これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

仕事を頑張る意味は?会社のために頑張り過ぎると壊れてしまう

  • 2021年4月9日
  • 2021年8月31日
  • 仕事
  • 230view

あなたは仕事を頑張っていますか?

もちろん「仕事を頑張る」ことは素晴らしいことです。

 

ただ仕事は「頑張る」意味を間違えてしまうと、あらゆる面で「ひずみ」が生まれ、良い方向に行かないことが多いです。

 

本記事では「仕事を頑張る意味」を考えていきます。

 

記事を読み終えると「何のために仕事を頑張るのか?」その意味があなたの中で明確になります。

そうなれば、心身ともに健康な状態で仕事に打ち込めるはずです。

 

仕事を頑張る意味とは?会社のために頑張り過ぎると壊れてしまう

仕事を頑張る意味が明確か?

まずあなたの中で仕事を頑張る意味が明確でしょうか?

 

仕事を頑張る意味が明確でないのに頑張り過ぎると、次の感情が生まれます。

  • 何のために自分は頑張っているのだろう
  • 何でこんなにしんどい思いをしないといけないんだろう
  • 何でこんなに怒られているのだろう
  • 何で人間関係でこんなに悩んでいるのだろう

 

頑張っていなければ、ここまで考えることはありません。

頑張れば頑張るほど「頑張る意味が明確ではない」場合は、負の感情が必ず芽生えてきます。

 

マラソンに例えると、ゴールがあるから頑張れますよね。

  • あと10km
  • あと5km
  • あと100m

ゴールがあるので「あとこれだけ頑張ればいい」という目安ができます。

 

ゴールが明確でなければ、ずっと終わらないマラソンをしているのと同じで「なんで俺は頑張っているんだろう、、」と疲弊するのは当然です。

 

「怒り」があるうちはまだマシ!?

「仕事で頑張る意味が明確でないまま、頑張り過ぎるとどうなるか」サイクルで説明します。

 

仕事で頑張る意味が明確でないまま頑張る

疲弊し「このままでいいのか?」という疑問が生まれる

疲弊や疑問が怒りに変わる

怒りを通り越して、あきらめに入る

何も感情を持たなくなる

 

最後まで行くと、うつ病などの精神的な病を発病する可能性もあります。

「怒る」というのは、まだパワーがある証拠でもあります。

 

本当に怖いのは「怒り」を通り越して「あきらめ」に入るときです。

「怒り」の前に「意味が明確でない頑張り」をやめないといけません。

 

会社はあなたに頑張りすぎることを求めていない

ではなぜ「頑張る意味が明確ではない」のに、人は仕事を頑張るのでしょうか。

  • 会社のために頑張っている
  • 会社から期待されているから頑張る
  • 責任感が強いから頑張る
  • 仕事は頑張らないといけないものだから頑張る

 

自分のために「頑張る」のではなく、会社や他人のために「頑張る」ことが一番危険です。

 

例えば、会社のために頑張り過ぎて、疲労が蓄積して体調を崩したとします。

2~3日休んで体調が回復すれば問題ないですが、心の病を併発したり、長期の休みが必要になることもあります。

 

最近ではメンタルヘルス対策がしっかりしている会社も増えてきています。

「休みなさい」とは会社からは言われると思います。

 

しかし、ここで注意してもらいたいことがあります。

いくら「会社のために頑張ったからこうなった」と主張しても、会社は「そこまで頑張れとは言っていない」と言われるのがオチです。

 

「勝手に頑張ったのはあなたでしょ。自分の体調を自己管理するのも仕事ですよ」と会社から言われないまでも、そう思われることは覚悟してください。

 

彼女が彼氏のために尽くして「あなたのためにこんなに尽くしたのに!」と言っても、彼氏は「俺はそんなに尽くしてくれとは頼んでない!」というのと同じ原理です、、

 

でも実際に、会社や彼氏からこんなこと言われたら腹が立ちますよね!

しかし、これが現実なのです( ゚Д゚)

 

次の記事も参考にしてください。

 

ドライな考えかもしれませんが、、

仕事を「自分のため」でなく「会社や他人のため」に頑張り過ぎても、会社は守ってくれません。

 

会社のためには頑張るな!

私の経験をお話しします。

私は一時期「会社のため」にがむしゃらに頑張った時期があります。

 

嫌われ役を買って出て、会社の売上を上げるためだけに努力しました。

結果、周りから足を引っ張られ、心身ともに疲れ果てて体調を崩しました。

 

そのことを社長に相談しました。

正直私は「よくここまで頑張ってくれた!」と褒めてもらえると思っていました。

 

しかし、返ってきた言葉は、、

「そこまで頑張れとは誰も言ってない!」

 

私はその日から「会社のため」に頑張ることを一切やめました。

バカらしくなったのです。

 

40歳を超えて部下から「会社のために頑張ったんです!会社のためにやったんです!」と言われる立場にもなりました。

 

私は決まって次のように伝えます。

「会社のために頑張るのはやめた方がいい。ましてそれで会社に対して怒ったり、恨んだりするぐらいなら、なおさらやめたほうがいい」

 

周りからも「勝手に頑張って、勝手に怒りだして、勝手に体調を崩している」と思われるだけです。

自分のために頑張った方が自分の心も安定します。会社に取ってもその方が良い結果になるのです。

 

全ては自分の幸せのために仕事を頑張る

仕事を頑張る意味を自分に向けてください。

 

決して仕事を頑張る意味を「会社や他人のため」にしないでください。

 

ここで「家族のために頑張るのはいけないのか?」とよく聞かれます。

もちろん、家族のために頑張ることはいけないことではありません。

 

ただ「家族のために俺が犠牲になって働いている」という感情であれば危険です。

自分が苦しい思いをしているのは「家族のせい」という感情に支配されてしまいます。

少し見方を変えて「家族の幸せが自分の幸せに繋がる」と考えてみてください。

 

「家族のために働き、家族が幸せなことが自分の幸せなんだ」

良い意味で「自分中心」に考えると、家族のために自分が犠牲になっているという感情に支配されなくなります。

 

会社のために頑張って疲れたあなたへ

これまで会社のために頑張って疲れた場合は環境を変えることも考えましょう。

 

あなたの人生は一度切りです。

その一度切りの人生を会社のために使うのは嫌ですよね( ;∀;)

 

「自分のために頑張る」ためにも、自分のやりたい仕事ができる職場を見つけましょう。

勇気を出して、今後の自分の人生のために転職も視野に入れてみてください。

 

私の転職6回の中で、実際に活用したおすすめ転職サイトと転職エージェントのご紹介です。

「転職のプロ」である転職エージェントのサポートを受けて、職場環境の良い会社に転職することを考えてみましょう。

 

しかもサポートは無料ですので、利用しない手はないと思います

 

転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方のサポート
  • 一般では非公開の求人紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 条件面や給料面の交渉

 

<おすすめ転職サイトはこちら>

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

 

転職をネガティブに捉えるのではなく「自分の夢を叶える手段」と考えてみてはどうでしょうか。

 

まとめ

仕事を頑張る意味を「自分中心」にしてください。

 

そうすれば、仕事を前向きに頑張ることができます。

人間は不思議なもので考え方が変わると、環境ややっていることはこれまでと変わらないのに、全く別世界に見えてくるものです。

 

今からでも決して遅くありません。

仕事を頑張る意味を「自分中心」で明確にしてくださいね。

 

そうすれば、前向きに健康な状態で仕事に打ち込めますよ!

 

※合わせて次の記事もご覧ください。

関連記事

あなたは周りの期待に応えることに疲れていませんか? 誰でも期待されると嬉しいのは確かです。ただ頑張る原動力が「周りの期待」だけであれば、それは少し危険です。最終的にはむなしさから疲れ果ててしまいます[…]

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG