これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

職場で理不尽さを感じたり、上司から理不尽に怒られた時の対応方法

職場で「理不尽」さを感じたり、上司から理不尽に怒られた経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

 

生きていると様々な「理不尽」なことに出会います。

 

以前の記事で、上司から理不尽で感情的に怒られても、自己肯定感を高めることで「気にならない」ようになりますと書きました。

関連記事

あなたがこれまで仕事で一番つらかったことは何ですか? 人によってつらかったことは様々だと思います。私がこれまで仕事で一番つらかったことは、上司に理不尽に怒られたことです。 真面目に[…]

 

この職場や上司の「理不尽」をもう少し掘り下げて考察します。

理不尽なことがあっても平常心を保つためにはどうすればよいか、具体的な考え方や対応方法をご紹介します!

 

職場で理不尽さを感じたり、上司から理不尽に怒られた時の対応方法

理不尽は少なくなってきた!?

まず「理不尽」の意味を考えてみましょう。

道理をつくさないこと。道理に合わないこと。また、そのさま。

 

「道理が合わない」とは「すじが通っていない」と言い換えることができます。

いわゆる「こうだからこう」ということが成り立っておらず「こうなのに、なぜそうなる!?めちゃくちゃやん」ということです。

 

一昔前の部活で「水を飲んではいけない」ということも、今考えると理不尽ですよね。

 

現代ではこの「理不尽」自体は減っているのでないかと思います。

ただ、これは大きく捉えて、世の中のルールや仕組みの中の理不尽が減っているという意味です。

 

個人レベルや会社レベルでは、まだまだ理不尽はどうしても根深く残っています。

 

理不尽に弱い人の特徴

世の中の理不尽が減っているということは、年齢が若い人ほど「理不尽の場面」に出会うことが少なくなっているのではないでしょうか。

 

理不尽に出会うことが少ないということは「理不尽」に対する耐久性がついていないということです。

子供の頃に理不尽をたくさん経験していれば、大人になって「理不尽」に対する免疫がついているはずです。

 

大人になって急に「理不尽に強くなれ!」と言っても難しいです。

 

言い方が変ですが、、やはり子供の頃に「理不尽」をある程度、経験させることは大切だなと感じます。

何でも無菌状態で育った子供が、大人になって社会に投げ出されたときに困るのは本人ではないでしょうか。

 

もう一つ、理不尽に弱い人の特徴として「正義感が強い、曲がったことが嫌い」という特徴があります。

理不尽は「すじ道が通っていない。めちゃくちゃやん」ということなので、曲がったことが嫌いな人には受付られません。

 

自分が理不尽なことをしない分、相手が理不尽なことをしてくることが理解できません。

「正義感が強く、曲がったことが嫌い」なことはもちろん、長所に挙げられます。

その一方で「柔軟性がない」ことも表裏一体にあり、理不尽に対しては弱くなる傾向があります。

 

理不尽への対応方法

「上司から理不尽に怒られて」という個人レベルの「理不尽」は聞き流したり、気にしなかったり、自己肯定感を高めて対応しましょうと以前の記事で書きました。

 

ここで具体的な職場での理不尽の例を挙げてみます。

  • 人のミスを自分にせいにさせられた
  • 成果を出しているのに認められない
  • 自分だけ仕事量が多い

このような理不尽なことがあったときには、どうすれば良いでしょうか。

 

私が提案したい理不尽への対応方法は次の通りです。

  • 理不尽に会うのはみんな一緒。自分だけではない
  • 生きていく中で理不尽があることは当たり前
  • 理不尽を真に受けるのではなく、その場を凌ぐ

 

理不尽は自分だけに降りかかるものではないし、生きていたら必ずあるもの。だからこそ、真に受けて落ち込んだり、怒ったりするのではなく、取り合えずその場を凌ぐイメージです。

 

理不尽を嵐だと思ってみましょう!(^^)!

必ず通り過ぎますし、年月が経てば、いつかは笑って教訓にできる日がくるはずです。

 

「そんなこと言われたって、そんなに簡単に割り切って考えられないよ!」と思われるかもしれませんが、理不尽とは「すじが通っていないこと」ですよね。

「すじが通っていない」ので、いくら考えても理不尽に対する答えは出てこないのですよ!

だって、めちゃくちゃなんですから( ;∀;)

 

「AだからBよってC」みたいな論理的な考えが破綻していることが「理不尽」な訳なので、いくら考えてもムダなだけなのです。

 

答えの出ない問題を考えても仕方がないですよね。。

だからこそ理不尽は嵐と捉えて、まずはその場を凌ぐことに注力してみてはどうでしょうか。

 

理不尽には応戦するべきか?

「理不尽には応戦するべきだ!」という意見もあると思います。

 

それは最も意見で否定はしません。

ただ応戦して、戦った後に残るものをよく考えて応戦すべきです。

 

特に個人レベルの理不尽に応戦して相手を打ち負かすことが、自分に取って良いものなのか、プラスになることなのかをよく考えてから行動に移すべきだと思います。

 

理不尽に応戦して「勝つ」ことで得られる「満足感」はあるかもしれませんが、その「満足感」だけのために失うものの方が大きければ、むなしいだけで意味がありません。

 

「応戦するな!」とまでは言わないですが、理不尽に真っ向勝負するより、やはり「その場をうまく凌ぐ」考え方の方が自分が受けるダメージも少ないのではないでしょうか。

 

まとめ

大なり小なり、職場に限らずですが、生きていく中で『理不尽」は避けられないものだと捉えてみましょう。

 

納得するしないではなく「そういうもんだ」と考える方が楽かもしれませんね。

 

私も若いころは「すじが通っていない」ことが嫌いで、理不尽なことを極端に嫌っていました。

「すじが通っていない」と応戦して相手も自分も傷つき、つらい経験もしました。

 

年齢を重ねたこともありますが、柔軟に考えるようになって、気持ち的には楽になりました。

 

不特定多数の理不尽が生きていく中にはあるので、ご紹介した考え方や対応方法を参考にしていただければ幸いです!(^^)!

 

※合わせて、下記の記事もご覧下さい!(^^)!

関連記事

あなたは「自分を責めてしまう」ことはありますか? 落ち込むことや嫌なことがあった時に、さらに「自分を責めてしまい」ますます落ち込むことがありませんか? 私も自分を責めていた時は自己嫌悪に陥[…]

関連記事

一般的に日常生活や仕事において「忘れる」ことはマイナスのイメージで使います。 買ってこないといけないものを忘れた 勉強でせっかく覚えたのに忘れた 仕事でこの仕事を頼まれていたのに忘れた […]

 

職場や上司の理不尽に耐えられない場合

もしどうしても職場や上司の理不尽に耐えられない場合は、環境を変えることも考えてみて下さい。

 

あまりに理不尽がまかり通る職場にいても、あなたが疲弊するだけです。

どの会社も多少の理不尽はあると思いますが「度を越えた理不尽」だと感じたのであれば、少し勇気を出して、今後の自分の人生のために転職も視野に入れてください。

 

もし少しでも転職を考えたら、転職エージェントに無料登録して相談することをおすすめします。

 

転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方のサポート
  • 一般では非公開の求人紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

転職において自分一人ではできない部分を、転職エージェントがサポートしてくれます。

これだけでも希望の転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかも登録は無料で簡単です。

 

私の転職6回の中で、実際に活用したおすすめ転職サイトと転職エージェントのご紹介です。

次の転職サイトや転職エージェントのサポートを受けて、転職を成功させました。

 

<おすすめ転職サイトはこちら>

 

<おすすめ転職エージェントはこちら>

 

転職をネガティブに捉えるのではなく「自分の人生を好転させるための手段」と考えてみてはどうでしょうか。

 

「職場環境の良い会社で働きたい」と思ったら、まずは転職エージェントに気軽に登録してみてください。

 

転職エージェントに登録して、自分の職場や上司の理不尽さを相談するだけでも良いと思います。

最終的に転職をするかどうか相談した後に決めれば良いことです。

 

どうしても理不尽に耐えられない場合には一人で抱え込まずに気軽に相談してみて下さい。

きつとあなたの力になってくれるはずです。

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG