これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

自分のミスは笑って済ませるが、人のミスには厳しい人の心理

あなたの周りに「自分のミスには寛容で、人のミスには厳しい人」はいませんか?

 

このような「自分勝手」な人って、どの職場にも一人ぐらいいますよね。

「自分に優しく、人に厳しい」人は必ずと言っていいほど、人間関係で揉めます。

 

今回は「人のミスは笑って済ませるが、人のミスには厳しい人の心理」と題して、特徴や対応方法をご紹介します!

もしあなたが当てはまっていれば、見直さないと人間関係で苦労するかもですよ。

 

自分のミスは笑って済ませるが、人のミスには厳しい人の特徴

他人に優しいと勘違いしている

「自分に優しい・甘い」と認識はしていますが「自分は他人にも優しい・甘い」と勘違いしている場合があります。

 

このように勘違いしている理由として、次のことが挙げられます。

  • 言ったことをすぐ忘れる
  • 人に厳しくしたことの理由を正当化している
  • 優しくした時のことはよく憶えている

 

そもそも人に言ったことをすぐ忘れる人もいます。

厳しく言われた方はよく憶えているのに、厳しく言った側はさほど憶えてパターンです。

 

また「厳しくしたのには理由がある」と自分の中で厳しく言うことを正当化する場合もあります。

 

もちろん、その人のためを思い「厳しく注意する」場面もあると思いますが、人格否定をしたり、怒鳴りつけていいはずがありません。

人格否定をしたり、怒鳴りつけても「仕方がない」と正当化するのは論外です。

 

また、自分がたまに人に優しくしたことだけ記憶に強く残っている人もいます。

こういう「いいことだけ憶えている」性格はある意味、羨ましいですね( ;∀;)

自分は許されるキャラだと思っている

自分はミスをしても、周りから許されるキャラだと勘違いしている場合もあります。

 

自分も周りのミスを許し続けていれば、周りも自分のミスを許してくれるのは話しがわかります。

自分は周りのミスを許さないのに、自分のミスだけ許してもらおうなんて、、図々しいです。。( ;∀;)

 

このタイプは、自分がミスした時は笑って「仕方がない。人間誰でもミスはある」みたいな事を言って、周りがミスをしたら「なんでミスするんだ!ちゃんと確認したのか!」と言い出すタイプです。

 

うーん。。腹が立ちますね( ゚Д゚)

自分は特別だと思っている

先程の「自分は許されるキャラだと思っている」に似ていますが、自分は特別だと思っている人もいます。

 

特に中小企業の社長や年配の経営陣に多いです。

何が特別なのか、さっぱりわかりませんが、、自分のミスは棚に上げて、人がミスすると怒りまくるタイプです。

 

「俺はお前らとは違うんだ」と言いたいばかりに威張る人です。

年配の威張り散らす人を見るたびに「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉を思い出します。

 

私も40歳を超えて、この言葉を常に頭に置いておかなければと思い直します。

こういう人たちは反面教師にするしかないですね!

そもそも何も考えていない

悪気がなく「自分に優しく、人に厳しい人」もいます。

本当に何も考えていないのです。

 

その場の機嫌で怒ったり、許したりするタイプです。

このタイプには振り回されないように注意しなければいけません。

 

このタイプに一喜一憂していたら、こちらの身が持ちません。

怒られても適当に流すぐらいでちょうど良いのではないでしょうか。

 

自分のミスは笑って済ませるが、人のミスには厳しい人の対応方法

自分のミスは笑って済ませるが、人のミスには厳しい人の心理

思い切って指摘してみる

相手が年上や上司であれば、難しいかもしれませんが、思い切ってその人がミスして笑っていれば「自分のミスには甘いんですね」と突っ込んでみましょう。

 

これは気の弱いにはハードルが高いかもしれませんね。

言い方のコツとしては、あまり真剣に怒って言わないようにすることです。

 

真剣に言うと、相手から「そんなことはない!」と言われ、ケンカになる場合があります。

 

笑いながら明るく伝えた方が良いと思います。

 

