これまで転職を5回経験「営業→エンジニア→SV→事業統括→人事・総務」様々な職種を渡り歩く。 転職を成功させる方法や本当に仕事に役立つ情報を発信!

【管理職必見!】職場での不平不満の原因は「不公平」から生まれる

職場での「不平不満」はどのように生まれるのでしょうか。

 

今回は特に部下を持つ管理職の方に読んで欲しい記事です。

人の不満というのはなかなか根深いものです。

 

なぜ人は不満を持つのか、不満に対してどのように対処していけば良いのかご紹介します。

管理職はつらいよ

管理職になると、部下の不平不満を聞く機会が増えます。

不満を聞くことは楽しいことではないですよね。

 

不満の種類も様々です。

  • 給料に対する不満
  • 人員が少ないことに対する不満
  • 仕事量が多いことに関する不満
  • 仕事内容に関する不満
  • 人間関係に関する不満

代表的な不満の例です。

 

この中でも「なるほど、それはおっしゃるとおり」という不満から、

「無茶苦茶だ、自分のことしか考えていない、、」という不満まで、同じ状況や環境でも人によって不満に感じたり、感じなかったりもします。

職場での不平不満は不公平から生まれる

ここでフォーカスを当てたいのが職場での不平不満が生まれる原因です。

 

私は職場での不平不満の原因は「不公平」から生まれると考えます。

 

例えば、給料を例に取ります。

給料の不満で多いのは「他人と比較して給料が少ない」ということです。

  • あの人は〇〇円もらっているのに、私は〇〇円しかもらっていない。
  • あの人より先に入社したのに、、あの人より仕事量が多いのに、、

 

給料も絡みますが、仕事内容や仕事量についての不満も同様のことが言えます。

  • あの人より私の仕事の方が忙しい。あの人の仕事は簡単。
  • あの人と私は給料が同じなのに、私の方が残業が多いし、責任も重い。

 

全員が同じ仕事量で同じ給料であれば、不満は生まれません。

しかし、現実では全員が全く同じ仕事量というのは難しいですよね。

 

話しは少し逸れますが、

経営者や決定権者の近くで仕事をしていると、ボーナス(賞与)時にこんな嘆きを聞くことがあります。

『やっとのことで、ボーナスを出しているのに「あの人より少ない」とか「なんであの人と同じ金額なのか」と不満を言われる。なぜお金を出して文句を言われないといけないのか』

 

最な意見だと思います。

特に中小企業だと本当にやっとの思いで、ボーナスを支給している会社も多くあります。

経営者から見ると「やってられない」気持ちになるのもわかります。

 

しかし、これらの不満は本当に不公平かどうかは置いておいて、当人が「他人と比べて、不公平だと思っている」から生まれてくる不満です。

 

「共産主義」の考えで「みんな給料は同じ!」になれば、他人と比べても同じなので、不公平による不満はなくなりますが、、。

ただ、そのようにしてしまうと「頑張っても、頑張らなくても給料が同じなら、頑張らない、頑張ってもムダ」となってしまいますよね。

人事評価に100%完璧は存在しない

給料(昇給)やボーナスを決定する「人事評価」に100%完璧なものはないと思います。

私の経験からですが、評価は「何をどうやっても」全員が納得する評価をすることは不可能だと思います。(自分の力不足だけかもしれませんが、、)

 

全員が納得する評価ができない大きな原因に次のことが挙げられます。

「自己評価は他人評価より高くなるから」です。

これは今も昔も普遍的なことです。

 

ここではこの普遍的な心理はちょっと横に置かせてください。

 

では、管理職は「最初から平等な評価をあきらめればよいのか」と言われると違います。

再度になりますが、次のことを認識してみてください。

人の不平不満は何かと比較して、不公平感を感じることから始まる

 

ここでいう「何か」は身近な会社の同僚から他社や前職のことまで幅広く言えます。

「給料が安い」こと自体が不満というより、他人と比べて「給料が安い」ことが不満なのです。

この違いを認識しましょう。

管理職が不公平感を失くすために行うこと

管理職は不公平感を失くすためにどうすれば良いのでしょうか。

評価に基準を設ける

その基準が正しい、正しくないかは重要ではありません。

基準に沿って評価することが重要なのです。

 

基準の軸がブレると説明したときに辻褄が合わず、不公平感を持たれます。

仕事量と責任を公平になるように調整する

どうしても管理職は「仕事ができる人やミスが少ない人、仕事を頼んでも素直に引き受けてくれる人」に仕事を振ってしまいがちになります。

 

管理職も人間ですから、仕事を振って嫌な顔される人より、素直に引き受けてくれる人に仕事を振りたくなります。

 

その気持ちは痛いほどわかりますが、同等の役職や立場の部下であれば、仕事量と責任はできるだけ公平になるように調整しましょう。

仕事を振ると嫌がったり、ミスが多い人には仕事を振らずに「評価を下げる」やり方を取っている管理職の方もいると思います。

 

「評価を下げる」ことはして良いと思いますが、仕事量を減らしたり、責任を負わせなくすると「仕事ができる人」に仕事量と責任が多くなり、負担になります。

負担過多になることで「仕事ができる人」が退職することは管理職に取っては大きな痛手です。

 

同等の役職や立場の部下には、できるだけ同等の仕事量と責任を負わせるように調整しましょう。

どうしても不公平が生まれる場合は説明をする

どうしても仕事量で公平を保つことができずに、特定の部下に仕事量が多くなる場合には、その旨を素直に説明しましょう。

 

これまでの記事でも書いてきましたが

  • 言わなくてもわかっているだろう、伝わっているだろう
  • 言わなくても察してよ

これは絶対ダメです!!

人間、言わなければわかってもらえません!!

 

家族でも夫婦でも、言わないとわからないのに、赤の他人の部下に言わなくて「わかるはずがない」と考えて下さい。

 

どうしても不公平になる場合は、その旨を誠意を持って伝えましょう。

全員とは言えませんが、話すことでわかってくれる部下も必ずいます。

まとめ

職場での不平不満の原因は「不公平」から生まれることについてご紹介しました。

 

以前に「他人と比べない」ことについて書いた記事があります。

関連記事

あなたは自分の他人を比べてしまうタイプですか? 「他人と比べるな」とはよく言われることです。「人は人、自分は自分」と思うことができたら一番良いですよね。 しかし、ついつい他人と比べ[…]

 

全てとは言いませんが、

他人や周りと比べることで自分が置かれている環境を「不公平」と捉え、不満となって上司にぶつけてくるのだと思います。

 

人と人が関わる中で全ての「不公平」をなくすことは難しいです。

 

しかし、管理職は少しでも「不公平」をなくすことが、部下の不満解消に繋がることに気が付いていただければ幸いです。

「他人や周りとなんか比べずに、目の前のことに集中して頑張ればいいのに」と思う管理職の方もいると思います。

 

私も今ではそう思いますが、、

昔は他人やまわりと比べまくっていました”(-“”-)”

 

言葉が悪くなりますが、年齢や社歴の関係ももちろんありますが、それができないから「部下」なのです。

できていれば、出世して「部下」ではないはずです。

 

「不公平の対応策」を実践していただき、少しでも部下の不満が解消され、前向きに仕事に取り組んでもらえれば、管理職は精神的にも仕事的にも楽になりますので、ぜひ参考にして下さい。

部下の不平不満をどうしても抑えきれない場合

もしご紹介した事例を実践しても「モンスター部下で常識が通じない」など、部下の不平不満をどうしても抑えきれずに、自分自身が精神的にもつらくなった場合は、転職して環境を変えることも考えてみて下さい。

 

自分の身体が一番大切です。

身体を壊してまで頑張る仕事なんかありませんよ!

管理職はストレスが溜まりやすいです。

あまりに辛ければ、逃げて下さいね。

 

私の転職経験5回の中で、実際に利用したおすすめの転職エージェントをご紹介します。

登録は無料ですので一人で転職を考えるより、転職のプロである転職エージェントに相談しながら、自分の働き方を考えていきましょう。

おすすめの転職エージェント

【DODA】

doda

 

【公式サイト】DODA

 

DODAは求人数の量も質も非常にバランスの取れた転職サイトです。

20代~50代まで幅広い年齢層で、様々な業界や職種にも対応してくれるので、初心者の方に特におすすめです。

 

転職サイトDODAで求人を見つけて、転職エージェント経由で応募することをおすすめします。

私も一番頼りにした転職サイトです。

転職を考えたら、まずは転職サイトのDODAに登録すれば間違いないです。

 

【パソナキャリア】
パソナキャリア

【公式サイト】パソナキャリア

 

長期的に根気強く支援をしてくれるのがパソナキャリアの特徴です。

 

私も専属の担当の方がずっと変わらず手厚いフォローをしてくれました。

「転職のことは全然わからない!」という初めての転職の人にも自信を持っておすすめできます。

 

全国区の転職エージェントですが、私が住んでいる地元の企業も数多く紹介してくれました。

転職エージェントの登録に迷ったときにパソナキャリアは登録をしておいて損はないです。

 

【JAC Recruitment】

JAC Recruitment

 

【公式サイト】JAC Recruitment

 

JAC Recruitmentは30代以上で年収アップのハイクラス求人を探している場合は必ず登録したい転職エージェントです。

 

実際、私も年収やキャリアアップの求人を紹介してもらいました。

ハイキャリア案件については間違いなくNO1のエージェントです。

 

外資やグローバル転職に強く、管理職や技術系のスペシャリスト求人にも精通しています。

30代以上でさらなる年収とキャリアアップを目指す人は登録しておきましょう。

 

【リクルートエージェント】
リクルートエージェント

【公式サイト】リクルートエージェント

 

30代のときの転職でリクルートエージェントは大変お世話になりました。

超有名企業から地場の中小企業まで幅広く紹介をしてくれました。

 

転職サイトのリクナビNEXTと連携して活用することをおすすめします。

 

よく耳にするのが担当者によってサービスの質にバラつきがあるのと、取り扱い案件が多いため絞り切れない場合があるので、他にご紹介したパソナキャリアJAC Recruitmentマイナビエージェントと並行して活用することをおすすめします。

 

最後になりますが、転職エージェントに登録して、管理職の辛さを正直に相談するだけでも良いと思います。

最終的に転職をするかどうかは相談した後に決めれば良いことです。

 

どうしても部下の不平不満に耐えられない場合には一人で抱え込まずに気軽に相談してみて下さい。

きつとあなたの力になってくれるはずです。

最新情報をチェックしよう!