これまで転職を6回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

職場で『自分さえ良ければいい』と考えている人の特徴と末路

職場であなたの周りに「自分さえ良ければいい」と考えている人はいませんか?

 

誰でも多少は自分中心に物事を考えることはあると思います。

しかし、あまりにも「自分のことしか考えない、自分さえ良ければいい」という考えは、周りの人が大変な思いをします。

 

今回は「自分さえ良ければいい」と考えている人の特徴と末路をご紹介します。

もし、自分に当てはまっていたら、、改善していきましょうね!

 

記事を読み終えると「自分さえ良ければいい」と考えている人の特徴と悲惨な末路を知ることができます。

 

職場で『自分さえ良ければいい』と考えている人の特徴

自分は特別な人間だと本気で思っている

「自分さえ良ければいい」と考えている人の中で「自分は特別な人間だ。自分のことだけを考えていれば良いのだ」と本気で勘違いしている人がいます。

  • 自分は社長だから
  • 自分は上司だから
  • 自分は夫(妻)だから

 

自分の立場を理由に、相手のことは考えずに自分の利益や快適さを優先します。

「相手のことなど考えなくて良い特別な存在」と本気で思っている所がある意味、怖いですよね( ゚Д゚)

 

私が以前勤めていた中小企業の社長がこのタイプでした。

 

ある日面接に少し遅れてきた求職者がいました。

「面接に遅れる」旨の電話連絡があり、それを社長に伝えると、

「俺を待たせるなんて何様だ!俺の時給はいくらだと思っているんだ!」と激怒し始めたのです。。

 

思い上がりが凄いですよね( ゚Д゚)

 

確かに人を待たせるのは良くないことですが、激怒することでもありませんよね。

 

このタイプは相手の気持ちなど考えません。

「自分は特別な存在」だと本気で思っているからです。

 

【関連記事】

極端な性格の人の特徴

 

相手の痛みがわからない

相手が嫌な思いや傷ついたり、痛い思いをしても関係ないのです。

「だって痛いのは相手で、自分は痛くないから」と、いわゆる「相手の痛みがわかならい人」も実際にいます。

 

相手がどうなろうと「自分ではない」ので、その痛みがわからないのです。

少しサイコパス的な要素が入っています( ゚Д゚)

 

本人は「自分さえ良ければいい」と考えているわけではありません。

相手の痛みがわからないので、結果的に「自分さえ良ければいい」思考や行動になってしまいます。

 

普通の人であれば、次のように想像力を働かせて相手のことを考えます。

  • こうしたら相手に迷惑がかかるな
  • これを言ったら相手が傷つくな
  • これをしたら相手が助かるだろうな

 

このように相手のことを考えて、想像することができないのです。

相手は相手で自分ではないからです。

 

自分の中では論理が成り立っている

「自分さえ良ければいい」理由が本人の頭の中では成り立っている人もいます。

 

例を言うと、先程の「社長だから」の理由と合わせ技で、

「俺は社長だから、社員より税金もたくさん納めている。社員を雇用して給料を払っている。だから自分の事を最優先に考えて良いんだ」

 

この社長の中では、この論理が成り立っており正しいのです。

 

第三者から見れば、間違っていますが、、「自分さえ良ければいい」確固たる理由が本人の中にあるのです。

 

「論理的に間違ってない」と本人は思い込んでいるので、直しようがありません。

 

【関連記事】

『自分が正しい!』と思っている人の特徴と対処法

 

「自分さえ良ければ」幸せになれると思っている

「自分さえ良ければ」幸せになれると思い込んでいる人もいます。

 

意図的に相手の利益や幸せは考えずに、自分の利益や幸せを追求します。

 

この考えは意図的なので、一番「たちが悪い」と言えます。

「相手の不利益が自分の利益」と考えている傾向があり、そうしないと幸せになれない思い込んでいます。

 

【関連記事】

自分のミスは笑って済ませるが、人のミスには厳しい人の心理

 

職場で『自分さえ良ければいい』と考えている人の末路

「自分さえ良ければいい」と考えている人の末路は幸せになれるのでしょうか?

 

自分だけが「利益や快適さ」を他人から奪った分、影で苦しんだり嫌な思いをしたり、傷ついたりした人がいる訳です。

 

他人の犠牲の上に成り立つ幸せはないと思います。

近くにいる人が幸せでないのに、自分だけが幸せを手に入れることはできません。

 

スピリチュアル的なことを言っているのではなく、、

例えるなら「ALWAYS  三丁目の夕日」みたいな昔の日本のように、お互いが「困った時はお互い様」の精神で、助け合って生きていく。

 

この方がよっぽど健全で幸せな気持ちになると思います。

 

幸せのために「自分さえ良ければいい」という考えは、決して「幸せになれない」のだと断言できます。

 

「自分さえ良ければいい人」など人間関係に悩んだら

職場で「自分さえ良ければいい人」に振り回されたり、人間関係で悩んだら環境を変えることも一つの手です。

 

「人間関係で転職するのは逃げではないか、、」と考えるかもしれません。

しかし、人間関係が悪い職場環境の会社にいれば、あなたは疲弊していくばかりです。

 

このまま「理不尽な人」と付き合い続けるのか、、

少し勇気を出して、今後の自分の人生のために転職も視野に入れてみてください。

 

もしあなたが少しでも転職を考えたら、転職エージェントに無料登録して「転職のプロ」に相談することをおすすめします。

 

転職エージェントを利用する主なメリットは次の通りです。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方のアドバイス
  • あなた一人では見つけきれない非公開求人の紹介
  • あなたの経験やスキルに合う求人紹介
  • 企業別の面接対策
  • 条件面や給料面の交渉

 

自分一人ではできない部分を、転職エージェントがカバーしてくれます。

これだけでも転職先から内定を貰える可能性が上がり、転職のミスマッチも未然に防ぐことができます。

 

しかもサポートは無料ですので、利用しない手はないと思います。

 

私の転職経験6回の中で、実際に利用したおすすめの転職エージェントをご紹介します。

私も転職エージェントを活用して、役職も年収も上がり、職場環境の良い職場へ転職しました。

 

<ひとまず、転職サイトに登録して様子をみたい方はこちら>

リクナビNEXT/転職サイト求人数や実績NO1。まずは登録して求人を探してみてください。

ビズリーチ/年収600万以上の方は登録だけしておいて、スカウトを待つのもおすすめです。

 

<筆者も登録したおすすめ転職エージェントはこちら>

DODA/転職サイトと転職エージェント両方のサービスが受けられる。一番のおすすめです。

パソナキャリア/長期的支援を求める人におすすめ。転職が決まるまでサポートしてくれます。

JAC Recruitment/30代以上で年収アップのハイクラス求人を求める人におすすめです。

リクルートエージェント/転職支援実績No1。多くの求人を紹介してもらいたい人におすすめ。

 

【関連記事】

【転職6回】実際使って役に立った、おすすめ転職サイトと転職エージェント

 

転職や転職エージェントを活用することをネガティブに捉えるのではなく、「自分の人生を好転させるための手段」と考えてみてはどうでしょうか。

 

「職場環境の良い会社に転職したい」と少しでも思ったら、転職エージェントに気軽に相談してみてくださいね。

 

【関連記事】

転職エージェントの賢い使い方・付き合い方をわかりやすく解説!

 

まとめ

職場で『自分さえ良ければいい』と考えている人の特徴と末路をご紹介しました。

 

特徴をまとめると次の通りです。

  1. 自分は特別な存在だと思っている
  2. 他人の痛みが理解できない
  3. 「自分さえ良ければいい」理由が自分の中にある
  4. 「自分さえ良ければ」幸せになれると思っている

 

始めの3つの特徴は、歪んだ思考やサイコパス的な思考が入っています。

このような人はどん底まで落ちないと、自分の思考が間違っていることに気が付かないです。

 

もし自分に当てはまる点がある場合は、考え直してみて下さいね。

なかなか「自分さえ良ければいい」と考えている人を直すのは難しいかもしれません。

 

しかし「自分さえ良ければいい」という考えの果てに待っているのは「不幸による大きな挫折」です。

そうなる前に本記事が考えを改めるきっかけになれば幸いです。

 

もし職場で人間関係に悩み、転職を考えたら転職エージェントDODAへ無料相談することをおすすめします。

私が活用した中で1番おすすめの転職エージェントです。

最新情報をチェックしよう!
>あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

あなたの希望の転職をするために、転職エージェントを上手に活用しよう!

転職は一人で悩むより、あなたに合う求人紹介や面接対策までしてくれる転職エージェントの無料サポートを受けましょう。自分の夢ややりたいことを叶えるための手段として活用しましょう。

CTR IMG