相手がこれで気が付いてくれたらラッキーです。

なかなか直らないかもしれませんが、20代で若い人にはそれとなく指摘してあげることが、本人のためにはなると思います。

割り切って接する

大人の対応をするならば「この人は自分に優しく、他人に厳しい人なんだ」と割り切って接することです。

 

腹が立つこともあると思いますが、割り切りましょう。

特に上司が「自分に優しく、他人に厳しい」タイプであれば、割り切って接するのが無難な方法です。

我慢できる範囲であれば割り切って我慢しましょう。

 

もし「どうしても腹が立って仕方がない!」と思ったら、部署異動願いや転職を考えてみて下さい。

 

転職を考えたら、求人数No1の転職サイト「リクナビNEXT」に登録して、自分に合う求人を探してみましょう。

登録は5分で完了。もちろん無料です。

 

様々な転職サイトがありますが、最初に登録するのは求人数No1の「リクナビNEXT」一択だと思います。

30代向け

厳しくされても怒られても聞き流す

「自分に優しく、人に厳しい」タイプの人の「言うことなんてまともに聞けるか!」と聞き流しましょう。

 

相手の機嫌や性格に振り回されるだけ、自分が損しますよ!

 

割り切って接することに似ていますが、何か厳しく言われても聞き流しましょう。

もちろん仕事なので、仕事上の指示は聞き流す訳にはいけませんが、ミスや失敗に対して必要以上に厳しく責めたてられた場合は、まともに受けずに聞き流して下さい。

 

真面目な人は仕事上の指示以外のこともまともに受けてしまって、精神を疲弊している場合があります。

 

「自分に優しく、人に厳しい」人は人間的にもあまり尊敬できないですよね。

言葉は悪いですが、時には「その人を下に見て」見下すぐらいでちょうどいいかもしれません。

 

もちろん「見下す」には心の中だけにして下さいね( ;∀;)

顔に出してしまうと、ますます怒られることになりますからね!

 

まとめ

「人のミスは笑って済ませるが、人のミスには厳しい人」の特徴や対応方法をご紹介しました。

 

基本「自分に優しく、人に厳しい」人は厳しい言い方になりますが、人間的に問題がある思います。

付き合わないのが一番ですが、仕事上そういう訳にもいきませんよね。

 

付き合うコツは割り切ったり、聞き流したりして、相手の反応に一喜一憂しないことです!

 

あまり真剣に考えない方が良いのではないでしょうか。

自分が精神的に疲弊しないことを最優先に考えて、行動することが一番大切ですよ!(^^)!

 

上司が「自分に優しく、人に厳しい」タイプの人で、どうしても耐えられない場合は環境を変えることも一つの手です。

 

あくまで転職は最終手段ですが、転職活動をしてみて「自分にマッチする求人」を知るだけでも気が楽になりますし、自分の市場価値を知ることもできます。

 

最初に転職サイトに登録する場合はご紹介した通り「リクナビNEXT」一択です。

30代向け

 

人間関係で「今すぐ辞めたい!」「すぐに転職したい!」という場合は「DODA」であれば、転職サイトと転職エージェント機能が両方利用でき、手厚いサポートで転職をバックアップしてくれます。

doda

求人数の量も質も非常にバランスの取れた転職サイトです。

20代~50代まで幅広い年齢層で、様々な業界や職種にも対応してくれるので、初心者の方に特におすすめです。

 

転職サイトDODAで求人を見つけて、転職エージェント経由で応募することをおすすめします。

私が一番頼りにした転職サイト・エージェントです。

 

真剣に転職を考えたら、まずはDODAに登録すれば間違いないです。

 

関連記事

転職活動を進める上で「転職サイト」と「転職エージェント」を上手に活用することが転職を成功させる近道になります。 しかし、あなたはこの「転職サイト」と「転職エージェント」の違いを明確に把握されていますか?両者[…]

転職エージェント
関連記事

あなたの周りに極端な思考や行動をする人はいませんか? 今回はそんな「極端な性格の人の特徴」についてご紹介します。正直、極端は危険です。。 あなた自身も極端な思考や行動になっていない[…]

最新情報をチェックしよう!
>転職を成功させるために転職エージェントを上手に活用しよう!

転職を成功させるために転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。

CTR IMG