これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

「自分のために働く」ことが「会社のため」にもなる

  • 2021年7月4日
  • 2021年7月4日
  • 仕事
  • 67view

あなたは「会社のため」に働いていますか?

それとも「自分のため」に働いていますか?

 

もし「会社のため」に働いている方は、少しだけ考え方を変えてみてください。

特にこれからの時代は「自分のため」に働くことをおすすめします。

 

それではなぜ「自分のため」に働いた方が良いか解説していきます。

記事を読み終えると、あなたは「自分のために働く」メリットがわかり、仕事に対する考え方が変わるはずです。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

会社のために働くとどうなる?

まず「会社のため」に働いたらどうなるか考察しますね。

 

会社のために働くと給料は上がる?

会社のために働くと、普通は「給料が上がる」と考えますよね。

 

ただ、自分の期待通りに給料が上がった方がどれだけいるでしょうか。

 

昔は年功序列で普通に仕事をしていれば、給料は自然に上がっていました。

 

しかし、現代ではどうでしょうか。

もちろん頑張って結果を出せば「給料が上がりやすい」ことは確かです。

 

ただ、絶対に「給料が上がるか」というと、会社の経営状況や社長や上司の一存で決まる場合もあり「絶対上がる!」とは言えません。

 

会社のために頑張っても「給料が上がる」かどうかは「わからない」というのが、正しい答えではないでしょうか。

 

会社のために働くと出世する?

これも給料と同様になります。

一般的には出世すると給料も上がります。

 

会社のために頑張っても、人事は様々なことが絡んでくるので、出世できるかどうかはこれも「わからない」です。

 

【関連記事】

仕事を頑張る意味は?会社のために頑張り過ぎると壊れてしまう

 

会社のために働くと褒められる・頼られる?

会社のために働くと、褒められたり、頼られたりすることがあると思います。

人間誰でも褒められたら嬉しいですよね。

 

ただ、仕事は褒められるためにするのでしょうか?

 

ある程度の年齢になって(60歳を超えて)「褒められる、頼られる」ことを「仕事のやりがい」にするのは良いと思います。

しかし、その年齢に達していないのに「褒められる、頼られる」ために「会社のために頑張る」というのは少し違うかなと感じます。

 

また頼られると気持ち的には嬉しいですが、会社では「ただ仕事量が増える」という罠に陥りがちです。

「仕事ができる人に仕事がまわってくる」ということです。

 

自分から進んで行う仕事なら問題ないです。

しかし、頼まれる仕事で仕事量がキャパオーバーして、身体を壊してしまうのもよくある話しです。

 

【関連記事】

仕事で精神的に疲れた時の対応方法【効果的な休みの取り方】

 

自分のために働くとどうなる?

会社に期待しなくなる

自分のために働く一番のメリットは、

「給料や出世などを会社に期待しなくなる」ことです。

「給料も上がった方がそりゃいいけど、どっちでもいいや」という心の余裕は大きいです。

 

自分のために働いているので、給料が上がらなくても

  • 今は修行期間で勉強させてもらっている
  • 給料がこのまま上がらなかったら、転職すればいい。それまでにスキルを身につけよう

「給料が上がらない」ことに対して割りきって前向きに考えることができます。

 

出世に関しても同じことが言えます。

「自分のために頑張る」と「給料が上がる・上がらない」一つ取っても、会社に見返りを求めなくなります。

見返りを求めなくなると、気持ちの部分でかなり楽になるはずです。

 

見返りを求めるからつらい

結局、会社のために頑張るから会社に対して「見返り」を求めてしまいます。

  • 会社のために頑張ってるんだから給料を上げろ!
  • 会社のために頑張ってきたのに、なんでリストラなんだ!
  • なぜ会社のために頑張ったのに評価されない!

会社のために頑張ってきたら、当然このように思いますよね。

 

頑張ったことに見返りを求めるからつらいのです。

 

自分のために頑張ったのであれば、頑張った分が自分に返ってくると考えます。

見返りを求める対象物自体がないので、気持ち的にとても楽です。

 

【関連記事】

期待に応えるのに疲れたあなたへ【期待なんて受け流せばいい】

 

不平不満がなくなる

自分のために頑張ると、これまで「会社や人のせい」にして腹が立っていたことも気にならなくなります。

  • 上司(部下)が言うことを聞いてくれない。人を動かすスキルを身につけよう
  • 会社の段取りが悪い。自分で段取りを考えよう
  • 仕事量が多い。会社のために自分がかぶってやってきたけど、人に仕事を振ろう

 

「会社のために頑張る」と受け身な考えから、不平不満が生まれます。

「自分のために頑張る」と主体性が生まれ、知恵や工夫が生まれます。

 

会社のために働くのは会社に取っても迷惑!?

私が経営者であれば、このように思ってしまいます( ;∀;)

 

会社のために頑張ってるんだから、

  • 給料を上げてくれ!
  • 出世させてくれ!
  • 職場環境を良くしてくれ!
  • リストラしないでくれ!

このように押しつけがましく、言われるぐらいなら、

「会社のためにじゃなく、自分のために頑張って。それが結果会社に取っても、あなたに取っても良いことでWin-Winの関係になるよ」と言いたくなります。

 

見返りは「求める方」も「求められる方」もつらいです。

 

会社も個人もお互い良い意味で、見返りを求めない関係がベストだと思います。

 

【関連記事】

相手に求め過ぎると自分が苦しくなる 〜自分のために頑張る気持ち〜

 

まとめ

「自分のために働く」ことが「会社のため」にもなることをご紹介しました。

 

自分のために働く次にメリットをまとめます。

  1. 会社に期待しなくなる
  2. 会社に見返りを求めなくなる
  3. 会社への不平不満がなくなる

 

ご紹介した考え方を「ドライな考え方」思われた方もいるかもしれません。

 

しかし、年功序列の崩壊や転職も一般的になり、働き方自体も在宅勤務など多様化してきました。

時代は変わってきています。

 

すごーく砕けた感じでまとめてみます。

「会社のために頑張って、会社を頼り、すがっても良いけど、昔みたいに全て面倒を見てくれないと思うよ」

「会社のために頑張ったのに、給料が下がったり、リストラされたら腹立つよね!」

「腹が立たないっていう人は会社のために頑張って。俺は腹が立つから、見返りを求めないように、自分のために頑張ることにするよ!」

言葉が悪くなりますが、まとめるとこのようになります!(^^)!

 

自分の心に余裕を持たせるためにも、「会社のため」ではなく「自分のため」に頑張ることをおすすめします。

少し考え方を変えるだけで、状況は変わらないのに見えてくるものが変わってくるはずです。

 

特に会社や仕事に不満を持っている方は、参考にしてくださいね。

 

今の会社で働くことに限界を感じたら

もし自分のために働く中で、今の会社で働き続けることに限界を感じることがあるかもしれません。

  • このまま今の会社にいても成長できない
  • このまま今の会社にいても給料が上がらない
  • このまま今の会社にいても自分のやりたいことができない

 

そんなときは環境を変えてみるのも一つの手段です。

勇気を出して、今後の自分の人生のために転職も視野に入れてみてください。

 

私の転職6回の中で、実際に活用したおすすめ転職サイトと転職エージェントのご紹介です。

「転職のプロ」である転職エージェントのサポートを受けて、職場環境の良い会社に転職することも考えてみましょう。

 

しかもサポートは無料ですので、利用しない手はないと思います

 

転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方のサポート
  • 一般では非公開の求人紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 条件面や給料面の交渉

 

<おすすめ転職サイトはこちら>

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

 

【関連記事】

転職エージェントの賢い使い方・付き合い方をわかりやすく解説!

 

ご紹介した転職サイトと転職エージェントは「転職する・しない」にかかわらず登録だけでもしておく価値はあると思います。

 

自分に合う求人があるか探したり、自分の市場価値(年収)も知ることができます。

またスカウトをもらったり、転職エージェントと定期的に面談することで、気持ちに余裕ができますよ。

 

ぜひ気軽に登録してみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG