これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

管理職が知っておきたいモンスター部下の特徴と対応方法【第1弾】

あなたは「モンスター部下」という言葉をご存じでしょうか。

 

今回は管理職の方に向けて「モンスター部下」の特徴と対応方法についてお送りする【第1弾】です。

 

管理職の中でも中間管理職だと、昔から上司と部下の間に挟まれ「上からも言われ、下からも言われ」というのが定番です。

上司との関係に悩むというのは、昔からもあったのではないかと思います。

 

ただ、最近は部下との関係に悩むケースが急増しています。

今回は「モンスター部下」が生まれた背景や実際に自分が遭遇した実例をご紹介します。

管理職が知っておきたいモンスター部下の特徴

モンスター部下が生まれた背景

モンスター部下が生まれた背景は、今では誰もが知ってる「パワハラ」という言葉が大きく関係していると考えます。

私が新卒の頃の20年前にはなかった言葉です。

 

最近はこの「パワハラ」という言葉に会社も上司も非常に敏感になっています。

「メンタルヘルス」いわゆる「心の健康」という言葉も広がり、管理職が部下の心のケアをする時代になってきました。

 

部下にストレスをかけないために、パワハラにならないために部下に対して「強くものが言えない」時代です。

その上、人手不足によりの会社や部署も多いことが現実です。

 

「何か嫌なことがあったら、すぐ辞めてやる!」と考えている人が昔に比べて多いと思います。

管理職から見ると、辞めてもらうとますます人手不足になりますし、自分の管理能力も問われます。

 

これはもうマイナスしかありません。

 

そうなると部下に対して自然に物腰が柔らかく、物わかりの良い上司になってしまうのは必然だと思います。

そういう背景を逆手に取り、平気で上司をバカにしたり、逆パワハラ的なことをするのがモンスター部下です。

 

一言で言うと、、

「会社も上司も世間もナメてる」部下です

モンスター部下に一般論は通用しない

管理職が部下に対しての接し方として、ビジネス書に一般的に書かれていることは、

  • 毅然とした態度を取りなさい
  • 愛情を持って部下と接しなさい
  • 率先垂範で背中で引っ張りなさい

 

また、下記のようなことも書かれています、、

  • 部下とコミニュケーションを取りなさい
  • 部下を褒めなさい
  • 自分が間違っていたら、すぐ謝りなさい

このような言葉が「上司の心構え」みたいなビジネス書には書かれています。

 

これらの言ってることは「ごもっとも」です。

 

多くの部下との関係はこれらを実行すれば、良好な関係が得られると思います。

 

今回題材にしているのは、一般的に「困った部下だな」「なかなか言うこと聞かないな」のレベルの部下の話しではなく「モンスター部下」についてになります。

 

一切、このような常識的なことが通じないのがモンスター部下です。

私の経験をこれからお話ししますが、上司からのパワハラ的な叱責より、部下からの逆パワハラ的な叱責の方が何倍も精神的にやられます。

モンスター部下の実例

モンスター部下の特徴として「ものの言い方」がとても失礼です。

 

例えば、指示を間違えたとすると「なんで、そんなところ間違えるの!?」みたいな返してきます。

また、指示したことの重箱の隅を突くように、少しでも曖昧な点を感情的に言い返してきます。

 

とにかく言い方が失礼です。

人をバカにしたような言い方なので、その言い方に腹が立ってしまいます。

 

年上の上司からバカにしたような言い方をされても、腹は立ちますが「目上の人だからしょうがない・・・」という意識が働きます。

 

年下で社歴も浅い部下からバカにしたような言い方をされると、やはり腹が立ちます。

(「上司なんだから敬えよ」という上から目線で言いたいのではなく、ものには言い方があるだろう・・・ということです)

 

パワハラになってはいけないので、怒りたい気持ちをぐっと堪え、「そういうものの言い方はいけない」と指導します。

モンスター部下なので、当然、指導したところで直らないですし、逆ギレするか、ふてくされるかのどちらです。

 

1人でふてくされるならまだしも「自分は悪くない」とまわりに言ってまわる始末、、手に負えないです。

モンスター部下は勘違いやミスを他人のせいにする

モンスター部下は不思議なぐらい「自分は悪くない」という気持ちが大前提としてあります。

自分の勘違いやミスをどうにかして「指示の仕方が悪い」「私はあの人からそう聞いた」などと言い訳をして、何とかして上司や周りに責任をなすりつけようとしてきます。

 

周りから見ると「その言い訳は苦しい、、」と思うのですが、そんなことは関係ないのです。

 

とにかく「自分は悪くない」ことが大前提なので、言い訳の理論が破綻していても、上司や周りのせいにしてきます。

モンスター部下は本当に困ったら泣きついてくる

自分がトラブルや問題を起こして、周りのせいにもできなくなると、これまでしてきたことはまるでなかったような振る舞いで、上司に泣きついて解決を求めてきます。

 

しかも、ただ泣きつくだけならまだしも「上司なんだから、部下のトラブルは解決して当たり前だろ」と言わんばかりに、この時だけ「部下」の顔になります。

そして、なぜか上から目線で泣きついてきます。

 

その身代わりの早さと「どの口が言っているの!?」という身勝手さには、呆れるのを通り越して、どのような表現をしていいかわからなくなります。

 

いかがでしょうか??

これは実際にいた私の部下の話しです。

 

怖いですね。

恐ろしいですね。

 

管理職(上司)としてモンスター部下を持ってしまうと、気持ちを強く持たないと本当に精神的にやられてしまいます。

まとめ

結局は行きつくところは、その人の「人間性」の問題になります。

やはりモンスター部下は上司からだけでなく、同僚からも嫌われています。

 

しかし、上司としては、無視して付き合わないという訳にもいきません。

「ここまでひどい部下は持ったことがない!」というあなたも、今の時代いつモンスター部下の上司になるかわかりません。

 

次回はさらに掘り下げて、そんなモンスター部下の対処方法についてご紹介したいと思います。

 

  • 「モンスター部下」への対応は精神的に辛いものです。
  • もしあなたが本当に辛い思いをしているのであれば、転職も視野に入れてみてはどうでしょうか。
  • 自分の身体が一番大切です。転職エージェントに今後の進路を相談するだけでも気持ちが楽になります。
DODA
5

転職サイトはdoda

dodaの専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介や、転職活動のサポートをさせていただくサービス。
非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介。専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートします。

パソナキャリア
5

パソナキャリア

各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度からキャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランについて一緒に考えていきます。
パソナグループとしての幅広いネットワークも当社の特徴。
業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人の中から、あなたのキャリアプランを実現する求人をご紹介。

リクルートキャリア
5

リクルートエージェント

転職支援実績は累計41万1,000名以上
・各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが、求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介。
・職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポートします。

ネオキャリア
4

第二新卒エージェントneo

正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々。
・公務員試験からの民間企業就職への切り替え、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、キャリアアップの転職など幅広い経歴の方を完全無料でサポート。
・豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがあなたの将来像や希望、適正を踏まえて求人をご紹介。

JAC Recruitment
5

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)は管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェント。
・企業を熟知したプロが、無料であなたを“内定”までサポート! あらゆる業種・職種の求人を完全無料でご紹介!
・非公開求人50% スピーディーなレスポンス・ハイレベルのサービス。

 

本記事の続きになります。

モンスター部下ついての記事【第2弾】と【第3弾】もご覧ください!(^^)!

関連記事

「管理職が知っておきたいモンスター部下の特徴と対応方法」について【第2弾】になります。 【第1弾】の記事も合わせてご覧ください。モンスター部下が生まれる背景と私が経験した実例をご紹介しています。[s[…]

関連記事

管理職が知っておきたいモンスター部下の特徴と対応方法の【第3弾】です。 過去の「管理職が知っておきたいモンスター部下の特徴と対応方法」【第1弾】と【第2弾】も合わせてご覧下さい。[sitecard subt[…]

 

最新情報をチェックしよう!