転職を6回経験した45歳男性会社員。転職や仕事の悩みを全身全霊で解決するブログです!!

職場をダメにする社内評論家はいらない。実行力のある人間になるためには

あなたの職場には「社内評論家」として呼ばれる人はいますか?

 

入社して何十年も経つ、高齢の男性によく見られる「社内評論家」について考察します。

もし、これからご紹介する「社内評論家」の特徴に自分が当てはまるところがあれば、直していくようにしましょう。

 

周りから「働かない口だけのオジサン」と思われているかもしれません。。

ぜひ最後までご覧ください。

 

私が社内評論家にならないと誓った理由

まず、私が社内評論家に「絶対になりたくない」と思うきっかけになった話しをします。

 

現在44歳ですが、20代後半の時に部下が3人いました。

当時は営業をしており、部下3人の営業成績が悪かったことがありました。

 

自分の上司に「週報」という形で、部下の状況を報告書として提出をしていたのですが、私はその週報にこのように書きました。

  • A君は、こうこう、このような理由で、営業成績が上がりません
  • B君は、ここがこのようにできていないので、営業成績が上がりません

営業成績が上がらない理由をつらつらと書いて週報を提出していました。

 

それから上司からその週報に対する返答があったのですが、その返答を見て衝撃を受けました。

  • 営業成績が上がらない理由はよくわかった。
  • そこまで分析できているのであれば、それは正しいのだろう。
  • では聞くが、そこまで分析ができていて何故、営業成績が上がらない?

 

ガーン!!

ショックと恥ずかしさで、後頭部を殴られたようでした。

 

そうなんです。

ただ「営業成績が上がらない」分析だけをして、偉そうに「俺は悪くない」みたいな週報を書いていたのです。

「自分はただの評論家になって分析しているだけで、何も実行していないじゃないか!」と強く思いました。

 

そこから「評論家になるのだけは辞めよう。カッコ悪すぎる。手を動かし汗をかいて、実行しよう。口だけの人間にはならないぞ!」と決心しました。

 

問題解決に対しての具体策がない

先程の自分の経験からも言えるのですが、社内評論家は分析が得意です。

 

どの会社も大なり小なりの問題を抱えています。

問題を抱えていない会社はありません。

 

その問題を何とか解決をしながら、どの会社も前に進んでいます。

1つの問題を解決しても、次の問題が生まれてくることが普通であり、問題が全てなくなるということはありません。

 

社内評論家はその問題について「問題が起きた原因と背景」は流暢に話すことができます。

ただ、問題解決に対しての具体策はありません。

  • やり方が悪い
  • 考え方が悪い
  • 持っていき方が悪い

あまりにも抽象的で「フワッ」とした言葉(文句)で、何の具体策でもないことを言い出します。

 

また問題を解決しようとしている相手の批判も言い出します。

実際に自分がその立場に立つと、問題解決の難しさがわかるのですが、決してその立場に立とうとはしません。

 

外部から問題分析と批判だけ行って、手伝おうともしない社内評論家が多いです。

関連記事

誰でも始めてする仕事は、知らないことばかりでわからないことだらけです。 そこを調べながら、聞きながら何とか完成させるのが仕事です。 その「調べたり、聞いたり」が自分の知識になり[…]

 

否定的な感情で支配されている

特に新しいことを始めるとき、重箱の隅を突いてきます。

もちろん、注意しないといけないことはありますが、あまり細かいことばかりを考えていたら、新しいことを始めることはできません。

 

しかも、ここでも具体的な否定ではなく、

  • 前例がない
  • 相手先から何か言われないか
  • 今のままでもやってきたのだから、新しいことをやるのは危険じゃないか
  • 人員が足りない
  • これも必要、あれも必要、それも必要

何となくの否定で、とにかくできない理由を探します。

未来を予測して行動することは大切ですが、起きてもいないことに対して、不安ばかりを煽っても仕方がありません。

 

また、お金も人員も時間も全てが揃わないと「できない」と言い始めたら、何もできません。

社内評論家には「今、自分にできることを精一杯やる」という発想がないのです。
「できない」のではなく「できる」のに「やらない」のです。

 

「できない」と「やらない」の違いを理解している上で、めんどくさいからやらないのか。

「できない」と「やらない」の違いさえ理解できてないほど、既に感覚が麻痺しているのか。

 

その辺りは人によって違うと思うのですが、とにかく否定的です。

関連記事

現在多くの会社で「働き方改革」のため、早めの退社が求められています。 時間がない中で「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の差が大きくなっているのではないでしょうか。では、この「仕事ができる人」と「仕事が[…]

 

なぜか他人事

社内評論家はなぜか当事者意識がなく、自社のことなのに他人事のように振る舞います。

  • こうやった方がいいよ!
  • 絶対、こうだって!
  • こう考えるのが普通だよ!
  • こうしたら、上手くいくって!

 

周りは「じゃあ、お前がやれよ!上手くいくんだろ!」と突っ込みたくなります。

 

どうして、そんなに他人事として捉えるのだろうと思ってしまいます。

 

試しに「では、やってください!」と社内評論家に振ってみると、

  • それは自分の仕事の範囲外
  • それは○○さんの仕事
  • 自分がやると角が立つから
  • ○○さんの方が適任

このようにやらない理由をこれでもかと並べてきます。

やらないのだったら、偉そうに言わなかったらいいのに、、思ってしまいます。

 

そうやって口を出して「俺は物事がわかっているだろう!」というアピールがしたいのかもしれませんね。

 

社内評論家の対応など人間関係で悩んだら

社内評論家の対応など人間関係で悩む

もしあなたが「社内評論家」を含めて職場の「人間関係」で悩んだら、環境を変えることを考えてみてはどうでしょうか。

 

「人間関係で転職するなんて、、逃げじゃないか」と思われるかもしれません。

 

しかし、人間関係で精神的にやられてしまい、身体を壊してしまったら元も子もないですよね。

 

「社内評論家」でも働ける職場は、言葉は悪いですが、、あまり自己成長やキャリアップできない職場かもしれません。

もし転職を考えたら、自分の性格や「強み・弱み」を理解すると、より後悔しない転職ができますよ!(^^)!

 

自分自身で強みを見つけるのはなかなか難しいので、客観的に強みを知りたいという方は、リクナビが提供している「グッドポイント診断」を使って自己分析をしてみましょう。

リクナビNEXT
5

グッドポイント診断は「30分間・293問」の本格的な診断を行います。
診断を受けると、18種類の資質からあなたの強みを知ることができます。
診断後はトップページの「各種設定」から簡単に退会できますので、転職予定がない方も安心して利用してください。

 

客観的に自分のことがわかって面白いですよ。

 

「ヘッドハンターや直接企業から話しを聞きたい」と思われたらビズリーチに登録して、あなたに合うスカウトを待ってみてはどうでしょうか。

ビズリーチ
5

会員数52万人以上、ヘッドハンター1,300名以上、採用企業社数3,700社以上。
職務経歴書を登録すると、ヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が職務経歴書を見て直接スカウトします。
会員制ならではの、普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多数。
採用企業が直接求職者にスカウトを送る事もできる為ミスマッチが少なく、私も40代で2回ビズリーチ経由で転職しました。

 

さらに転職成功の為には、転職エージェントを活用すると効果的ですよ。

転職エージェントを活用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方サポート
  • 非公開の特別な求人紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

転職において自分一人ではできない部分を、転職エージェントがサポートしてくれます。

これだけでも希望の転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかも登録は無料で簡単です。

 

私の転職6回の中で、役に立った厳選おすすめ転職サイトと転職エージェントです。

<おすすめ転職サイトはこちら>

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

 

世の中にはあなたに合う会社がきっとあります!


転職をネガティブに捉えるのではなく「人間関係で悩まなくなる手段」と考えてみてはどうでしょうか。

「人間関係や職場環境の良い会社で働きたい」と思ったら、登録は無料で損をすることはないので、気軽に相談してみてくださいね。

関連記事

私はこれまで転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを使ってきました。その経験から、転職サイトと転職エージェントを上手に活用することが、転職を成功させる近道になると実感しています。 しかし、ど[…]

 

まとめ

「言うは易し、行うは難し」この一言が全てを言い表しています。

言うだけだったら、誰でもできますし言っているだけでは問題は解決しません。

実際に行動をして、成功した体験が少ない人が社内評論家になるのかもしれませんね。

 

特に20代、30代の若い内はあまり頭でっかちにならず、行動あるのみで成功体験を積み上げることが大切です。

行動して失敗をしても、20代、30代なら許されるケースが多いですし「良い勉強になった」と前向きに捉えれば良いのです。

 

行動しないと失敗もできないですし、失敗しないと覚えないこともあります。

 

20代と30代は将来、社内評論家にならないためにも、行動して成功体験を積んでいきましょう。

40代以上は方は自分が評論家になっていないか、自己チェックしてみましょう。

「楽をしよう」と思い始めたら、社内評論家になる一歩を踏み出してしまったと思ってください。

 

年齢を重ねても、頭はフル回転。手を動かして汗をかける人間になりたいですね。

私も40代、、同年代の方は一緒に頑張っていきましょう!

 

最後に職場の人間関係にどうしても悩んだら、転職エージェントを活用して転職することも考えてみてくださいね。

<おすすめ転職サイトはこちら>

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

 

どこに登録するか迷ってしまう方は「DODA」が私の経験では一番おすすめです。

 

自分がモチベーション高く仕事をするためにも、転職という選択も視野に入れて行動していきましょうね。

 

ただ転職エージェントに登録したからと言って、ムリに転職する必要はありませんよ。

相談してから転職するか、現職に留まるか判断すれば良いと思います。

 

人間関係に悩んでも、あなたにはいくらでも選択肢があることを忘れないでくださいね!

 

関連記事

私はこれまで転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを利用してきました。転職サイトと転職エージェントを上手に活用することが転職を成功させる近道になります。 しかし、初心者はどの「転職サイト」と[…]

関連記事

私はこれまで転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを利用してきました。転職サイトと転職エージェントを上手に利用することが転職を成功させる近道になります。 しかし、初心者はどの「転職サイト」と[…]

関連記事

私はこれまで転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを活用してきました。 転職サイトと転職エージェントを上手に活用することが、転職を成功させる近道です。 しか[…]

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策をしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用してください。

CTR IMG