あれこれライフ

転職や仕事や趣味などあれこれ語ります(主に40代男性に送る)

『人生がつまらない』と感じる40代男性が多すぎる現実【理由編】

40代の方で「人生がつまらない」と感じたことはありませんか?

 

20代・30代のときはあまり先のことは考えずに頑張ってきて、40代を迎えて気力・体力も衰え始め、人生や価値観などに対して「あきらめ」や「停滞」などを感じる40代の方も多いのではないででしょうか。

 

今回は「人生がつまらない」と感じる40代の主に男性に向けて、何故そのように感じるのか【理由編】と題してご紹介します。

 

20代・30代の方もいずれ来る問題として読んでいただければ幸いです"(-""-)" 

「毎日がつまらない」中年男性の72%が回答 

35~49歳の中年男性300人に聞いたところ、普段の生活で「つまらない」と感じる頻度が「増えている」「どちらかといえば増えている」と答えた男性は、実に全体の72%。中でも約半数の男性が、つまらない原因は「仕事」にあると答えている。

 

「昔は結果を気にせず全力でがんばれた。今は『できないものは仕方ない』と割り切っている」(42歳・旅行代理店)といった声からうかがえるのは、気力や体力をなくした中年男性のうつろな姿だ。

 

男の生きづらさを研究する男性学の武蔵大学助教・田中俊之氏はこう語る。

「彼らは、将来の“先が見えない”不安より、すでに結果が出ていてこれ以上の展望が望めない“先が見えてしまった”喪失感のほうが強い。男性は子供の頃から大きな夢を持てと言われて育つため、無限の可能性があった過去を美化してしまい、さまざまなものを“失った”と感じているのでしょう」  

 

習慣化コンサルタントの古川武士氏は、中年男性の喪失感について次のように分析する。 「人間には“変化領域”と“現状領域”がある。20代は、変化にさらされるストレスの代わりに成長感が得られる“変化領域”にいるが、30~40代は安心や安定と引き換えに停滞感を感じる“現状領域”に入っていき、そのカラは厚くてなかなか抜け出せません」

 引用元:日刊SPA 2016年の記事より

 

7割の中年男性が「つまらない」と答えているのは衝撃的な数字ではないかと思います。

何故、人生がつまらないのか?

人生の先が見えてしまった

先程の記事にもありましたが「人生の先が見えてしまった」ことが原因に挙げられます。

 

これまでは夢や希望を持っていました。

自分の実力や今ある現実を直視すればするほど、これからの人生のおおよその予想がつくようになりました。

  • 出世したかったけど、係長止まりかな
  • 結婚して子供が欲しかったけど、結婚は無理かな
  • 本当はこの仕事がしたかったけど、今からでは無理かな 

このように予測できる未来に悲観して、人生がつまらないと感じてしまいます。

人生が停滞してしまった

これも先程の記事にありましたが、40代になれば仕事や家庭でも「現状維持」悪い言葉で言うと「マンネリ」してきます。

 

特段不満がある訳ではないが、刺激もない。

安定、安心は良いことだけど、何か物足りない。

 

だからといって、現状を打破する行動することも何だかおっくうである。

安定と刺激の狭間に立ち「何かを変えたい」という気持ちはあるが、行動するまではいかない。

 

このジレンマに揺れ動きながら、毎日が過ぎていくだけなので「人生がつまらない、、」と気力を失っていくのだと思います。

仕事のストレス

40代は「上からも下からも言われる」中間管理職の方も多いと思います。

 

上司からは抑えつけられて、使えない部下に四苦八苦しながら、突き上げられたりすることもある板挟みのポジションです。

 

退職や転職をしたいが、40代男性は家庭もあればそれも容易くはできません。

住宅ローンや子供にまだまだいお金が嫌というほどかかります。

 

人手不足や利益第一主義の会社も多く、理不尽な無理難題を押し付けられたり、長時間労働やサービス残業をしないといけない。

または働き方改革で早めの退社だけ求められるが、仕事量は全然減っていないし、結果は当然出さないといけない。

 

上司に相談しても「君の実行不足、マネジメント不足」と言われるだけで具体策なんてまるでない。

 

それでもお金のためにと、グッと堪えるだけの人生であれば「つまらない」と思うのは当然かもしれません。

家庭のストレス

独身者は孤独というストレス

家庭も子供もないので、自分が稼いだ分だけ使えるお金も時間もある。 

しかし、まわりは家庭を持っている友達も多くなり、時間とお金を持て余し、一人取り残されたような孤独感に襲われてしまう。

 

この大きな大きな孤独感に耐えられず、人生がつまらないと感じてしまう。

 

既婚者は自分の居場所がないというストレス

家族のため、家庭を守るために夜遅くまで頑張ってきたはずなのに、、しかしその努力は思った通りには報われない。

たまの休みの日には家族サービスや家事の手伝いもやってきた・・・つもり。。

 

今の20代、30代にはもうこのような気持ちはないかもしれないですが、今の40代男性はまだ「男はお金をたくさん稼ぐことが家族を幸せにすることだ」と父親の背中を見て教えられた最後の世代かもしれません。

 

たくさんお金を稼ぐために、会社で仕事を一生懸命頑張りました。

 

その結果、奥さんの相手もできず、子供と過ごす時間も会社に捧げた末路が「家庭で自分の居場所がない」であれば「いったい俺は何のために頑張ってきたのだろう」と落胆してしまい、人生がつまらないと悲観してしまうのも当然です。

まとめ

ここまで書いていて苦しくなりましたが、、今回は【理由編】として、人生がつまらないと感じる理由をご紹介しました。

 

このまま「人生がつまらない」理由の分析をしただけでは終わりません!

一度きりの人生、楽しまなければ生まれた意味がありません。

 

次回は【対処編】と題し、40代はどうすれば「人生がつまらない」と思わずに、希望を持って楽しく人生を過ごすことができるかをご紹介していきます(^^)

 

下記の記事から【対処法 行動編・考え方編】も是非読んでください。

www.grateful-feelings.com

www.grateful-feelings.com