これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

モンスター部下の対処法!管理職が自分を守るための具体的な方法

あなたは「モンスター部下」という言葉をご存じでしょうか。

管理職の方に向けて「モンスター部下」の対処法をご紹介します。

 

次の記事も合わせてご覧ください。

モンスター部下が生まれる背景と私が経験した実例をご紹介しています。

関連記事

あなたは「モンスター部下」という言葉をご存じでしょうか。 今回は管理職の方に向けて「モンスター部下」の特徴をご紹介します。 管理職の中でも中間管理職だと、昔から上司と部下の間に挟まれ「上か[…]

 

モンスター部下を侮ってはいけません。

対処法を身につけないと、自分が精神的にやられてしまう場合もあります。

 

管理職の方は本記事を参考にして、自分の身を自分で守れるようになりましょうね!

 

モンスター部下の対処法!管理職が自分を守るための具体的な方法

モンスター部下への意思伝達はメールで行う

モンスター部下は自分の都合の良いように物事を解釈する傾向があります。

 

指示の揚げ足を取って仕事をサボったり、勝手に他の人に仕事を振ったりします。

指示や情報共有、報連相はできるだけ証拠に残るメールで行いましょう。

 

口頭で指示や情報共有をすると、次のようなことを平気で言ってきます。

  • そんなことは聞いていない
  • そうだとは思わなかった。自分はこういう風に思った

(上司は「A」と指示したことを、解釈を曲げて「B」だと認識する)

 

わざとなのか、コミニュケーション能力や認識能力が低いのか「会話にズレ」が生じます。

このときに、口頭だと結局は「言った、言わない」の話しになり、問題が解決しません。

 

この「言った、言わない」問題を発生させないためにも、モンスター部下にはメールで指示や情報共有を行いましょう。

 

モンスター部下には曖昧な表現を使わない

先程も書きましたが、モンスター部下は自分の都合の良いように物事を解釈します。

メールにしても曖昧な指示をしてはいけません。

 

小さな子供でもわかるように5W1Hを使って、具体的に指示を出して下さい。

  • 何月何日までに(いつ)
  • モンスター部下が(誰が)
  • ○○の業務を(何を)
  • ○○社に提出するため(なぜ)
  • 完成したら、メールで報告するように(どのように)

 

具体的に指示を出すことは、モンスター部下が都合の良い解釈をして、指示を間違えないようにするためでもありますが、

 

1番の目的は

『自分を守るため』です。

 

モンスター部下は「仕事ができないこと」を平気な顔して上司のせいにしてきます。

具体的な指示をメールで残しておけば、モンスター部下も言い訳ができなくなります。

 

モンスター部下が責任から逃げるための常套句「聞いていません」「自分はAではなくBだと思ってました」も通用しません。

メールとして文字が残れば、何かあったときにそれが証拠になります。

 

モンスター部下への言い方に細心の注意を払う

ほぼ、修行のような感じですが、、

言い方1つですぐ「パワハラ」「セクハラ」と言ってくるのが、モンスター部下です。

 

最近はスマホにボイスレコーダー機能がついていますので「会話は録音されている」と思って話しをしても大袈裟ではないです。

 

ここで一番気をつけることは「挑発されたとき・ケンカを売られたとき」です

普段の会話は細心の注意を払っていても、挑発されたりすると、ついカッとなって大きな声を出すことがあるかもしれません。

 

モンスター部下はその大きな声を出されたことを「パワハラされたと言ってきます。

 

それまでの「前提にあったこと(挑発した)」ことは全て無視して言ってきます。

 

挑発されても、ケンカを売られても、とにかく冷静に対応してください。

 

挑発されそうになったら、逆にこちらが「ボイスレコーダーで録音」することも効果的です。

自分が「録音している」ことを意識することで冷静にもなれます。

 

挑発され始めたら、一旦席を外して録音準備をしましょう。

 

【関連記事】

「私、言いたいことは言うタイプなんで」と言う人は嫌われる

 

モンスター部下に「指導・注意」するときは一人で行わない

管理職であれば、どうしてもモンスター部下に「指導・注意」をしなければいけません。

 

その時は個室でモンスター部下と「1対1」で話しをすることは避けてください。

管理職としては気を使って「みんなの前で注意するのも可哀そうだから個室で注意しよう」と考えます。

 

そんなこちらの気遣いを逆手に取るのが、モンスター部下です。

 

周りに人がいないことを逆手に取ってきます。

  • こんなパワハラ・セクハラを受けた
  • こんなひどいことを言われた
  • 私の話しを全く聞いてくれなかった
  • 怒鳴られた・怒られた

全く事実と異なることを平気で言ってくる場合があります。

 

そうならないためにも「1対1」での指導や面談などは行わず、必ず複数人で対応しましょう。

 

管理職は自分を守ることを最優先に考える

モンスター部下に対して「モンスター部下を変える」行動に重点を置かないで下さい。

 

「自分を守るため」にどうすればいいかに重点を置いて下さい。

  • 証拠を残すためにメールを使う
  • 曖昧な表現を使わない
  • 言葉遣いに気を付ける
  • 「1対1」で話すことを避ける

これらは第三者が確認したときに「モンスター部下に非がある」と証拠を残すために必要な行動です。

 

モンスター部下は口が達者です。

 

第三者に事実とは異なることを言いだします。

 

特に女性のモンスター部下は「泣きながら」第三者に事実と異なることを言い出すことがあります。

その「涙」で管理職が悪者になる場合があります。

 

明らかに反則なのですが、、それを言っても始まりません”(-“”-)”

 

モンスター部下への対応や対策に困ったときは「自分の身を守るためにはどうすればよいか」を最優先に考えて行動しましょう。

 

【関連記事】

自分で自分を追い込んでしまう人へ【考え方次第でラクになる】

職場で『自分さえ良ければいい』と考えている人の特徴と末路

 

モンスター部下は管理職を徹底的に責めてくる

モンスター部下は「1%の非」も責めてくる

最後にモンスター部下で最も注意すべき点をご紹介します。

一般的な部下とモンスター部下を比較して説明します。

 

例えば、口頭で指示をした場合に一般的な部下でも「聞いていない、こうだと思ってた」という、多少の食い違いは誰にでもあります。

 

その時は「具体的な指示をしなかった上司も悪い」「確認しなかった部下も悪い」大体このような話しになります。

今後はお互いに意思疎通をして、次からは「食い違いをなくしていこう」というのが、一般的な対応方法です。

 

モンスター部下の場合は、お互いの食い違いを「100%上司が悪い、自分は悪くない」と主張してきます。

また、 上司に1%でも非があれば、そこを突いてきます。

 

優しくて真面目な上司であれば、その1%の非を認め「自分の言い方、やり方が悪かった」と反省するでしょう。

 

そこで話しが終わればまだ良いのですが、

モンスター部下は管理職の「1%の非」を人格否定や能力不足と責めてくるので、手に負えないのです。

 

  • 上司として使えない
  • 上司として能力がない

上司本人に言う場合もありますし、上司のさらに上の上司や周りの人に吹き込んでいきます。

 

上司も当然完璧ではない

上司も当然、神様ではないので間違いもあります。

 

多くの仕事や部下を抱えているケースもあり、1つ1つの仕事を完璧にできる訳がありません。

上司がミスをしても(あまりに頻発してはいけないですが、、)一般的な部下は「○○さんも忙しいからな。仕方ないよな」で終わります。

 

モンスター部下は、自分のミスは許しますが、人のミスは徹底的に責める習性があります。

 

優しくて真面目な上司は「1%でも非」があることを、モンスター部下から責められて、精神的に追い込まれていきます。

 

上司だって人間です。

モンスター部下に責められても、自分を責めないようにしてください。

 

相手は「上司なんだから、しっかりしないといけない」と正論を言ってきますが、必要以上の攻撃や人格否定は明らかにおかしいことです。

 

モンスター部下に潰されないように「モンスター部下は徹底的に攻撃してくること」をあらかじめ念頭に置き、攻撃されてもスルーするぐらいの気持ちでいましょう。

 

また攻撃されても決して「自分が悪い」と自分を責めないでください。

自分を責めれば責めるほど、モンスター部下の思うツボです。

 

もしモンスター部下の攻撃にどうしても耐えられない場合は、環境を変えることも考えてください。

「部下のことで転職するなんて逃げだ、、」と自分を責めないでくださいね。

 

【関連記事】

40代以上の転職が難しい理由と成功させるための必見ポイント

「逃げの転職」でも後悔せずに次の転職が成功する3つの方法

 

繰り返しますが、モンスター部下に常識は通じず徹底的に攻めてきます。

身体と心が壊れる前に、自分の身を守ることが優先して考えてください。

 

優しいあなたに罪があるわけではありません。

勇気を持って「自分の人生」のために次の道に進むのも一つの手です。

 

もしあなたが少しでも転職を考えたら、転職エージェントに無料登録して「転職のプロ」に相談することをおすすめします。

 

転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス
  • あなた一人では見つけきれない非公開求人の紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

自分一人ではできない部分を、転職エージェントがカバーしてくれます。

これだけでも転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかもサポートは無料ですので、利用しない手はないと思います。

 

私の転職経験6回の中で、実際に利用したおすすめの転職エージェントをご紹介します。

私も転職エージェントを活用して、役職も年収も上がり、職場環境の良い職場へ転職しました。

 

<ひとまず、転職サイトに登録して様子をみたい方はこちら>

リクナビNEXT/転職サイト求人数や実績NO1。まずは登録して求人を探してみてください。

ビズリーチ/年収600万以上の方は登録だけしておいて、スカウトを待つのもおすすめです。

 

<筆者も登録したおすすめ転職エージェントはこちら>

DODA/転職サイトと転職エージェント両方のサービスが受けられる。一番のおすすめです。

パソナキャリア/長期的支援を求める人におすすめ。転職が決まるまでサポートしてくれます。

JAC Recruitment/30代以上で年収アップのハイクラス求人を求める人におすすめです。

リクルートエージェント/転職支援実績No1。多くの求人を紹介してもらいたい人におすすめ。

 

【関連記事】

【転職6回】実際使って役に立った、おすすめ転職サイトと転職エージェント

 

転職や転職エージェントを活用することをネガティブに捉えるのではなく、「自分の人生を好転させるための手段」と考えてみてはどうでしょうか。

 

「職場環境の良い会社に転職したい」と少しでも思ったら、転職エージェントに気軽に相談してみてくださいね。

 

【関連記事】

転職エージェントの賢い使い方・付き合い方をわかりやすく解説!

 

まとめ

管理職が自分を守るためにモンスター部下の対処法をご紹介しました。

 

ここまで書くと「本当にそんなモンスター部下いる!?」と思う方もおられるかもしれません。

全て私の実体験に基づいて書いています( ;∀;)

 

もちろんモンスター部下に出会わないことが一番です。

しかし、ご紹介したことが当てはまる部下がいたら注意してください。

モンスター部下は常識が通じないので、正攻法でいってもダメです!

 

モンスター部下の攻撃に悩み、転職を考えたら、転職エージェントDODAへ無料相談することをおすすめします。

私が活用した中で1番おすすめの転職エージェントです。

 

次回もモンスター部下について、さらに掘り下げた対処法についてご紹介します。

関連記事

あなたは「モンスター部下」という言葉をご存じでしょうか。 これまでモンスター部下の特徴と対処法をご紹介しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.gratefu[…]

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG