これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

仕事で大切な『バランス感覚』を身に付けると身体も心も安定する

「仕事をする上で大切なことは何ですか?」と聞かれた時に、あなたはどう答えますか?

 

私は「バランス感覚」と答えています。

これはどの業種や職種でも、共通して言えることだと思います。

 

ではなぜ仕事をする上で「バランス感覚が大切なのか」と「バランス感覚の身に付け方」をご紹介します。

 

記事を読み終わると、あなたは仕事で一番大切な「バランス感覚」の身につけ方がわかり「身体と心の安定」を手に入れることができます。

 

バランス感覚が大切な理由

以前「バランス」とは反対の「極端」についての記事を書きました。

関連記事

あなたの周りに極端な思考や行動をする人はいませんか? 今回はそんな「極端な性格の人の特徴」についてご紹介します。正直、極端は危険です。。 あなた自身も極端な思考や行動になっていない[…]

 

仕事において、極端な行動や思考は人間関係などを含めトラブルの元になります。

そこで、いかにバランス感覚が大切か考察していきます。

 

ワーク・ライフ・バランス

「バランス」と聞いて、この「ワーク・ライフ・バランス」を思い浮かべる方もいらっしゃると思います。

「働き方改革」と合わせて、よく聞く言葉ですよね。

 

「ワーク・ライフ・バランス」は「仕事と生活の調和」と訳されます。

 

内閣府のHPから意味を引用します。

誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育て・介護の時間や、家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができるよう、今こそ、社会全体で仕事と生活の双方の調和の実現を希求していかなければならない。

 

「きちんと仕事して、個人の時間も持てるように社会全体で考えましょうね!」という意味です。

いずれにしても、現代では「がむしゃらに長時間労働して、仕事一辺倒の生活を送る」ことを、国も推奨していないということです。

 

人生の中で「仕事と生活」をバランスよく配分することが、これからの時代は会社にも個人にも求められています。

ここでもキーワードは「バランス」になります。

 

ちょうどいいあんばい

ここでは「バランス」 =  「ちょうどいいあんばい」という言葉に置き替えます。

 

仕事をする上で「ちょうどいいあんばい」が必要になるケースを羅列します。

  • 仕事量は多すぎてもいけないし、少なすぎてもいけない
  • 期日設定は短すぎてもいけないし、長すぎてもいけない
  • 利益を取り過ぎてもいけないし、取らなすぎてもいけない
  • 上司は部下を干渉しすぎても、放置しすぎてもいけない
  • 誰か特定の社員に仕事が集中してはいけない
  • 中間管理職は経営陣のことばかり考えてもいけないし、部下のことばかり考えてもいけない

 

このように仕事を進める上で「ちょうどいいあんばい」が必要な場面が多くあります。

「ちょうどいいあんばい」に調整する「コントロール能力」が仕事をする上でとても重要になってくるといる訳です。

これは常に調整しながら、コントロールし続けないといけません。

放っておくと、必ずどちらかに比重が傾いていきます。

 

もっと具体的に言うと、上司がマネジメントをするときを例に挙げます。

 

次の文の頭に「ちょうどいいあんばいで」を付けてみて下さい。

  • 仕事量を配分しているか
  • 期日を設定しているか
  • 人員を配置しているか
  • 予算を策定しているか
  • 進捗状況のチェックができているか
  • 指導、教育ができているか
  • 経営陣からの指示を共有できているか

しっくりきませんか?

 

「ちょうどいいあんばい」は「やり過ぎても」「やらな過ぎても」いけないということです。

「ちょうどいいあんばい」をキープし続けることが、マネジメントにおいてもとても重要なことです。

 

バランス感覚を身に付ける方法

ではどのようにして「バランス感覚」を身に付けて「ちょうどいいあんばい」をキープし続けることができるでしょうか。

 

「極端な行動」が必要!?

まず「バランス感覚」を身に付けるためには「極端な行動」を取ってみることです!!

 

???

「バランス」を取ることが大切で「極端はダメよ」と言っているのに、、( ;∀;)

「何を言っているんだ!?」と思われたら、すみません。。

 

私がお伝えしたいことは次の通りです。

「極端な行動」をすると「問題が起きる、トラブルになる、仕事がうまくいかなくなる」という「境界線」が見えてきます。

 

これは頭で理解するのではなく、やってみて肌で感じることだと思います。

「バランス感覚」を身に付けるとは「やりすぎ」「やらなさすぎ」の間に持っていく「調整力」をつけるということです。

自分が「やりすぎ」と「やらなさすぎ」の境界線を把握していないと、そもそも調整のしようがありません。

 

この境界線を把握するためには頭の中だけ考えるのではありません。

「やり過ぎて」←「ここまでいったらダメなんだな」ということを把握するのです。

少しややこしい話になってすみません。。

 

何か良い例がないかと考えてみて、、ドラゴンボールで例えます( ;∀;)

 

「これ以上、修行したら死んでしまう!」ところを把握するためには「死んでしまうかもしれない」ギリギリまでやってみないとわかりません。

 

このギリギリがわかるようになると「これ以上、修行したら死んでしまう!」一歩手前まで修行することで、戦闘力を各段にアップさせることができます。

 

全然、楽勝な修行をしても戦闘力はアップしませんよね。

 

「これ以上、修行したら死んでしまう!」一歩手前が1番、戦闘力がアップします。

 

それを自分で把握するためには「死んでしまう」限界まで修行をしてみないとわからないということです。

 

イメージはつかんでいただけたでしょうか??

 

「やりすぎ」「やらなさすぎ」の境界線がわかることで、バランスを取ることができるのです。

 

自己チェックが必要

バランスを取り続けて、仕事ができているかを確かめるためには「自己チェック」も必要になります。

 

「今、部下に干渉しすぎていないか、逆にほったらかしにしすぎていないか」などを常に自問自答してチェックしていくことです。

自己チェックしないと、無意識の内にどちらかに偏ることはよくあることです。

 

イメージとして「やじろべえ」を思い浮かべて下さい。

 

落っこちないようにバランスを取りながら、進んでいくイメージです。

 

「うまくいかない」ときは、バランスが崩れている

  • 数字が上がらない
  • 人間関係の問題が起きる
  • クレームやトラブルが多い

「うまくいかない」ことがあったら、バランスが崩れている信号だと捉えて下さい。

 

思考や行動が偏り、極端になっているかもしれません。

バランスが取れているか再確認して下さい。

 

まとめ

仕事をする上で大切な「バランス感覚」についてご紹介しました。

 

「バランス」を取るために必要な、次の3つのポイントを覚えておいて下さい。

  • 「やりすぎ」と「やらなさすぎ」の境界線を把握する
  • 常にバランスが取れているか自己チェックする
  • 「うまくいかない」ときはバランスが崩れていると考える

 

逆に「うまくいっている」ときはバランスが取れているということです。

また、バランスは一度取ったから良いというものではなく、取り続けないといけないものです。

 

バランス感覚を身につければ「ワークライフバランスの実現」や「仕事で問題が起きる」ことも少なくなります。

 

それはきっとあなたの「身体と心の安定」に繋がるはずです。

 

ご紹介した方法でバランス感覚を身につけて、仕事もプライベートも充実したものにして下さいね!(^^)!

 

※合わせて、次の記事もご覧下さい。

関連記事

「仕事が苦しい」「毎日会社に行くことがつらい」 このように考えてしまうこともあると思います。理由は人によって様々ですが、苦しい日々が続いてしまうと、身体と心のバランスが崩れてしまいます。 最近では「うつ病」[…]

関連記事

皆さんも会社で「会議」がありますよね。 その会議は有意義なものになっているでしょうか?「こんな会議なら、しない方がまだいいよ、、」という会議になっていないでしょうか。 今回はその会[…]

 

今の会社ではバランスが取れないとき

  • 長時間労働で仕事とプライベートのバランスが取れない。
  • 仕事量が多すぎてバランスを取るどころではない
  • 常に問題が起きていて、その処理に追われている

 

ご紹介した「バランス感覚」以前の問題で、長時間労働や仕事やトラブルに追われている場合は環境を変えることをおすすめします。

 

長時間労働や仕事やトラブルに追われる毎日では「身体と心の安定」は手に入りません。

一度きりの人生を「すべて仕事に捧げる!」のであれば別ですが、、人生仕事だけではありませんよね。

 

転職を考えた時には、転職のプロである転職エージェントに登録することをおすすめします。

 

私もよりよい環境を手に入れるために、転職エージェントを利用して転職を成功させました。

 

私が実際利用したおすすめの転職エージェントをご紹介します。

 

複数登録して自分に合う転職エージェントを見つけるのが最善策です。

ただ、もし登録に迷ったら最初にご紹介する「DODA」が一番のおすすめです。

 

【DODA】

doda

DODAは求人数の量も質も非常にバランスの取れた転職サイトです。

20代~50代まで幅広い年齢層で、様々な業界や職種にも対応してくれるので、初心者の方に特におすすめです。

 

転職サイトDODAで求人を見つけて、転職エージェント経由で応募することをおすすめします。

私も一番頼りにした転職サイトです。

 

【パソナキャリア】
パソナキャリア

長期的に根気強く支援をしてくれるのがパソナキャリアの特徴です。

 

私も専属の担当の方がずっと変わらず手厚いフォローをしてくれました。

「転職のことは全然わからない!」という初めての転職の人にも自信を持っておすすめできます。

 

全国区の転職エージェントですが、私が住んでいる地元の企業も数多く紹介してくれました。

 

【JAC Recruitment】

JAC Recruitment

 

JAC Recruitmentは30代以上で年収アップのハイクラス求人を探している場合は必ず登録したい転職エージェントです。

 

実際、私も年収やキャリアアップの求人を紹介してもらいました。

ハイキャリア案件については間違いなくNO1のエージェントです。

 

外資やグローバル転職に強く、管理職や技術系のスペシャリスト求人にも精通しています。

30代以上でさらなる年収とキャリアアップを目指す人は登録しておきましょう。

 

【マイナビエージェント】
マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代向けの案件が多いので、20代や第二新卒におすすめしたい転職エージェントです。

また中小企業の案件に強いことが特徴です。

 

キャリアやスキルが浅くても丁寧にフォローしてくれます。

新卒で入社した会社が「ブラック企業だった」「思っていた会社と違った」など自分が描いていた会社ではなかったらマイナビエージェントに登録して下さい。

 

【リクルートエージェント】
リクルートエージェント

30代のときの転職でリクルートエージェントは大変お世話になりました。

超有名企業から地場の中小企業まで幅広く紹介をしてくれました。

 

転職サイトのリクナビNEXTと連携して活用することをおすすめします。

最新情報をチェックしよう!
>【趣味サイト「エンタメらいふ」】

【趣味サイト「エンタメらいふ」】

私の別の趣味サイト「エンタメらいふ」のご紹介です。
どんでん返しのミステリー小説や映画が好き。
ボーカル・ベースのバンド経験から音楽のうんちくを語る。
あなたの人生が豊かになるエンタメ情報を発信!
おすすめの本(主にミステリー小説)や映画や音楽や漫画やゲームを紹介します。

CTR IMG