これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

『自分が正しい!』と思っている人の特徴と対処法

あなたの周りで「自分が正しい」と思い込んでいる人はいませんか?

 

人は多少、どうしても「自分が正しい!相手が間違っている!」と思ってしまいます。

 

ただ、この「自分が正しい」が度を越えてしまうとどうなるでしょう?

話し合いがまとまらなかったり、人間関係でトラブルになったり、あらゆる面で問題が生じてきます。

 

今回は「自分が正しい」と思っている人の特徴と対処法をご紹介します。

記事を読み終えると、特徴と対処法がわかり、トラブルをうまく回避することができます。

 

『自分が正しい!』と思っている人の特徴

プライドが高い

一番最初に挙げられる特徴は「プライドが高い」です。

人から意見や指示されることを極端に嫌がり、否定されると「俺は間違っていない!」と怒ってきます。

 

プライドが高い人は劣等感を持っている人が多いです。

 

「自分が正しくない」と認めてしまうと「負けた」感じがするのだと思います。

人に弱みを見せられないので「自分は正しい」と思い込んで、自分を守ろうとしています。

 

凝り固まった思い込みがある

年配者に多い特徴です。

 

これまでの経験で「これは絶対こうだ!」という思い込みから、自分の意見を決して曲げません。

その人の記憶違いや時代は変化しているので、昔と違っていることも当然あります。

 

その記憶違いや違ってきていることを受け入れられず、自分が正しいと思い込みます。

年を重ねると、人間「頑固」になるものです( ;∀;)

 

行き過ぎた正義感がある

一般的には、正義感が強いことは良いことです。

ただ行き過ぎた正義感やルールにがんじがらめの人の扱いは難しいです。

 

世の中は白黒つけられることばかりではありませんよね”(-“”-)”

 

「正義」については次の記事に詳しく書いています。

関連記事

行き過ぎた正義 勘違いした正義 押し付けてくる正義職場でこれらの「正義」を振りかざす人といると、迷惑に感じることがあります。 人によって「正義」の定義は異なります。この「正義」の[…]

 

「正義」という名の元「自分の正しさ」を押し付けてこられるとやっかいです。

 

「自分が正しい」と思わないと心が持たない

これは経営者に多いです。

経営者にもなると、社員や取引先などから様々な意見や不平不満を言われます。

 

自分が間違っていたら、柔軟に対応できる経営者であれば問題ありません。

しかし、器の小ささから、人の意見を聞かない経営者もいます。

 

「自分が正しい」と思い込まないと「精神が持たない」のだと思います。

人の意見ばかりを聞いていたら「身が持たない」のでしょう。

 

長く経営者をやっている方で、自分の心を守るために「自分は正しい」という気持ちを押し通してくる方がいます。

 

『自分が正しい!』と思っている人の対処法

意見を一回は受け入れる

このタイプは始めから否定してしまうと、話しがこじれます。

 

「この人間違っているな」と思っても、一回は受け入れましょう。

「なるほど、そういう考えがあるのですね。私はこういう経験からこう思いました」

 

相手の意見を肯定してから、自分の意見を言うようにしましょう。

 

特徴でご紹介しましたが「自分が正しい」と思い込んでいる人は、プライドが高かったり、頑固な人です。

 

一回相手を持ち上げてから自分の意見を伝えましょう。

相手と同じレベルで話しをするのではなく、言葉は悪いですが「自分より下」に見て、大人の対応をしましょう。

 

根拠・証拠を示す

最近は仕事上で「エビデンスをつける」という言葉をよく聞きます。

いわゆる「根拠・証拠」を示すということです。

 

根拠の前では「自分が正しい」という思い込みは通用しません。

口頭だけでなく「根拠・証拠」見せることで相手は何も言えなくなります。

 

その時も「ほれみろ!間違っているだろう!」と自慢げに見せていけません。

相手が逆ギレしたり、思わぬ反抗を受ける場合もあります。

あくまで冷静に大人の対応をするようにしてくださいね。

 

機嫌の良いときに話す

「自分が正しい」と思っている人は感情的になりやすいです。

 

感情的になって怒り出したら、何も言っても聞いてくれない場合がよくあります。

こうなると、その場で議論してもムダなので、時間を置いて話すしかないです。

 

合わせて、非常にめんどくさいですが、、機嫌の良いときをねらって話しをしましょう。

 

「何でここまでしなくちゃいけないんだ!」という気持ちはよーーくわかります。

 

「自分が正しい」と思っている人は普通ではないのです。

 

できるならば、付き合いたくないですが、、

職場で付き合わないといけない場合は、感情が落ち着いて機嫌の良いときをねらって話しをしてください。

 

考え方や解釈の違いの場合が多い

「自分は正しい!相手が間違っている!」というのは、はっきり明確な答えがあるものは別にして「考え方」や「解釈」の違いだけです。

「自分も正しい・相手も正しい」これが正解だと思います。

 

自分と違う考え方だったら「間違っている!」というのはやはり暴論です。

このような思考の人が人間関係でトラブルを起こします。

 

  • あーなるほど、そういう考えもあるんだな
  • そういう視点で考えるとそうなるんだな

このように柔軟な考え方をしたいですよね。

 

年齢や性別や経験が違えば、考え方が違ってくるのは当然ですが、次のような心掛けが大切です。

  1. 客観的な視点
  2. 広い視野
  3. 広い心

 

この3つを意識して「自分は正しい」と思い込まない人間になりたいですね。

 

まとめ

「自分が正しい」と思っている人の特徴と対処法をご紹介しました。

 

特徴を次にまとめます。

  1. プライドが高い
  2. 凝り固まった思い込みがある
  3. 行き過ぎた正義感がある

 

対処法を次にまとめます。

  1. 意見を一回受け入れる
  2. 根拠や証拠を示す
  3. 機嫌の良い時に話す

 

特に年齢を重ねると、変なプライドや固定観念が邪魔して「自分が正しい」と思いがちです。

数学のように明確な答えがあるものは「正しい」と「間違い」があります。

『1+1』は考え方や解釈の違いなど関係なく、答えは『2』です。

 

しかし、人の「考え」や「好み」、「意見」や「思い」は人それぞれ違って当たり前です。

それを「自分が正しい!お前は間違っている!」というのは絶対におかしいです。

 

先程もご紹介しましたが「自分も相手も正しい」のです。

ただちょっとした考え方や解釈の違いだけです。

 

客観的な視点で広い視野と広い心を持つ

自分も相手も正しい

この2つを意識すれば、意見の相違での人間関係のトラブルや問題は起きないのではないでしょうか。

 

やはり年齢を重ねても、柔軟な考え方を持ち続けることが大切ですね!(^^)!

 

※合わせて「〇〇な人の特徴」シリーズの記事もご覧ください。

関連記事

あなたの周りにも言い訳をする人がいませんか?言い訳は聞いていて、気持ちの良いものではありませんよね。 仕事でミスをしたり、自分が原因でトラブルやクレームがあった場合は素直に謝ることが大切なのですが、どうして[…]

関連記事

あなたの周りに批判ばかりする人がいませんか? 意見の批判 仕事のやり方の批判 会社の批判 社長の批判 上司の批判 部下の批判 旦那の批判 批判対象を上げるとキリ[…]

関連記事

あなたの周りに極端な思考や行動をする人はいませんか? 今回はそんな「極端な性格の人の特徴」についてご紹介します。正直、極端は危険です。。 あなた自身も極端な思考や行動になっていない[…]

関連記事

あなたのまわりにも「すぐ感情的になる人」がいませんか? 特に高齢で大体60歳を超えたぐらいの方を想定して書きます。これは60歳を超えた方で「すぐに感情的になる人」が若い年齢の人に比べると、多いように思えるか[…]

最新情報をチェックしよう!
>転職を成功させるために転職エージェントを上手に活用しよう!

転職を成功させるために転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。

CTR IMG