これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

職場の人間関係がうまくいかない人は圧倒的に想像力が足りない

職場の人間関係で悩むことはありませんか?

誰でも大なり小なり、職場の人間関係で悩むことはあると思います。

 

私は職場の人間関係がうまくいかない人は「想像力が足りない」のではないかと思います。

 

これからご紹介するケースが少しでも自分に当てはまると思ったら、少し想像力を働かせるようにしてみてください。

また周りに当てはまる人がいたら、優しく注意してあげてくださいね。

 

「想像力」を働かせることが、職場での人間関係がうまくいく最大のコツです!

 

記事を読み終えると、あなたの職場の人間関係は少しずつ改善に向かうはずです。

ぜひ最後までご覧下さい。

 

職場の人間関係がうまくいかない人は圧倒的に想像力が足りない

「想像力が足りない」と一口で言っても、様々な「想像力が足りない」パターンがあります。

 

これからパターンに毎にご紹介します。

相手がどう思うか想像できない

  • これを言ったら相手が怒る
  • これを言ったら相手に失礼
  • これを言ったら相手が傷つく

自分が発した言葉に対して「相手がどう思うか」が想像できません。

 

普通はこれを言ったら相手が「怒るだろうな」「失礼だろうな」「傷つくだろうな」と言葉を発する前に想像します。

 

そこで想像した結果、その言葉を発するのを「やめよう」となるわけです。

 

しかし、想像力が足りない人は「相手がどう思うか」か想像できません。

「言ってはいけない言葉」を言ってしまうので、人間関係がうまくいきません。

 

言い方が悪い

  • 自分はこう思う
  • 自分の言いたいことは言わせてもらう
  • 自分が言うことは正論だ

「自分の意見は伝えないといけない」「思ったことは口に出す」一見正しいことのように思えます。

 

ここで大切なことは、言いたいことを言ってもいいですが

「言い方が何でもいい」わけではないということです。

「そんな言い方しなくてもいいじゃん!!」ということです( ゚Д゚)

 

人間関係がうまくいかない人は「言い方が悪い」場合が多いです。 

 

いくら正しいことを言ったとしても「言い方が悪い」と相手は素直に受け取ることができなくなります。

 

人間関係がうまくいなかない原因として「言葉の言い方」でお互いが不信感や嫌悪感を持って、こじれていく場合が多々あります。

 

自分の気持ちを相手に伝えることは大切です。

しかし、相手が怒ったり、気分を害さないように「言い方に気を付ける」ことは人間関係の最低限のマナーです。

 

「この言い方で相手が怒らないかな?」と想像できない人も人間関係がうまくいきません。

 

自分の気持ちが優先

とにかく自分ファーストで自分の言いたいことを「ガーッ」と伝えるだけ伝えて、勝手にスッキリする人もいます。

 

相手の話しを聞かないのはもちろん、相手の気持ちは考えません。

  • 私はこう思う
  • 私はこう思った
  • 私はこう感じた

「自分がどう思ったか」が一番大切で「相手がどう思ったか」が欠落しているので、これまた人間関係がうまくいきません。

 

本人は「言いたいことを言って」スッキリするかもしれませんが、周りは本当に迷惑ですよね。

 

感情的になると手がつけられない

いわゆる「ヒステリー」というものです。

感情的になると、相手の気持ちなど考えずに「言ってはいけない」言葉で罵倒を始めます。

 

考えるより先に言葉が出てしまう人です。

 

自分で自分の感情がコントロールできません。

上司であれば「パワハラ上司」部下であれば「モンスター部下」になりやすいタイプの人です。

 

「ここで感情的に怒鳴ったら、この後どうなる?」という想像ができないのです。

子供ならまだしも、大人でも感情のコントロールができない人がいます。

 

想像力が足りない人への対処法

間をおかずに注意する

「失礼な発言」や「言い方が悪い」と思ったら、間をおかずにその場で注意してあげましょう。

 

後から言っても、本人も覚えていないかもしれませんし「そんなことは言ってない」と「言った・言わない」の話しになると、もう解決しません。

 

やはり、その場その場で「その言い方は失礼だよ!」注意してあげるのがベストです。

 

考えさせる・想像させる

先程の「間をおかずに注意する」にプラスして「その発言はなぜ失礼なのか」を考えさせることができたらいいですね。

 

自分では失礼だと思っておらず「なぜ失礼なのかわからない」だけかもしれません。

 

「相手の立場に立って考えること・想像すること」を子供の内からやっていないので、大人になって訓練するしかありません。

 

感情を落ち着かせる

すぐ感情的になる場合、よく「一呼吸おいて話すと良い」と言われますよね。

  • すぐ言葉を発するのではなく、一呼吸おいて話す
  • 感情的になりそうだなと思ったら、時間をおいて話す

 

少し感情が落ち着くことで「これを言ったらダメだな」と想像できるようになります。

「一呼吸おく」「時間をおく」ことはとても効果的です。

 

一番の解決策は「感情的にならないようにする」ことです。

しかし「感情的になる」のを直すのが難しければ「感情的になった後どうするか」を考えた方が現実的だと思います。

 

職場の人間関係がうまくいくコツは「相手がどう思ったか」が重要

  • そんなつもりはなかった
  • そういう意味ではなかった
  • そんなことは言っていない

人間関係がうまくいかず仲裁に入ったときに、お互いからよく聞く言葉です。

 

人間関係がうまくいかない人が、間違えてはいけない重要なことがあります。

「そんなつもりはない」というあなたの思いが大切なのではなく、相手がどのように受け取ったのかが重要なのです。

 

言葉が悪くなりますが、、

あなたがどう思ったか、そんなことは重要じゃない。相手がどう受け取ったかが重要なんだ!

 

この考えができない人が、いつも人間関係でつまづきます。

 

自分に悪気や意図があろうがなかろうが、相手に「悪気がある」と取られたら、もうアウトなんです( ゚Д゚)

この事実に気が付かない人が、人間関係をこじらせます。

 

そんなつもりで言った言葉ではなくても、相手が怒ったり傷ついたのあれば、素直に「ごめんなさい」と言える人になりたいですね。

 

まとめ

「自分がどう思うか」より「相手がどう思うか」を想像できれば、人間関係でつまづくことが少なくなるのではないでしょうか。

 

私の経験上になりますが、人間関係がこじれて仲裁に入ると、大体いつも同じパターンです。

  • そんなつもりはなかった
  • 良かれと思って言った
  • 悪気はなかった
  • 自分はこうだと思った

 

両方に問題がある場合もありますし、片方が極端に悪い場合もあります。

 

しかし、人間関係がうまくいかない人は「自分本位で相手の気持ちが想像できない」ことは共通して言えることです。

 

子供の時に、幼稚園や学校で「相手の立場になって考えよう」と習いましたよね!(^^)!

 

自分が言われて嫌なことは相手にも言わない

自分がしてもらって嬉しいことを相手にもする

基本的なことができるようになれば、人間関係もうまくいくのだと思います。

 

当たり前と言えば、当たり前ですが、、これがなかなかできないのが人間ですよね。

 

人間関係がうまくいかないと感じたら「自分がどう思ったか」ではなく「相手がどう思ったか」を想像してみてください。

そこからあなたがするべき行動がみえてくるはずです!(^^)!

 

※合わせて「人間関係」に関する記事をご覧ください。

関連記事

誰でも褒められると嬉しいですよね。 仕事や家庭においても、褒められると嬉しくて「やる気が出る」のが人間です。一般的に日本人は褒めるのが上手ではないと言われています。 そこで、今回は[…]

 

どうしても職場での人間関係がうまくいかないとき

ご紹介したことを実践しても、職場での人間関係がどうしてもうまくいかなくて困っている。

  • パワハラをしてくる上司
  • 足を引っ張る同僚
  • 言うことを聞かないモンスター部下

 

悲しいことですが、会社の環境が悪ければ人間関係も悪くなってしまいます。

あなたが人間関係を改善するために、できる限りの行動をしてもダメだった時は環境を変えることをおすすめします。

 

「人間関係で転職するのは逃げではないか、、」と考えるかもしれません。

しかし、その会社で働き続けても、あなたは疲弊していくばかりではないでしょうか。

 

劣悪な職場環境であれば、思い切って転職するべきです。

 

転職する場合は転職エージェントのサポートを受けることをおすすめします。

転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  • あなたが不利にならないような「退職理由」を考えてくれる
  • 職務経歴書の書き方から面接対策のアドバイスがもらえる
  • あなた一人では見つけきれない非公開求人の紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介

 

転職エージェントは、転職に関する全てのサポートをしてくれます。

 

転職エージェントは複数登録して、自分に合う転職エージェントを見つけるのが最善策です。

しかし最初に「どの転職エージェントに登録していいかわからない」と迷ったら「DODA」の登録をおすすめします。

 

私も5回の転職の中で最も頼りにした転職エージェントです。

 

「DODA」は転職サイトと転職エージェントのサービスが両方受けられます。

転職サイトで自分の好きな求人を見つけ、転職エージェントに内定までのサポートを受けることがベストの転職方法です。

転職サイトはdoda

 

次の5社も大手で信用できる転職エージェントです。

「DODA」登録後に、自分に合う転職エージェントを見つけてみて下さい。

 

  • リクルートエージェント/転職支援実績・求人数No1

⇒リクルートエージェント

  • パソナ/長期的な支援を求める人におすすめ

⇒パソナキャリア

  • ジェイエイシーリクルートメント/30代以上で年収アップのハイクラス求人を求める人におすすめ

⇒JAC Recruitment

  • ネオキャリア/20代・第二新卒の人におすすめ

⇒ネオキャリア

  • マイナビエージェント/関東地域で中小企業の求人に強い

⇒マイナビエージェント

 

転職をネガティブに捉えるのではなく「自分の人生を幸せにするための手段」として捉えてみてはどうでしょうか。

 

まずは気軽に転職エージェントに相談してみて下さい。
最新情報をチェックしよう!
>転職を成功させるために転職エージェントを上手に活用しよう!

転職を成功させるために転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。

CTR IMG