転職を6回経験した46歳男性会社員が運営中。転職や仕事の悩みを解決する情報を発信しています。お気軽にお立ち寄りください。

パワハラ上司を追い込む方法!【あなたの心と未来を守るために】

  • パワハラ上司の理不尽さに悩んでいる
  • パワハラ上司の顔を見るだけでも嫌だ
  • もうあの上司がいる会社に行きたくない、辞めたい

 

このようにパワハラ上司に悩んでいる方に送ります。

 

私も怒鳴ったり、暴言を吐くパワハラ上司に悩まされた経験があります。

その経験はトラウマになり、違う普通の上司にもうまく話せなくなった経験もしました。

 

中にはパワハラ上司のせいで、精神が病んでしまう人もいます。

個人的にパワハラ上司は許せません。

 

本記事は言葉は過激になりますが、パワハラ上司の対処法と追い込む方法をご紹介します。

「パワハラ上司に仕返しする!」というより「あなたの心と未来を守るため」に本記事を参考にしてください。

 

パワハラ上司の暴君で、あなたの未来を壊されたらたまったもんじゃないです!

記事を読み終えると、あなたはパワハラ上司への対応がわかり、気持ちがラクになるはずです。

 

パワハラを受けた経験がある割合

パワハラ上司を追い込む方法!【あなたの心と未来を守るために】

出典:Job総研『2022年ハラスメント実態調査』

 

約3割の人が「パワハラを受けたことがある」と回答しました。

また当事者ではないが「パワハラがある」と回答した人も約1割います。

 

約4割の人が「パワハラを受けた・見た」と答えているのです。

パワハラに悩んでいるのは、あなただけではないということです。

 

また依然として、パワハラの多さにも愕然とする結果ですね。

 

誰からパワハラを受けたか

パワハラ上司を追い込む方法!【あなたの心と未来を守るために】

出典:Job総研『2022年ハラスメント実態調査』

 

これはやはり直属の上司からが約7割を占めています。

 

個人的には「役員・代表取締役」と回答した人が25%もいるのに驚きです( ;∀;)

経営陣がパワハラをすると、社員はもう逃げ場がありません。

 

まだ上司がパワハラするのだと、経営陣に何とかしてもらう手立ては残ります。

 

パワハラ上司の対処法

パワハラ上司の特徴をつかむ

  • 報告が遅いと怒られる
  • とにかくお伺いを立てないといけない
  • 書類のミスを極端に嫌う

 

どの上司にも必ず特徴があります。

 

特に「怒り」の沸点がどこかを見極めることが大切です。

 

さすがのパワハラ上司も、何もしていないのにいきなり怒ってこないですよね。

また「仕事ができていれば怒られない」というのもあると思います。

 

同僚などで、なぜか怒られない人っていませんか?

怒られない人はバリバリ仕事ができるというのもあるかもしれないですが、上司の怒りの沸点を把握し、うまくかわしているケースも多いです。

 

「この上司は書類の記載漏れにうるさいから、提出前にもう一回書類をチェックしよう」

このように上司から怒られることを意識して回避しているのです。

 

上司の特徴を把握して、怒りの沸点に触れないようにしましょう。

関連記事

あなたは会社で上司とうまく関係を築けていますか? 上司にも様々な性格や考え方の方がいます。上司からは「優しく接してもらいたいし、評価も甘くしてほしい!」というのが部下の共通した思いですよね。&nbs[…]

 

はっきりと反撃・反論をする

パワハラ上司から怒鳴られたり、ねちねち嫌味を言われると精神的に追い詰められますよね。

 

反論するのも怖いと思います。

 

ただここは勇気を持って、はっきりと反撃・反論することをおすすめします。

上司の言うことを聞くのが「良い社員」とは限りません。

 

人間悲しいですが、弱いものには強くでるものです。

特にパワハラ上司は人間的にできているとは言い難く、弱い卑怯な人間とも言えます。

 

そんなパワハラ上司にはっきりと大きな声で反撃してみてください。

本当に気が弱いパワハラ上司なら、明日から攻撃してこなくなるはずです。

 

尊敬できる上司の前では「良い子」でもいいですが、パワハラ上司に「良い子」である必要はありません。

勇気を出して反撃・反論をしてみてください。

関連記事

職場で上司との関係で悩んでいる方も多いと思います。 上司との関係が悪いと、大きなストレスになりますよね。 逆に上司との関係がうまくいっていると仕事が進めやすくなります。[…]

仕事をしない困った部下への対処方

 

パワハラをまとも受けずに流す

パワハラを気にしなくなることができれば最強です。

 

「思考停止になれ」と言っているのではありません。

「従順に従う」ともニュアンスが違います。

 

「ハイハイいつものパワハラね。小さい上司だねー」と受け流すことができれば無敵です。

ここまで気持ちを持っていくのは難しいかもしれないですが、パワハラ上司の行為をまともに受ける必要はありません。

 

上司が部下を指導するときに怒りや怒鳴り声、嫌味や人格否定などをするのは明らかに間違っています。

 

その間違っている行為をまともに真面目に受けることはありません。

パワハラをしてくる上司を見下すぐらいでちょうどいいのです。

本当に仕事ができる上司はパワハラをしてきません!!

 

これが真実なので、パワハラをまともに受けて「自分が悪いんだ、、」と考えないでくださいね。

関連記事

残念ながら「部下を潰す上司」は多く存在します。実際「部下を潰す上司」のもとで働き「ひどい目にあった、、」という人も多いと思います。 最近は「部下を潰す上司」を「クラッシャー上司」とも言います。&nb[…]

 

パワハラ上司を追い込む方法

パワハラ上司を追い込む方法!【あなたの心と未来を守るために】

 

これからご紹介する方法は、本当にパワハラ上司を追い込む方法です。

パワハラ上司に同情の余地が一つもなく、このままだとあなたの心が壊れてしまうときに使ってください。

 

上司のさらに上の上司に相談する

まず効果的なのは、上司のさらに上の上司に相談することです。

 

あなたが受けたパワハラを、そのまま正直に伝えてください。

 

まともな会社で、あなたが普通に頑張っていれば、上の上司は何らかの対策を取ってくれるはずです。

  • パワハラ上司を注意する
  • パワハラ上司かあなたを異動させる
  • パワハラ上司を降格させる

考えられる対策は上記のとおりです。

 

パワハラの度合いにもよりますが、場合によっては厳しい処罰が待っています。

 

複数人でさらに上の上司か人事部に相談する

さらに上司を追い込む方法です。

 

一人で相談に行っても、もしかしたら受け入れてくれないかもしれません。

一人の意見だと「もしかしたら感情的になって、大袈裟に言っているだけでないか」と疑われることもあります。

 

特に最近は「モンスター社員」も多く、少し叱責しただけで「パワハラだ!」と言ってくる問題社員もいます。

 

私もありえないモンスター社員に悩まされました。

 

詳しくは話が外れるので、次の記事から。

関連記事

あなたは「モンスター社員」という言葉をご存じでしょうか。本記事は管理職の方に向けて「モンスター社員」のありえない特徴をご紹介します。 管理職の中でも中間管理職だと、昔から上司と部下の間に挟まれ「上からも言わ[…]

 

もし一人の意見だけでは難しければ、複数人で上の上司か人事部に相談しましょう。

 

パワハラ上司に恨みを持っているのは、あなただけではないケースも多いです。

その気になれば複数人で直訴するのは難しくありません。

 

複数人で直訴すれば、上の上司や会社は動かざるを得ません。

これは決定的なダメージを与える方法です。

 

第三者機関に相談する

労基や会社に上司や人事部以外の相談窓口があれば、第三者機関に相談するのも効果的です。

 

労基に相談する場合は、パワハラ上司との会話を録音したり、言われて傷ついた言葉を記録しますしょう。

録音や記録がなく、ただ口頭で「パワハラ上司がひどいんです!」と言っても、取り合ってはくれない可能性が高いです。

 

これは先ほどご紹介した「モンスター社員」がいるからです。

上司が少し指導したぐらいで、逆恨みして労基に行く人が実際にいます。

 

労基も上司の行為がパワハラに当たるかどうか見極めるために、録音や記録などの証拠が必要になります。

 

記録するときは次の「5W2H」を意識してまとめると効果的です。

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • なにを(What)
  • どうする(How)
  • なぜ(Why)
  • どれくらい(How much)

 

第三者機関に相談するときは録音と記録を忘れないようにしてください。

関連記事

あなたは 「退職代行サービス」をご存じですか? 「退職代行を使って退職の申し出を受けた」もしくは「退職代行を使って退職した」という方もいらっしゃるかもしれません。 本記事では「退職代行」を[…]

 

異動を申し出る

パワハラ上司の顔も見たくないのであれば、異動を申し出るのも一つの手です。

 

異動を申し出る理由は、はっきり「パワハラに耐えられないからです」と伝えましょう。

別に遠慮をする必要はありません。

 

「会社を辞めるまではしたくない」と思ったら、まずは異動を申し出てみてください。

 

退職して転職する

パワハラ上司を追い込む方法!【あなたの心と未来を守るために】

出典:Job総研『2022年ハラスメント実態調査』

 

実際にパワハラ上司が原因で転職した割合は約25%です。

 

4人に1人がパワハラが原因で転職しています。

「転職を考えている人」も合わせれば、半数の人がパワハラで転職を考えた(実際にした)ことになります。

 

それほどパワハラは転職理由になるのです。

 

退職理由も思いっきり「パワハラが理由です」と上司に言っても良いです。

勇気を持って真実を伝えることで、会社に残っている同僚はうれしいはずです。

あなたが声を上げたことでパワハラがなくなれば良いですよね。

 

そうすればパワハラが理由で、部下に退職された上司の評価はガタ落ちです。

 

パワハラ上司が原因で転職を考えたとき頼りになるのが、転職のプロからサポートを受けられる転職支援サービスです。

転職で大切なことは、自分の市場価値を把握することです。

 

これは転職サイトなどに登録し、調べることができます。

  • 転職サイトのスカウト機能を利用して、企業からどんな求人が届くか確認し、自分の経験やスキルがどのようなポジションで可能性があるかを知る。
  • 年収査定をしてもらい、現職の収入が適切かどうかと自分の市場価値を知る。

 

転職サイトに登録すると「自分の希望や自分の価値」「市場との価値」が客観的にわかるため、転職のミスマッチを未然に防ぐことができます。

そこから「転職するか・しないか」の判断材料にも使えます。

 

全年代におすすめは転職を最後まで手厚くサポートしてくれる、大手転職エージェントのパソナキャリアです。

 

ハイクラス転職でヘッドハントやスカウトを待ちたい、年収750万以上の方はビズリーチがおすすめです。

 

転職エージェントと面談すると、次のメリットがあります。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方サポート
  • 非公開の特別な求人紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

転職において自分一人ではできない部分を、転職エージェントがサポートしてくれます。

 

またエージェントへの登録は無料なので安心です。

 

私が転職6回の中で利用して、おすすめできる転職サイトと転職エージェントです。

  • 『ビズリーチ | 高年収求人とヘッドハンターからスカウトあり(年収750万以上向け)』

➡【公式】https://www.bizreach.jp/

  • 『パソナキャリア | 転職が決まるまで手厚くサポート』

➡【公式】https://www.pasonacareer.jp/

  • 『JAC Recruitment | 30代以上おすすめ。ハイキャリア向け』

➡【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

 

自分のこれまでのキャリアを棚卸しする意味でも、転職サイトに登録してみてはどうでしょうか。

関連記事

私は転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを使いキャリアアップしてきました。 その経験から、転職サイトと転職エージェントに登録、相談することが、転職を成功させる近道になると実感してい[…]

 

パワハラ上司に人生を左右されてはいけない

パワハラ上司を追い込む方法!【あなたの心と未来を守るために】

パワハラを受け続けると、次の状態に陥ります。

  • 言われたことだけを行う思考停止状態
  • 怒鳴られるのは自分が悪いんだと自分を責める
  • 恐怖で失敗を極端に恐れる
  • 不眠で頭がぼーっとしたり、ものごとが考えられなくなる
  • 身体と心が不調をきたし壊れてしまう

最悪の場合、あなたの人生を壊されてしまうのです。

 

  • 上司の言うことは聞かないといけない
  • 上司の言うことは間違いない
  • 上司が悪いのでなく、できない自分が悪いんだ

このようにまじめな人ほど、パワハラ上司の餌食となり、壊されてしまいます。

 

あなたがいくら悩んでも、苦しくても、パワハラ上司は何とも思っていません!

 

あなたの人生をパワハラ上司に左右されてはいけないのです。

 

心が壊されてしまったら、反撃する気力も湧きません。

心が壊される前に反撃しても、逃げても良いので、自分自身を守ることを最優先に考えてください。

 

まとめ

パワハラ上司の対処法と追い込む方法をご紹介しました。

 

パワハラ上司に怒鳴られたり、恫喝されると正直怖いです。

ただご紹介した手段で対応すれば、あなたの未来は変わるはずです。

 

パワハラは許されるものではありません。

 

パワハラ上司にあなたの大切な心と未来を潰れれてはいけません。

自分のために少しの勇気を持って立ち向かってくださいね。

「転職ミチシルベ」はあなたを応援しています!(^^)!

 

最後にパワハラ上司の対応にどうしても悩んだら、転職エージェントのサポートを受けて理想の転職先を見つけてください。 【おすすめ転職サイト・エージェント】

繰り返しますが、あなたの心と未来を守るのが最優先です。

 

転職して問題が解決するのであれば、それは逃げではなく、前向きな勇気ある決断です。

  • 『ビズリーチ | 高年収求人とヘッドハンターからスカウトあり(年収750万以上向け)』

➡【公式】https://www.bizreach.jp/

  • 『パソナキャリア | 転職が決まるまで手厚くサポート』

➡【公式】https://www.pasonacareer.jp/

  • 『JAC Recruitment | 30代以上おすすめ。ハイキャリア向け』

➡【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

 

私の経験では、親身になって手厚くサポートしてくれるパソナキャリアが一番おすすめです。

 

パソナキャリア
5

最大の特徴は『転職が決まるまで』サポートしてくれる安心感!
パソナキャリアを通じて転職した方の「67.1%」は、転職後の年収がアップ。
オリコン顧客満足度調査、転職エージェント総合1位(4年連続/2019年~2022年)。

ただ転職エージェントに登録したからと言って、ムリに転職する必要はありませんよ。

面談してから転職するか、現職に留まるか判断すれば良いと思います。

 

もし少しでも転職に興味がある方は、次の記事も併せてご覧ください。

関連記事

私はこれまで転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェント活用しました。 転職サイトと転職エージェントを上手に活用することが、転職を成功させる近道になります。しかし、どの「転職サイト[…]

関連記事

私は転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを活用しました。 転職を成功させるには転職サイトと転職エージェントを上手に活用することが重要です。しかし、どの「転職サイト」と「転職[…]

関連記事

私は転職を6回経験し、数多くの転職サイトと転職エージェントを活用しました。 転職を成功させるには転職サイトと転職エージェントを上手に活用することが重要です。しかし、どの「転職サイト」と「転職[…]

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策をしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用してください。

CTR IMG