分析をしてみましょう。

リクナビNEXT
5

グッドポイント診断は「30分間・293問」の本格的な診断を行います。
診断を受けると、18種類の資質からあなたの強みを知ることができます。
診断後はトップページの「各種設定」から簡単に退会できますので、転職予定がない方も安心して利用してください。

 

客観的に自分のことがわかって面白いですよ。

 

「ヘッドハンターや直接企業から話しを聞きたい」と思われたらビズリーチに登録して、あなたに合うスカウトを待ってみてはどうでしょうか。

ビズリーチ
5

会員数52万人以上、ヘッドハンター1,300名以上、採用企業社数3,700社以上。
職務経歴書を登録すると、ヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が職務経歴書を見て直接スカウトします。
会員制ならではの、普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多数。
採用企業が直接求職者にスカウトを送る事もできる為ミスマッチが少なく、私も40代で2回ビズリーチ経由で転職しました。

 

さらに転職成功の為には、転職エージェントを活用すると効果的ですよ。

転職エージェントを活用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方サポート
  • 非公開の特別な求人紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

転職において自分一人ではできない部分を、転職エージェントがサポートしてくれます。

これだけでも希望の転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかも登録は無料で簡単です。

 

私の転職6回の中で、役に立った厳選おすすめ転職サイトと転職エージェントです。

<おすすめ転職サイトはこちら>

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

 

世の中にはあなたに合う会社がきっとあります!


転職をネガティブに捉えるのではなく「自分の身体と心を守るための手段」と考えてみてはどうでしょうか。

「職場環境の良い会社で働きたい」と思ったら、登録は無料で損をすることはないので、気軽に相談してみてくださいね。

関連記事

私はこれまで転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを使ってきました。その経験から、転職サイトと転職エージェントを上手に活用することが、転職を成功させる近道になると実感しています。 しかし、ど[…]

 

まとめ

結局は行きつくところは、その人の「人間性」の問題になります。

やはりモンスター部下は上司からだけでなく、同僚からも嫌われています。

 

モンスター部下の特徴を次にまとめます。

  1. 常識や一般論は通じない
  2. ものの言い方がとても失礼
  3. とにかく他人や周りのせいにしてくる
  4. 本当に困ったら手のひらを返して泣きついてくる

 

本当にやっかいですが、上司としては無視して付き合わないという訳にもいきません。

「ここまでひどい部下は持ったことがない!」というあなたも、今の時代いつモンスター部下の上司になるかわかりません。

 

モンスター部下の攻撃に悩んだら、転職エージェントを活用して転職することも考えてみてくださいね。

<おすすめ転職サイトはこちら>

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

 

どこに登録するか迷ってしまう方は「DODA」が私の経験では一番おすすめです。

 

自分が心穏やかに仕事をするためにも、転職という選択も視野に入れて行動していきましょうね。

 

ただ転職エージェントに登録したからと言って、ムリに転職する必要はありませんよ。

相談してから転職するか、現職に留まるか判断すれば良いと思います。

 

あなたにはいくらでも選択肢があることを忘れないでくださいね!

 

関連記事

私はこれまで転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを利用してきました。転職サイトと転職エージェントを上手に活用することが転職を成功させる近道になります。 しかし、初心者はどの「転職サイト」と[…]

関連記事

私はこれまで転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを利用してきました。転職サイトと転職エージェントを上手に利用することが転職を成功させる近道になります。 しかし、初心者はどの「転職サイト」と[…]

関連記事

私はこれまで転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを活用してきました。 転職サイトと転職エージェントを上手に活用することが、転職を成功させる近道です。 しか[…]

 

次回はさらに掘り下げて、そんなモンスター部下の対処方法についてご紹介します!

関連記事

あなたは「モンスター部下」という言葉をご存じでしょうか。管理職の方に向けて「モンスター部下」の対処法をご紹介します。 次の記事も合わせてご覧ください。モンスター部下が生まれる背景と私が経験した実例を[…]

関連記事

あなたは「モンスター部下」という言葉をご存じでしょうか。 本記事以外にもモンスター部下の特徴と対処法をご紹介しました。先に次の2つの記事をご覧ください。[sitecard subtitle=関連記事[…]

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策をしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用してください。

CTR IMG