これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

部下のやる気を奪う上司の5つの特徴【上司も部下も必読です】

あなたの周りに「部下のやる気を奪う上司」はいませんか?

  • 何でそんなにやる気を奪うことを言うのだろう?
  • 何でそんなにやる気を奪うことをするのだろう?

部下として上司にこのような疑問を持つこともあると思います。

 

今回はそんな「部下のやる気を奪う上司」の特徴をご紹介します。

 

部下として、やる気をなくす上司の特徴を掴んでおくことは非常に大切です。

上司の方は「自分が当てはまっていないか」確認しながら、ぜひ最後までご覧ください。

 

部下のやる気を奪う上司の5つの特徴

やる気を奪う言動

  • わかった?
  • やる気ある?
  • 何でこんなこともできないの?
  • 言ってる意味わかる?
  • 給料分働いてよ
  • 前にも言ったよね?
  • 代わりはいくらでもいるぞ!

いくらでも出てきそうですが、、上司の言動が部下がやる気を奪う1番の原因です。

 

上司は叱咤激励のつもりで言っているのかもしれません。

しかし、これらの言葉を言われてやる気が出る部下はごく少数で、ハングリー精神の塊みたいな人だけです。

 

こんなことを言われて「よーし!やる気出てきた!」と思う方がある意味凄いです( ;∀;)

 

上司と部下の関係に限らずですが、人は何気ない一言に傷つき、一喜一憂するものです。

ましてや自分を評価する立場である上司の言葉は、部下に取っては非常に重たいものになります。

 

上司の人は「そんなつもりはなかった」という言い訳は一切抜きにしましょう、

例えが良くないですが「殺すつもりはなかった」と「人を殺してしまう」のと私は変わりないと思います。

 

大人なので、いじめっ子の言い訳の常套句を使うのはやめましょうね。

 

「この言葉をかけることで部下がやる気がなくなるのではないか」よく考えてから話すようにして下さい。

 

【関連記事】

職場で理不尽さを感じたり、上司から理不尽に怒られた時の対応方法

上司から怒られて萎縮してしまう人へ。委縮せず気持ちが楽になる方法

 

責任を取らない

責任を取らない、取らないだけでなく責任を他人になすりつけてくる上司もいます。

  • これは君がやった仕事だから、私は責任を取らない
  • 君がきちんと確認を取らないから、こんなことになるんだ
  • そんな話しは聞いていないから知らない

部下が報連相を行い、自分が承認印を押しているのに責任をなすりつけてくる上司もいます。

 

声を大にして言いたいのは

上司の仕事は「責任を取る」ことですよ

 

上司は部下より仕事ができるから給料をたくさん貰っている訳ではありません。

責任を取るから部下よりたくさん給料を貰っているのです。

上司が責任を取れないものを部下が取れる訳がありません。

 

報連相をした時点、承認印を押した時点で責任は上司に委譲されています。

上司も部下もそのように考えましょう。

 

仕事の無茶振り・仕事量の多さ

  • 仕事を丸投げしてくる上司
  • 締切があまりにも短い仕事を無茶ぶりしてくる上司
  • 抱えきれない仕事量を振ってくる上司
  • 無理難題を押し付けてくる上司

こんな上司の元でも部下はやる気をなくします。

 

このようになる原因は「上司のマネジメント能力不足」もしくは「上司もさらに上の上司から同じようなことをやられている」かどちらかです。

会社自体の風土が無茶振り、丸投げということもあります( ;∀;)

 

仕事をしない

そもそも上司が仕事をしない場合もあります。

仕事をしないだけならまだしも、しないくせに口だけは挟んでくる上司は最もタチが悪いです。

 

仕事をするのがしんどいのか、ついていけないのかわかりませんが、、ほおっておいて自分のやるべきことをやりましょう。

 

指示が曖昧

一所懸命頑張って仕上げた仕事を「そうじゃない」「ここはAではなくBだよ」と上司からの指示が曖昧だったため、仕事がやり直しになると一気にやる気がなくなりますよね。

 

「最初からそう言ってくれたら、そう作るのに、、」と思ったことは誰にでも経験があると思います。

 

上司の指示が曖昧な理由は、上司自身も何が目的なのかわかっていない場合があります。

上司の人は「この仕事をする目的」が自分の中で明確になってから、指示を出しましょう。

 

部下は上司の指示が曖昧だったら、その場で突っ込んで聞きましょう。

 

「言った・言わない」は双方に落ち度があると考えて、部下の人も無駄な時間を使わないためにも確認を怠らないようにしましょう。

 

【関連記事】

【上司論】優しいが評価は厳しい上司/怖いが評価は甘い上司

 

やる気を奪う上司との関係に悩んだら

もしあなたが「やる気を奪う上司」との関係に悩んだら、転職を考えてみてはどうでしょうか。

 

「上司との関係で転職するなんて、、逃げじゃないか」と思われるかもしれません。

しかし「上司との関係」で精神的にも辛い思いをして身体を壊す人もいます。

 

またその上司の元で働き続けても、今後自分のモチベーションが上がりませんよね。

 

もしあなたが少しでも転職を考えたら、転職エージェントに無料登録して「転職のプロ」に相談することをおすすめします。

上司との関係で転職しても、不利にならないようにアドバイスをもらうことができます。

 

他にも転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス
  • あなた一人では見つけきれない非公開求人の紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

自分一人ではできない部分を、転職エージェントがカバーしてくれます。

これだけでも転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかもサポートは無料です。

 

私の転職経験6回の中で、実際に利用したおすすめの転職エージェントをご紹介します。

私も転職エージェントを活用して、役職も年収も上がり、職場環境の良い職場へ転職しました。

 

<おすすめ転職サイトはこちら>

リクナビNEXT/転職サイト求人数や実績NO1。まずは登録して求人を探してみてください。

ビズリーチ/年収600万以上の方は登録しておいて、あなたに合うスカウトを待ちましょう。

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

DODA/転職サイトと転職エージェント両方のサービスが受けられる。一番のおすすめです。

パソナキャリア/長期的支援を求める人におすすめ。転職が決まるまでサポートしてくれます。

JAC Recruitment/30代以上で年収アップのハイクラス求人を求める人におすすめです。

リクルートエージェント/転職支援実績No1。多くの求人を紹介してもらいたい人におすすめ。

 

転職や転職エージェントを活用することをネガティブに捉えるのではなく、「自分の人生を好転させるための手段」と考えてみてはどうでしょうか。

 

あなたが幸せになるために「職場環境の良いホワイト企業で働きたい」と少しでも思ったら、転職エージェントに気軽に相談してみてくださいね。

 

まとめ

「部下のやる気を奪う上司」の特徴を5つにまとめました。

 

上司も人間なので、何もかも完璧にはできませんが、自分に当てはまる所があれば改善する努力をしましょう。

 

また、話しが全く通じないモンスター部下を除いて、大前提としては「部下は弱い立場である」ことを認識して下さい。

これを認識するだけでも、接し方が変わってきます。

 

【関連記事】

仕事ができない無能上司との付き合い方【腐ると自分が損する】

 

もし「やる気を奪う上司」に悩んで、転職を考えたら転職エージェントDODAへ無料相談することをおすすめします。

私が活用した中で1番おすすめの転職エージェントです。

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG