これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

転職活動は在職中か退職後、結局どちらが良いのか答えを出します

  • 2021年1月29日
  • 2021年1月29日
  • 転職
  • 99view

あなたは転職活動は「在職中に始める」「退職後に始める」どちらが正解だと思われますか?

実際にどちらが良いのか迷われている方も多いと思います。

 

私は5回転職を経験しました。

その経験から「転職活動は在職中か退職後、結局どちらが良いのか」ズバリ、この記事で答えを出します。

 

記事を読み終わると、あなたは「転職活動は在職中か退職後か」答えがわかり、スッキリして転職活動を始めることができます。

 

転職活動は在職中か退職後、結局どちらが良いのか答えを出します

転職活動は在職中に始めるのが正解

結論からお伝えしますが、転職活動は「在職中に始める」一択です!

これはかなり自信を持って言えます。

 

私も5回の転職全て在職中に転職活動を始めて、次の転職先を決めてから退職しました。

 

逆に言うと、退職後の転職活動のメリットが見つかりません。。

 

極端かもしれませんが、

退職してからの転職活動は「百害あって一利なし」とまで言い切ります。

 

転職活動を在職中に始めるメリット

在職中は「収入がある」という心の余裕が大きい

何年か無職でも生活できる貯金があれば別ですが、そうでなければ「収入がある」という心の余裕は本当に大きいです。

 

在職中はどんな状況でも収入があります。

この当たり前の事実が重要です。

 

「退職後は失業手当を貰えるじゃないか」と思われるかもしれません。

しかし、在職中の収入に比べると貰える金額は下がりますし、自己都合退職はすぐに失業手当を貰えるわけではありません。

 

心に余裕を持つためにやはり「お金」は大切です。

 

在職中は妥協しない転職活動ができる

「在職中で収入がある」という心の余裕が手伝って、自分が納得できるまで転職活動をすることができます。

 

退職後に転職活動を始めると、次の転職先が決まらない空白期間が長くなるほど、転職活動に不利に働きます。

採用する企業側としても「こんなに無職期間があるのは何か理由があるのか?」と勘ぐってきます。

 

本人も焦りから「賃金や待遇面で妥協して、転職をしてしまい大変後悔している」というのはよく聞く話しです。

 

自分が納得できる転職をするためには、やはり在職中に転職活動を始めるべきです。

 

転職活動をしている=転職決定ではない

転職活動は在職中か退職後、結局どちらが良いのか答えを出します

 
ここがキーポイントです。

転職活動を在職中に行う、最大の理由です。

 

転職活動をするということは現職を「退職」したい理由があるからです。

当たり前ですが、これを大前提に考えて下さい。

 

しかし、転職活動をする中で「退職しようと思っていた原因」が意図せずに消滅することがあります。

  • 人間関係で退職しようと思ったら、人事異動になって嫌いな人と会わなくなった
  • 給料が安いので退職しようと思ったら、出世して給料が上がった
  • パワハラをする上司が嫌で退職しようと思ったら、その上司が先に退職をした

 

「あれ!?これだったら、退職せずに済みそうだな」と思った時に、退職していたら当然後戻りはできませんよね。

在職中であれば、何食わぬ顔で転職活動を終了させれば良いだけのは話しです。

 

未来のことは誰にもわからないので、どう転んでも良いようにリスクヘッジすることが重要です。

 

また、これもよくある話しですが、

転職活動をしていると「現職の方が恵まれてるな」と感じることがあります。

外を見て、初めて中の良さがわかるというやつです。

どうしても人は「隣の芝生が青く見える」ものです。

 

転職活動をすることで、現職を第三者の客観的な視線で見ることができます。

在職中に転職活動をすることで、現職と転職先を様々な角度から天秤にかけることができます。

 

現職と転職先、両方をじっくり吟味しながら選ぶことができます。

片方(転職先)が決まっていないのに、片方(現職)を切って退職してしまうと、比較材料自体がなくなります。

 

そうなると片方(転職先)に行くしか選択肢がなくなります。

人生何が起こるかわかりません。

どう転んでもいいように在職中に転職活動を始めて、現職と転職先をしっかり比較しましょう。

 

履歴書の空白期間が生まれない

在職中に転職先を決めて、退職後すぐに転職先に入社する。

こうすれば履歴書に「何もしていない」空白期間が生まれません。

 

退職後に転職先を決めると、前職と転職先の間に空白期間が生まれます。

 

転職活動をする限り、面接でずっとこの「空白期間の理由」を聞かれ続けます。

何回も転職活動する前提で話しをするとおかしいかもしれませんが、、空白期間の理由を聞かれるのは事実です。

 

この空白期間は、よっぽど相手を納得させる理由があれば別ですが、そうでなければ、マイナスポイントにしかなりません。

転職活動は在職中に始めて、退職後の空白期間を作らないようにしましょう。

 

合わせて、次の記事も参考にして下さい。

関連記事

一般的に40代の転職は難しいと言われています。その為、40代でブラック企業で働いていても「会社にしがみつくしかない」と思っている方も多いのではないでしょうか。 私は40歳を超えて2回転職しました[…]

 

まとめ

最終的に何度も言いますが、、

在職中に転職活動を行う!

 

この一択でお願いします!!

 

退職をせざる得ない状況になったとしても、必ず次の転職先を決めて退職して下さい。

その時は精神的に苦しいかもしれませんが、何とか踏ん張って、次の転職先を見つけて下さい。

 

どうせ「退職するんだから」という軽い気持ちで在職中に転職活動をしましょう。

 

また、転職活動をしたからといって、必ず「転職しなければいけない」ということはありません。

 

転職活動をする中で、現職の良さや恵まれている点も見えてくるかもしれません。

それだけでも転職活動をした価値があります。

 

現職と転職先を比較するためにも、転職活動は在職中に行いましょう。

そこから現職にとどまるか、転職するかを考えていきましょうね!(^^)!

 

在職中の転職活動方法について、まとめた記事も参考にして下さい。

関連記事

転職活動を在職中に始めたときに、いくつか抑えておきたいポイントがあります。また、在職中は会社にバレないように転職活動を進めていきたいですよね。 本サイト「転職ミチシルベ」では「在職中」に転職活動を始めること[…]

 

在職中の転職活動におすすめの転職エージェント

在職中の転職活動でネックになるのは「時間がない」ことです。

働きながら求人を探したり、面接日程を調整するのは大変な労力です。

 

在職中の転職活動を成功させるために転職エージェントのサポートを受けることをおすすめします。

あなたに合う求人紹介や面接日程の調整など、一人では難しい部分をカバーしてくれます。

 

登録は無料ですし、転職に関する相談も乗ってくれるので損をすることはありません。

 

転職エージェントは複数登録して自分に合う転職エージェントを見つけるのが最善策です。

しかし最初に「どの転職エージェントに登録していいかわからない」と迷ったら「DODA」の登録をおすすめします。

 

「DODA」は転職サイトと転職エージェントのサービスが両方受けられます。

転職サイトで自分の好きな求人を見つけ、転職エージェントに内定までのサポートを受けることがベストの転職方法です。

 

【DODA】

doda

DODAは求人数の量も質も非常にバランスの取れた転職エージェントです。

20代~50代まで幅広い年齢層で、様々な業界や職種にも対応してくれるので、初心者の方に特におすすめです。

 

私も一番頼りにした転職エージェントです。

転職を考えたら、まずは転職エージェントのDODAに登録すれば間違いないです。

 

次の5社も大手で信用できる転職エージェントです。

「DODA」登録後に複数登録して、自分に合う転職エージェントを見つけることをおすすめします。

 

  • リクルートエージェント/転職支援実績・求人数No1

⇒リクルートエージェント

  • パソナ/長期的な支援を求める人におすすめ

⇒パソナキャリア

  • ジェイエイシーリクルートメント/30代以上で年収アップのハイクラス求人を求める人におすすめ

⇒JAC Recruitment

  • ネオキャリア/20代・第二新卒の人におすすめ

⇒ネオキャリア

  • マイナビエージェント/関東地域で中小企業の求人に強い

⇒マイナビエージェント

最新情報をチェックしよう!
>転職を成功させるために転職エージェントを上手に活用しよう!

転職を成功させるために転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。

CTR IMG